軍事情報トップ  »  軍事情報記事  »  世界の軍事情報  »  米海軍、四艦隊改編へ

米海軍、四艦隊改編へ

メルマガ登録・解除
軍事情報
読者登録規約
>> バックナンバーpowered by まぐまぐ!
 

米海軍作戦部長のラフヘッド大将は二十四日、四艦隊の改編と新司令官の補職
を発表しました。新司令官に補職されたのは前・海軍特殊戦集団司令官のカー
ナン少将です。四艦隊の責任地域はカリブ海、中南米地域です。

四艦隊司令官は今後、南方集団海軍司令官(在 フロリダ州メイポート)を兼
務することになっており、「南方集団海軍責任地域での海上兵力としての役割
拡大」「地域に対する米の関与の実証」を実現するための改編が現在行なわれ
ています。

ラフヘッド大将は「四艦隊の改編は、南半球の海上における安全保障と、中南
米諸国の諸国民や海軍に対しわが国のプレゼンスを発揮することが極めて重要
だからだ。わが海洋戦略は世界規模の海洋戦略に基礎を置いており、世界のパ
ートナーとともに行なうことが不可欠だ。今回の改編は利害と脅威を共有する
諸国の集団海上安全保障を通じ、中南米とわが国の信頼関係を構築するための
海上戦力増強に基礎を置いている」と述べています。

この七月一日に米南方集団は、南方集団地域東西部に所在し現在米海軍が管轄
している海上兵力に対する作戦指揮権を保有することになっています。

それに伴い四艦隊は、司令部があるフロリダ州メイポートで兵力増強する必要
がなくなります。これらの兵力は不測の事態発生時の展開から対麻薬テロ、戦
域保安協力(TSC:theater security cooperation)の作戦行動まで、幅広
い分野でさまざまな任務を行ないます。戦域保安協力(TSC:theater security
cooperation)には、人道支援、国内での協力のみならず、軍の相互交流・共
同訓練の機会も含まれています。

⇒米四艦隊は南方集団隷下の海軍部隊「南方集団海軍」として責任を保持する
ことになったということのようですね。中南米地域での任務に応じた迅速かつ
柔軟な対応を行なうため、指揮系統を一元化したのでしょうね。
ベネズエラやコロンビア、ウルグアイなどが少しおかしくなっているというの
もあるのでしょうね。

カリブ海、中南米地域で作戦を展開する海軍直属部隊としての任務を果たし、
友好国の海軍と協力して海上環境を形成するということです。

ちなみに太平洋集団海軍には太平洋艦隊があって、その隷下に三艦隊、七艦隊
が置かれています。

なお、新司令官・カーナン少将は、海軍特殊部隊SEAL出身で初めて番号つ
き艦隊司令官に補職された方になります。

任務部隊についてはこちらでどうぞ

「第2指揮組織とは」


「任務部隊」(軍事検索エンジン Okigunngleβ の結果)

ソーシャルブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク Yahoo!ブックマークに登録 この記事をクリップ! この記事をイザ!ブックマークに登録する この記事をFC2ブックマークに登録する この記事をニフティクリップに登録する この記事をGoogle Bookmarksに登録する



(投稿日:2008年4月28日 21:55
米海軍、四艦隊改編への関連記事 楽天市場ランキングで見る

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 米海軍、四艦隊改編へ

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://okigunnji.com/mt/mt-tb.cgi/544



このページの先頭へ

メールマガジン「軍事情報」

 RSSリーダーで購読する

軍事情報のコンテンツ

 RSSリーダーで購読する