軍事情報トップ  »  軍事情報記事  »  日本の軍事情報  »  防衛庁の次期中期防衛力整備計画(2001~2005年度・次期防)

防衛庁の次期中期防衛力整備計画(2001~2005年度・次期防)

メルマガ登録・解除
軍事情報
読者登録規約
>> バックナンバーpowered by まぐまぐ!
 

防衛庁の次期中期防衛力整備計画(2001~2005年度・次期防)の
原案が明らかになりました。

骨子は次のとおりです

1.自衛隊の合理化・コンパクト化推進。
 陸自:現在の[12個師団・1個旅団・2個混成団]から、[9個師団・
    6個旅団]の計16万人体制への編成の移行を継続する。
 海自:地方隊の1個護衛隊を廃止する。
 空自:航空警戒群(レーダーを使って領空侵犯を監視する部隊)の一部を
    航空警戒隊に改編する。
2.IT革命に対応。
 高度なネットワーク整備や情報・指揮通信機能の強化を図る。
3.核・化学・生物兵器(NBC)による攻撃など多様な事態への対処能力
  の充実を図る。
4.空中給油機4機と1万トン級ヘリ搭載型護衛艦(DDH)・最新型イー
  ジス艦(DDG)各2隻の導入、F15要撃戦闘機の整備を要求する。
5.輸送機(C1)、対潜哨戒機(P3C)、高度な指揮通信能力を備えた
  新型戦車の技術開発を図る。
6.ゲリラ対策の専門部隊を新たに編成する。
7.災害派遣では、全国約2700人規模の要員・部隊による即応体制や
  艦艇の緊急出動態勢を確立する。

→護衛艦とは海自の戦闘用艦艇のこと。イージス艦とは高度の防空能力を備
えたミサイル護衛艦のことです。

【001225配信 メールマガジン「軍事情報」より】

ソーシャルブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク Yahoo!ブックマークに登録 この記事をクリップ! この記事をイザ!ブックマークに登録する この記事をFC2ブックマークに登録する この記事をニフティクリップに登録する この記事をGoogle Bookmarksに登録する



(投稿日:2000年12月25日 21:13
防衛庁の次期中期防衛力整備計画(2001~2005年度・次期防)の関連記事 楽天市場ランキングで見る

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 防衛庁の次期中期防衛力整備計画(2001~2005年度・次期防)

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://okigunnji.com/mt/mt-tb.cgi/370



このページの先頭へ

メールマガジン「軍事情報」

 RSSリーダーで購読する

軍事情報のコンテンツ

 RSSリーダーで購読する