軍事情報トップ  »  軍事情報記事  »  世界の軍事情報  »  シリアと北鮮(その2)

シリアと北鮮(その2)

メルマガ登録・解除
軍事情報
読者登録規約
>> バックナンバーpowered by まぐまぐ!
 

そういえば昨年一月二十三日、シリアのスカッドミサイル製造工場で、神経ガ
ス「VX」とサリンの化学弾頭を搭載しようとしたイラン、シリアの技術者が
死んだとJDWが伝えてました。スカッドも弾頭も北鮮製です。これについて
複数の専門家は、北鮮の科学者がシリアに対し、空中爆発型化学弾頭のミサイ
ル取り付けを指導していたのだろうと考えていますね。

シリアには百基を超えるスカッドC、Dがあります。北鮮から十五年前に購入
しています。九十年代、スカッドCにクラスター弾頭が追加されたとき、専門
家は「あれは化学弾頭用だぜ」と見ていました。

北鮮との関係を通じシリアは化学兵器開発計画を入手しました。そこにはサリ
ン、神経ガス「VX」、マスタードガスが含まれています。

シリアはスカッドC二基にひとつの発射機を配備しており、イスラエルはこれ
に戦略的脅威を覚えていると聞きます。通常の場合、十基にひとつの発射機程
度です。シリアのミサイルは先制攻撃にあたって極めて有効な武器となってい
るわけです。

ソーシャルブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク Yahoo!ブックマークに登録 この記事をクリップ! この記事をイザ!ブックマークに登録する この記事をFC2ブックマークに登録する この記事をニフティクリップに登録する この記事をGoogle Bookmarksに登録する



(投稿日:2008年5月 2日 22:39
シリアと北鮮(その2)の関連記事 楽天市場ランキングで見る

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: シリアと北鮮(その2)

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://okigunnji.com/mt/mt-tb.cgi/553



このページの先頭へ

メールマガジン「軍事情報」

 RSSリーダーで購読する

軍事情報のコンテンツ

 RSSリーダーで購読する