軍事情報トップ  »  軍事情報記事  »  世界の軍事情報  »  米国防総省、作戦名を決定

米国防総省、作戦名を決定

メルマガ登録・解除
軍事情報
読者登録規約
>> バックナンバーpowered by まぐまぐ!
 

未確認情報も含め、各方面から入ってきているイスラム原理主義集団による米
国への奇襲攻撃に関連する情報をお届けします

0.米国防総省は海外における報復攻撃にあたっての作戦名を「無限の正義
  (Infinite Justice)作戦」と決定した。ちなみに米国本土防衛のための
  作戦名は「高貴な鷲作戦」である

1.空母「カール・ビンソン」を中心とする機動部隊がペルシャ湾に、
  空母「エンタープライズ」を中心とする機動部隊はアラビア海西方地域、
  空母「セオドア・ルーズベルト」を中心とする機動部隊はアラビア海東方
  にそれぞれ展開する。

2.航空機はF-15E、F-16、B-53爆撃機、AWACS(早期警戒
  管制機)、空中給油機、偵察機が出動予定。

3.米国内および海外駐留のグリンベレー等各軍特殊部隊に対し待機命令が出
  ている。

4.アフガン北方で国境を接するタジキスタン、ウズベキスタン、トルクメニ
  スタンの3カ国のうち、米国に協調する姿勢を明らかにしたのはタジキス
  タンとウズベキスタンで、トルクメニスタンはまだ態度を明らかにしてい
  ない。
  なお、米国防総省は攻撃に備え、ウズベキスタンに空軍航空機を派遣する
  予定。

5.アフガンの隣国イランはWTCビルへの自爆攻撃に対しては反対の意思を
  表明したが、その後態度を明らかにしておらず、パキスタン、インドとア
  フガンからの東方出口を遮断した米国が、現在イラン政府と秘密交渉中と
  の未確認情報あり。

6.在トルコのインスルリク米軍基地から、最初の攻撃機が出撃するとの未確
  認情報あり。

7.米国を中心とする多国籍軍は、必要とあればイラン、イラク、アフガンの
  3カ国を攻撃対象にする可能性あり。

8.地上作戦の中核となるのは少数で行動する特殊部隊で、英国軍特殊部隊
 (SAS)も作戦に参加する予定。

9.アフガン情報筋によれば、タリバン政権下のアフガン兵士の動揺はひどく
  全兵士5~10万人は米軍をはじめとする多国籍部隊の第一次攻撃があれ
  ば、間違いなくその多くが戦線を離脱し、タリバン政権は壊滅するという
  ことである。

10.ビンラディン氏の逃亡先として考えられるのは、パキスタン、トルクメ
   ニスタン、イラン、イラク、スーダンである。
   ただ、国家として氏を受け入れるところはないと思われるため、氏のア
   フガン脱出は極めて困難と考えられる。

11.多国籍軍の編成は、米英仏を中心とするものとなる。ロシアは部隊派遣
   について態度を保留している。

ソーシャルブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク Yahoo!ブックマークに登録 この記事をクリップ! この記事をイザ!ブックマークに登録する この記事をFC2ブックマークに登録する この記事をニフティクリップに登録する この記事をGoogle Bookmarksに登録する



(投稿日:2001年9月20日 19:47
米国防総省、作戦名を決定の関連記事 楽天市場ランキングで見る

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 米国防総省、作戦名を決定

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://okigunnji.com/mt/mt-tb.cgi/348



このページの先頭へ

メールマガジン「軍事情報」

 RSSリーダーで購読する

軍事情報のコンテンツ

 RSSリーダーで購読する