軍事情報トップ  »  軍事情報記事  »  世界の軍事情報  »  「国連は人権擁護のためもっと積極的に動くよう」

「国連は人権擁護のためもっと積極的に動くよう」

メルマガ登録・解除
軍事情報
読者登録規約
>> バックナンバーpowered by まぐまぐ!
 

ローマ法皇ベネディクト十六世は十八日、国連で行なった演説の中で、
「人権弾圧等人権を侵害する行為に対し、国連をはじめとする国際社会、大国
は積極的に動くべき」と述べました。

わが国メディアでは大きく伝えられていないようですが、欧米のクオリティメ
ディアはほとんどがこの発言をトップ扱いしています。

シナの中共政権によるチベット弾圧、ジンバブエのムガベ政権、そしてパレス
チナ和平を視野に入れた発言でしょうね。

以前もお伝えしましたが、欧米諸国は「人権」なるものに極めて敏感で神経質
です。そんな中行なわれた「キリスト教世界で最も影響力がある精神的権威」
ローマ法皇の発言は非常に重いですね。

⇒以前、シナと米が戦争するという設定のトム・クランシーの小説を読んだこ
とがありますが、開戦のきっかけになったのは、意図せざる形で発生した在シ
ナバチカン大使(枢機卿だったかもしれません)殺害でしたね。

ソーシャルブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク Yahoo!ブックマークに登録 この記事をクリップ! この記事をイザ!ブックマークに登録する この記事をFC2ブックマークに登録する この記事をニフティクリップに登録する この記事をGoogle Bookmarksに登録する



(投稿日:2008年4月18日 19:55
「国連は人権擁護のためもっと積極的に動くよう」の関連記事 楽天市場ランキングで見る

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 「国連は人権擁護のためもっと積極的に動くよう」

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://okigunnji.com/mt/mt-tb.cgi/528



このページの先頭へ

メールマガジン「軍事情報」

 RSSリーダーで購読する

軍事情報のコンテンツ

 RSSリーダーで購読する