軍事情報トップ  »  軍事情報記事  »  世界の軍事情報  »  イスラエル防諜機関がガザ攻撃に参加

イスラエル防諜機関がガザ攻撃に参加

メルマガ登録・解除
軍事情報
読者登録規約
>> バックナンバーpowered by まぐまぐ!
 

複数の情報によれば、

十五日土曜日、イスラエルはガザ地区に対する二度目の空襲を実施しました。
参加したのは軍の武装へリコプターと防諜機関シンベットからなる部隊です。

ガザ北部からイスラエル攻撃を開始する途上にあった「イスラム聖戦ミサイル
チーム」をミサイル攻撃し、三名の損害を与えています。
防諜機関シンベットの部隊が、対ミサイル攻撃作戦への参加が明らかになった
のは、今回が初めてです。

複数のイスラエル情報を見る限り、イスラエル側は今回のミサイル攻撃につい
て「すべてはイスラム聖戦の仕業であり、ハマスは関係していない」という
見方のようです。
ハマスはエジプトが仲介する非公式の休戦にあわせ、ガザ地区における武力行
使をためらっている、とされます。

⇒ここでご紹介したのは二度目の空襲ですが、一度目の空襲では起爆装置を運
んでいた二名のイスラム聖戦エキスパートをイスラエル国境で阻止しています。

十一日火曜日、ガザ北方約1キロにあるネティヴ・ハアサラに対し、ガザ北部
から多連装ロケット発射機「カチューシャ」から発射されたロケットミサイル
が打ち込まれました。にわとり三十羽の被害が出たそうです。笑

各種情報では、IDF(イスラエル軍)空軍は今回の件を受けて同地区に投入
されたものでないそうです。
ガザ・イスラエル国境地帯警備にあたるイスラエル部隊を、ネティヴ・ハアサ
ラ周辺で重機関銃や対戦車砲で待ち伏せ攻撃していた「イスラム聖戦待ち伏せ
部隊」を殲滅するために、以前から投入されていたものだそうです。

カチューシャロケットという言葉、よく耳にしますが、
カチューシャというのは旧ソ連・ロシア陸軍製の多連装ロケット発射機のこと
です。16連装で飛翔速度はマッハ3、射程は6.4キロです。
二〇〇〇年六月、米陸軍はTHELレーザ兵器でカチューシャロケットの撃墜実験
に成功 しています。
ですので、正確には「カチューシャから発射されたロケットミサイル」といっ
たほうが正確ですね。

あわせて、これは紛れもない治安戦ですね。レバノン侵攻とは意義が全く異な
ります。「陸軍は出ていない」「悪いのはイスラム聖戦でハマスではない」と
のアナウンス効果は大きいかもしれません。

イスラエルを見ていると、軍事行動はまぎれもない国際政治の1ツールである
ことがよくわかります。さて、エジプトはどう出てくるのでしょうか。

ソーシャルブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク Yahoo!ブックマークに登録 この記事をクリップ! この記事をイザ!ブックマークに登録する この記事をFC2ブックマークに登録する この記事をニフティクリップに登録する この記事をGoogle Bookmarksに登録する



(投稿日:2008年3月15日 23:58
イスラエル防諜機関がガザ攻撃に参加の関連記事 楽天市場ランキングで見る

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: イスラエル防諜機関がガザ攻撃に参加

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://okigunnji.com/mt/mt-tb.cgi/265



このページの先頭へ

メールマガジン「軍事情報」

 RSSリーダーで購読する

軍事情報のコンテンツ

 RSSリーダーで購読する