軍事情報トップ  »  軍事情報記事  »  世界の軍事情報  »  ベネズエラ、ロシアからの潜水艦調達を検討

ベネズエラ、ロシアからの潜水艦調達を検討

メルマガ登録・解除
軍事情報
読者登録規約
>> ãƒãƒƒã‚¯ãƒŠãƒ³ãƒãƒ¼powered by まぐまぐ!
 

ベネズエラはロシアから数隻のディーゼル潜水艦を調達するようです。
自国の油田に対する米の海上封鎖に対抗できるよう、海軍近代化を計っている
ベネズエラでは、ワシントンを直接攻撃するための装備調達を目指しています。

十四日のノーボスチ通信によれば、情報筋の話として
ベネズエラは調達を決定したわけではない。現時点で調達を検討しているのは
新型のアムール級ディーゼル潜水艦(677計画)と、キロ級潜水艦(636計画)
である。いずれにも「Club-S」という先進ミサイルシステムが搭載される。
とのことです。

ちなみに十四日のコメルサント紙は、ベネズエラは九隻の潜水艦建造をロシア
に発注し、そのうち五隻がキロ級潜水艦(636計画)で、四隻がアムール級
(677計画)である、と報じています。ロシアは、二〇一三年までにベネズエ
ラ軍の近代化に参加協力するとしています。

⇒二〇〇五年から昨年にかけてベネズエラは、ロシアから30億ドル規模の武器
調達を行なっており、内容は戦闘機・防空システム・ヘリ・カラシニコフ自動
小銃などとなっています。

現時点でベネズエラはアルジェリアに次いで、ロシアにとって世界第二位の武
器輸入国です。チャベス大統領は、ロシアのプーチン大統領が訪米する前の今
月二十九日にモスクワを訪問する予定です。

(参考)
アムール級潜水艦
amur-class.jpg

ソーシャルブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク Yahoo!ブックマークに登録 この記事をクリップ! この記事をイザ!ブックマークに登録する この記事をFC2ブックマークに登録する この記事をニフティクリップに登録する この記事をGoogle Bookmarksに登録する



(投稿日:2007年6月21日 16:57)
ベネズエラ、ロシアからの潜水艦調達を検討の関連記事 楽天市場ランキングで見る

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: ベネズエラ、ロシアからの潜水艦調達を検討

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://okigunnji.com/mt/mt-tb.cgi/60



このページの先頭へ

メールマガジン「軍事情報」

 RSSリーダーで購読する

軍事情報のコンテンツ

 RSSリーダーで購読する