軍事情報トップ  »  軍事情報記事  »  世界の軍事情報  »  米豪統合合同演習「Talisman Saber 07」とESG7

米豪統合合同演習「Talisman Saber 07」とESG7

メルマガ登録・解除
軍事情報
読者登録規約
>> バックナンバーpowered by まぐまぐ!
 

米海軍の七遠征打撃群[遠征打撃戦隊](ESG7)と呼ばれる部隊は、
米海軍で唯一前方展開している水陸両用部隊で、沖縄と佐世保に拠点を持ち、
わが国と密接な関係があります。
いまの指揮官はPottenger海軍少将で、旗艦は「エセックス」(LHD2)です。

七十六任務部隊(TF76)というのが正式名称です。(*)

このたび米豪統合合同演習「Talisman Saber 2007 (TS07)」が行なわれ、ESG7
からも部隊が参加し、米豪両軍の指揮統制訓練に当たりました。

この演習にはあわせて三万二千人が参加しています。
演習の目的は両軍の相互運用性を向上させ、地域の安定に貢献することです。

少将は、「米海軍の前方展開遠征部隊は、海軍部隊の中でも最も迅速な展開と
状況適応性に優れた単位のひとつです。そのため部下には「適応性に優れるこ
と」を要求しています」と述べています。

ちなみに少将は演習に当たって、「統合海上単位部隊(Combined Force
Maritime Component Command (DCFMCC))」の副指揮官も兼務しました。

ESG7/TF76は、沖縄に司令部があり、艦艇は佐世保にあります。
隷下には八隻の艦艇が割り当てられており、七艦隊の担任地域の強襲揚陸艦も
管轄しています。

プラットフォームに拠らない指揮統制能力は演習で発揮されたようで、
ESG7/TF76の司令部要員は、エセックスから揚陸し、統合司令部を海岸沿いに
移動させています。

ESG7/TF76参謀長のハワード大佐は、「われわれがしなければいけないのは統
合運用能力と機動力の向上である。今回のような演習で、極めて幅の広い種々
の任務に対処するための連合各国軍との指揮統制能力を、持てるようになる」
と述べています。

また、「ESG7は、7艦隊のスイスアーミーナイフのような存在として機能する
と考えている」とも述べています。

(*)任務部隊については以下でご理解いただけると思います。
■「任務部隊とは?」クリック↓
■「第2指揮組織とは?」 

ソーシャルブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク Yahoo!ブックマークに登録 この記事をクリップ! この記事をイザ!ブックマークに登録する この記事をFC2ブックマークに登録する この記事をニフティクリップに登録する この記事をGoogle Bookmarksに登録する



(投稿日:2007年6月24日 20:02
米豪統合合同演習「Talisman Saber 07」とESG7の関連記事 楽天市場ランキングで見る

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 米豪統合合同演習「Talisman Saber 07」とESG7

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://okigunnji.com/mt/mt-tb.cgi/63



このページの先頭へ

メールマガジン「軍事情報」

 RSSリーダーで購読する

軍事情報のコンテンツ

 RSSリーダーで購読する