軍事情報トップ  »  軍事情報記事  »  世界の軍事情報  »  F-16が墜落

F-16が墜落

メルマガ登録・解除
軍事情報
読者登録規約
>> バックナンバーpowered by まぐまぐ!
 

十四日金曜日、アリゾナ州ルーク空軍基地近くで、米空軍六十二戦闘飛行隊所
属のF-16Cが空対空戦闘訓練中に墜落。十五日、搭乗員の死亡が確認され
ました。

墜落地点はフェニックス北西のアラモ湖南の峡谷地帯とのことです。
報道によれば武器は装着していなかったとのことです。

⇒現時点で墜落原因は不明です。
そういえば昨年、州空軍所属のF-15が訓練中に墜落し、全世界でF-15
の運用がストップしたことがありました。同じことになるのでしょうかね。
盟邦の軍人のご冥福をお祈りいたします。

F-16C"ファイティング・ファルコン"は米空軍の多用途戦闘機です。
ロッキード・マーティン社製で、79年に配備がはじまりました。
わが空自では青森県三沢基地に2個飛行中隊が配備されており、各国空軍でも
多数採用されている戦闘機です。
2003年までに4,100機以上、2004年~2013年かけて463機
生産される見込です。
2005年4月にインドに輸出したことが公表され、同年5月にはパキスタン
への輸出も明らかになっています
トルコ空軍、イスラエル空軍も多数保有しています。


イラン攻撃と関係があるような気がしてなりません。
杞憂ならいいんですけどね。

ソーシャルブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク Yahoo!ブックマークに登録 この記事をクリップ! この記事をイザ!ブックマークに登録する この記事をFC2ブックマークに登録する この記事をニフティクリップに登録する この記事をGoogle Bookmarksに登録する



(投稿日:2008年3月14日 23:51
F-16が墜落の関連記事 楽天市場ランキングで見る

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: F-16が墜落

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://okigunnji.com/mt/mt-tb.cgi/262



このページの先頭へ

メールマガジン「軍事情報」

 RSSリーダーで購読する

軍事情報のコンテンツ

 RSSリーダーで購読する