軍事情報トップ  »  軍事情報記事  »  日本の軍事情報  »  小泉内閣について

小泉内閣について

メルマガ登録・解除
軍事情報
読者登録規約
>> バックナンバーpowered by まぐまぐ!
 

4月26日に発足した小泉内閣の顔ぶれは、国民の期待に応え、行動性を感じ
させる人材がそろったという感を受けます。
小泉政権に対する野党各党の発言が本当に陳腐である、と思ってしまう点から
みても、この政権の存在感・独自性が感じられます。

まずは防衛庁長官の中谷元氏(43・加藤派)ですが、この人は防大卒の幹部
自衛官(陸上)出身です。
現在、衆議院議員で制服組出身は中谷氏のみです。
自衛隊時代はレンジャー課程(数日間ほとんど飲まず食わず寝ずで、山の中で
任務達成訓練をする)を修了しており、レンジャー部隊員教官として、二尉ま
で努めました。
(ちなみに陸自では胸にレンジャー徽章(レンジャー訓練修了者に与えられる)
がある人に対しては特別の尊敬が払われています。日米合同演習でも、レンジ
ャー徽章をつけた人に対しては米軍兵士が別格の扱いをするそうです)

現役士官出身者が長官になったことで、自衛隊の士気は高揚するものと思われ
ます。
また、有事法制整備についても有意義な結果が残せると期待しています。

次に、田中真紀子外相ですが、先日の就任会見で「日米安保堅持、北方領土4
島一括変換、国益重視」を明確に打ち出しておられるのを見てほっとしました。

対中・北朝鮮政策については、あまりはっきりとした姿勢を示していませんで
したが、日米安保堅持・国益重視をはっきりと打ち出しておられますので、そ
う心配することはないと思います。

その他、女性閣僚があわせて5名となりましたが、真紀子さんも含め実に優秀
な方々です。文部科学相・遠山さんは教育改革、環境相・川口さんは京都議定
書から離脱した米国への復帰要請、扇国土建設相は規制緩和、森山法相は法制
度改革、という課題の解決に対し明確な道をつけると思います。

最後に、小泉首相ですが国益重視、憲法改正、規制緩和、構造改革に強い意欲
を持っておられること、日米安保を堅持するとおっしゃっていることに安心感
を持ちます。
また、国際社会における日本の存在感強化を強く意識されていることも、安心
感を持つ理由です。
これらがひとつひとつ実現されることを心より願います。

細川連立政権ができたとき(もう10年ぐらい前でしょうか)、世間は「新鮮
だ」「新しい」とはやしたてていましたが、私にはとてもそんなことは思えま
せんでした。いたのは評論家ばかりで、政治家としての実行力を全く感じなか
ったからです。
しかし、小泉政権には政治家としての実行力・誠実さ・本気さを感じます。
今まで全く感じたことのない感覚です。

私は、特定の政治家や政党に属する者ではありません。
ただひたすらに、少しでもよい国・日本、国際社会で必要とされる国・日本を
後世に残してゆきたいと思う者です。
そんな私にとり、国際社会で日本の発言単位となる国家・政府の代表機関とし
て、小泉政権は今のところ合格です。

小泉さんには、世論の支持という絶好のチャンスを生かし、日本を再生させる
ための施策をためらいなくどんどん実行していってほしいと思います。

デフレ時代・真の国際化時代に突入した日本に必要な本当の変革が今はじまる、
そんな予感をいま、強く感じています。

(エンリケ航海王子)

【010428配信 メールマガジン「軍事情報」より】

ソーシャルブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク Yahoo!ブックマークに登録 この記事をクリップ! この記事をイザ!ブックマークに登録する この記事をFC2ブックマークに登録する この記事をニフティクリップに登録する この記事をGoogle Bookmarksに登録する



(投稿日:2001年4月28日 20:31
小泉内閣についての関連記事 楽天市場ランキングで見る

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 小泉内閣について

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://okigunnji.com/mt/mt-tb.cgi/362



このページの先頭へ

メールマガジン「軍事情報」

 RSSリーダーで購読する

軍事情報のコンテンツ

 RSSリーダーで購読する