軍事情報トップ  »  軍事情報記事  »  日本の軍事情報  »  国家と軍事

国家と軍事

メルマガ登録・解除
軍事情報
読者登録規約
>> バックナンバーpowered by まぐまぐ!
 

軍事は国家という家を支える基礎です。
軍事という基礎があってはじめて国家という家は成立します。

ですので、軍事と国家は不可分一体です。
この本質を見失っているのが戦後日本です。

国家を理解できれば軍事が理解できます。
国家を理解できなければ軍事は理解できません。
軍事理解とは兵器に通じることではありません。

さて、
土曜日の産経「正論」に出ていた森本敏さんのオピニオン(ご高見)は、
軍事を理解する上で必須の「国家理解」について、得るところの多い素晴らし
い内容でした。

「真の「戦後体制からの脱却」とは何か」

と題するこの文を読んで、私の周辺では「目からうろこ」経験をした人が97%
という結果が出ています。極めて質が高い貴重な提言といえましょう。

一部を紹介します。

「日本人は戦後半世紀、ぬるま湯の中に漬かって米国に国家の生存を依存して
一人の自衛官の戦死者も出さないことを自慢にして生きてきた。こうした幼児
のような平和概念から脱却する事こそ、求められているのであり、国民がこの
リスクとメリットをトータルに考えて憲法改正に賛否の態度を明らかにしてく
れることを期待したい」

2012年の韓国における戦時作戦統制権返還は、わが国の存亡に関わる重大
な分岐点になると思います。その近辺でわが国は、重大な決断を次々に迫られる
事態に陥ることでしょう。

果たしてそれまでに国民は、国家が正しい選択をできる環境を整備することが
できるでしょうか?それほど成熟できるでしょうか?
それとも、すべては遅すぎたのでしょうか?


私は前者の可能性に賭けています。


(エンリケ航海王子)

ソーシャルブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク Yahoo!ブックマークに登録 この記事をクリップ! この記事をイザ!ブックマークに登録する この記事をFC2ブックマークに登録する この記事をニフティクリップに登録する この記事をGoogle Bookmarksに登録する



(投稿日:2007年6月11日 22:48
国家と軍事の関連記事 楽天市場ランキングで見る

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 国家と軍事

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://okigunnji.com/mt/mt-tb.cgi/42



このページの先頭へ

メールマガジン「軍事情報」

 RSSリーダーで購読する

軍事情報のコンテンツ

 RSSリーダーで購読する