軍事情報トップ  »  軍事情報記事  »  世界の軍事情報  »  アフガン都市(地域)の被害状況、詳細

アフガン都市(地域)の被害状況、詳細

メルマガ登録・解除
軍事情報
読者登録規約
>> バックナンバーpowered by まぐまぐ!
 

攻撃にあたって重要目標となるであろうアフガン都市(地域)の被害状況、詳
細などについて各筋から得た情報を下に解説します。

1.カンダハル
今回の攻撃で空港・空港にあったレーダー施設、オマル氏の住宅およびアルカ
イダ組織員の居住地が破壊された。
タリバン陸軍の第2軍司令部とビンラディン氏は無傷である。

2.カブール
国際空港付近およびタリバンの政治・軍事拠点方面から爆発音が聞こえている。
タリバン陸軍中央軍の本拠地。

3.カブール付近
この地域にはタリバンの主要軍事基地がある。詳細は次のとおり。
・カブール南西10マイルの地点に旧ソ連軍の基地があり、現在数千人のパキ
スタン人、アラブ人義勇兵がタリバン軍と合同で訓練を行っている。
・カブール西方30マイルの地点には、アルカイダの訓練基地がある。

4.ジャララバード
カイバル峠とパキスタン国境に近いアフガン東方のこの町では、今回の攻撃で
空港が破壊された。

5.ダルンタ地方
ジャララバード郊外でアルカイダ最大の訓練基地がある。79年~89年の対
ソ戦争時にCIAが作った基地である。地下壕がいくつか張り巡らされており、
アルカイダはここで化学兵器の実験を実施しているとされている。タリバンも
使用している基地である。

6.コースト
アフガン東部にあり、いくつかのアルカイダ訓練基地がある。98年のケニア
・タンザニア大使館への爆破テロの報復攻撃に米国がトマホークを撃ち込んで
いる。対ソ戦争中に地下壕ができた。

7.ヘラート
タリバン陸軍第4軍司令部がある。アフガン北西部にあり、航空の要衝である。
今回の攻撃で空港に貯蔵されていた燃料が破壊された。

8.シンダント
アフガン中西部にあり、アフガン第2の空軍基地がある。この基地は80年代
に旧ソ連軍が使用していたもので現在はタリバンの支配下にある。

9.マザリシャリフ
米国防総省は、今回のこの地への集中的な空爆で、タリバン軍に対し戦車数両
を含むかなりの打撃を与えたと発表している。

ソーシャルブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク Yahoo!ブックマークに登録 この記事をクリップ! この記事をイザ!ブックマークに登録する この記事をFC2ブックマークに登録する この記事をニフティクリップに登録する この記事をGoogle Bookmarksに登録する



(投稿日:2001年10月 8日 19:32
アフガン都市(地域)の被害状況、詳細の関連記事 楽天市場ランキングで見る

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: アフガン都市(地域)の被害状況、詳細

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://okigunnji.com/mt/mt-tb.cgi/343



このページの先頭へ

メールマガジン「軍事情報」

 RSSリーダーで購読する

軍事情報のコンテンツ

 RSSリーダーで購読する