軍事情報トップ  »  軍事情報記事  »  世界の軍事情報  »  米の衛星地理情報機関が中共に衛星情報提供

米の衛星地理情報機関が中共に衛星情報提供

メルマガ登録・解除
軍事情報
読者登録規約
>> バックナンバーpowered by まぐまぐ!
 

米はシナ地震支援にあたって中共に対し、地球宇宙情報庁から衛星地理情報を
提供しています。

十八日に中共から、ダム、水がたまっている場所、道路、橋に関する画像情報を
求められ、翌十九日に最初の一枚を提供したそうです。

この機関は、国家画像地図局が前身の国防総省所属の情報機関で、96年に創
設されています。

<国防地図庁(DMA)を合併、中央情報局(CIA)の国立写真判読センタ(NPIC)・国防
総省の中央画像局(CIO)・国防情報局(DIA)の画像解析部(OIA)・国防配布計画局
(DDPO)等の5個の画像情報関連機能を吸収統合、紙製の地図に替わるdigital ma
p(デジタル・マップ、 電子地図)の整備普及を図る「地図情報システム」
(GIS: Geographic (Geospatial) Information System)を推進。

任務は、国家安全保障目的支援のため関連性ある正確な画像及び画像情報を適
時に提供すること、最近の商用画像衛星を利用、更に任務付与・処理・活用・
配布(TPED: Tasking, Processing, Exploitation, Dissemination)システムを
整備して世界に対する情報優位を確保。

'01/10/07・米国初の民間画像偵察衛星"イコノス(Ikonos)"保有のSpace
Imaging社との間でイコノス撮影のアフガニスタン及び周辺衛星写真の独占使
用契約(月額>$191万)を締結、

'01/11/06・同契約を更に1か月延長; またシャトル・レーダ地図作成任務(SRTM)
による地図データを所管

'03/01: Space Imaging社(Ikonos衛星保有)及びDigitalGlobe社(QuickBird衛
星保有)との間に5年間の"Clearview"契約総額$1billionを締結、衛星画像の
包括的買上げによって一般公開制限を強化

'03/11/24「地球宇宙情報庁」 (NGA: National Geospatial-Intelligence Agency)
と改称>

【出典 コモ辞書 】


⇒現在の中共には自国で衛星を活用できる能力はないということですね。
この国はいつまで経っても「張子の虎」以上にはなれないのかもしれません。
舐めてかかるのはよくないですが、意外に大事なことかもしれませんね。

地球宇宙情報庁(NGA:National Geospatial-Intelligence Agency)

ソーシャルブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク Yahoo!ブックマークに登録 この記事をクリップ! この記事をイザ!ブックマークに登録する この記事をFC2ブックマークに登録する この記事をニフティクリップに登録する この記事をGoogle Bookmarksに登録する



(投稿日:2008年6月 3日 04:43
米の衛星地理情報機関が中共に衛星情報提供の関連記事 楽天市場ランキングで見る

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 米の衛星地理情報機関が中共に衛星情報提供

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://okigunnji.com/mt/mt-tb.cgi/637



このページの先頭へ

メールマガジン「軍事情報」

 RSSリーダーで購読する

軍事情報のコンテンツ

 RSSリーダーで購読する