軍事情報トップ  »  軍事情報記事  »  世界の軍事情報  »  米海軍作戦部長、中東を訪問

米海軍作戦部長、中東を訪問

メルマガ登録・解除
軍事情報
読者登録規約
>> バックナンバーpowered by まぐまぐ!
 

中東歴訪中の米海軍作戦部長のラフヘッド大将が15日、アラビア湾の5艦隊
責任地域で展開中の空母「ハリー・トルーマン」を訪問しました。

ここでラフヘッド大将は、10空母打撃群(トルーマン)指揮官のゴートニー
少将とバーレーン海軍のマンスーリ准将との間で行なわれる152混成任務部
隊の指揮権委譲に関する話し合いが行なわれています。マンスーリ准将に対し
ては、3月4日に暫定指揮権が授与されています。これは世界初のアラブ国
家による混成部隊の指揮となりました。

ラフヘッド大将は「アラブの国が混成部隊の指揮を担うのは今回がはじめてで、
歴史的なことだ」と述べています。

152混成任務部隊は2004年3月に編成されたペルシャ湾中央部と南部の
海上警戒任務に当たる部隊です。

現在「トルーマン」は、ペルシャ湾で通常任務についているとされます。
5艦隊があらかじめ立てていた予定通りの行動をとっているそうです。

5艦隊責任地域での作戦は、地域の有志諸国と協力して地域の警戒と安定に関
与することです。米海軍は海上・航空におけるプレゼンスを通じて世界経済に
死活的に重要なこの地域の安定に貢献していると、米海軍は発表しています。

⇒中東歴訪中のラフヘッド大将は、13~15日にかけてバーレーンを訪問し、
海軍指導者達と湾岸地域の安定について話し合っています。あわせて、5艦隊
責任地域で展開する米および連合軍海上部隊の視察も行なっています。

大将はその後中東各国を歴訪し、アフリカの角地域も訪問するそうです。

ソーシャルブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク Yahoo!ブックマークに登録 この記事をクリップ! この記事をイザ!ブックマークに登録する この記事をFC2ブックマークに登録する この記事をニフティクリップに登録する この記事をGoogle Bookmarksに登録する



(投稿日:2008年4月15日 19:40
米海軍作戦部長、中東を訪問の関連記事 楽天市場ランキングで見る

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 米海軍作戦部長、中東を訪問

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://okigunnji.com/mt/mt-tb.cgi/522



このページの先頭へ

メールマガジン「軍事情報」

 RSSリーダーで購読する

軍事情報のコンテンツ

 RSSリーダーで購読する