軍事情報トップ  »  軍事情報記事  »  日本の軍事情報  »  防衛施設庁廃止

防衛施設庁廃止

メルマガ登録・解除
軍事情報
読者登録規約
>> バックナンバーpowered by まぐまぐ!
 

防衛施設庁は、法律をわざわざ作ってまでして、防衛庁に作られた庁内庁でし
た。本庁が内局といわれたのに対し、外局とよばれました。

二十五日の衆議院本会議で、施設庁廃止などを柱とする「防衛省設置法」の改
正案が可決され、参議院に送られています。今国会中に成立する見通しです。

今後は本省の一部局になるそうです。

⇒同日、中央即応集団に中央即応連隊を新設する法案(自衛隊法改正案)も
可決されています。

ちなみに、防衛省によれば、自衛隊に関連する法律は以下のとおりです。

1.防衛省設置法
 防衛省の所掌事務の範囲及び権限を定め、任務を能率的に遂行するための組
 織を定めています。
 

2.安全保障会議設置法
 国防に関する重要事項等を審議する機関として、内閣に安全保障会議を置く
 こととし、この会議の構成等を定めています。


3.自衛隊法
 自衛隊の任務、自衛隊の部隊の組織及び編成、自衛隊の行動及び権限、隊員
 の身分取扱等を定めています。
 
 
4.自衛隊員倫理法
 自衛隊員の倫理規程、贈与等の報告及び公開、倫理審査会の設置、
懲戒手続き等を定めています。
 

5.防衛省の職員の給与等に関する法律
 防衛省の職員の給与等に関する法律をのせています。
 

6.有事法制(事態対処法制)関連
  有事の際にわが国がとる措置を定める法律です。
 

7.イラク人道復興支援特措法
 イラクの国家再建を通じ、国際社会の平和及び安全の確保のため、
わが国が行う人道復興支援活動及び安全確保支援活動を定めています。
 

8.国際緊急援助隊の派遣に関する法律
 海外において大規模な災害が発生した場合など、災害を受けた被災国政府等
の要請に応じて、国際緊急援助隊を派遺するために必要な措置を定めています。
 

9.国際連合平和維持活動等に対する協力に関する法律
 国連平和維持活動等に対し、協力を行うために必要な手続き等を定めていま
 す。
 
 
10.周辺事態に際して我が国の平和及び安全を確保するための措置に関する法律
 周辺事態の際にわが国がとる措置を定める法律です。
 

11.平成十三年九月十一日のアメリカ合衆国において発生したテロリストによる攻撃等に対応して行われる国際連合憲章の目的達成のための諸外国の活動に対して我が国が実施する措置及び関連する国際連合決議等に基づく人道的措置に関する特別措置法
 国際的なテロリズムの防止及び根絶のための国際社会の取組に積極的かつ主
体的に寄与するためにわが国が行う措置等を定めています。
 
 
12.国際機関等に派遣される防衛省の職員の処遇等に関する法律
 

その行動が法律によって定められている軍隊は自衛隊以外、この世に存在しな
いと記憶しています。
軍としての行動が「あらかじめ」法律ですべて決められるはずもありません。

軍の行動のたびに法律を作る。
ちょっとおかしいと思いませんか?

軍の行動を法律で決めている現状を「ヘンだ」と感じることが、まず必要です。
そうすれば、自衛隊を法律で縛る根拠になっているのが「憲法九条」だという
ことにお気づきになるでしょう。

ソーシャルブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク Yahoo!ブックマークに登録 この記事をクリップ! この記事をイザ!ブックマークに登録する この記事をFC2ブックマークに登録する この記事をニフティクリップに登録する この記事をGoogle Bookmarksに登録する



(投稿日:2007年5月29日 17:02
防衛施設庁廃止の関連記事 楽天市場ランキングで見る

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 防衛施設庁廃止

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://okigunnji.com/mt/mt-tb.cgi/36



このページの先頭へ

メールマガジン「軍事情報」

 RSSリーダーで購読する

軍事情報のコンテンツ

 RSSリーダーで購読する