軍事情報トップ  »  軍事情報記事  »  世界の軍事情報  »  米大統領、「米はアジアへの関与を継続する」

米大統領、「米はアジアへの関与を継続する」

メルマガ登録・解除
軍事情報
読者登録規約
>> バックナンバーpowered by まぐまぐ!
 

11月21日、米のブッシュ大統領は東南アジア歴訪の帰途に立ち寄った米空軍ヒッカ
ム空軍基地(ハワイ)で、「米国が、2つの地域でテロの脅威に直面するアジアへ
の経済・安保的関心を失うことはない」と述べました。(ひとつが半島であること
は明らかですが、もうひとつは「フィリピン・インドネシアなどの東南アジアテロ
組織」のようです)

あわせて食事の席では、太平洋コマンド幹部に「アジアにおける米の国益を守る」
よう指示し、「自由を守るという観点から軍にできることはたくさんある。天災被
害者の救援活動もそうであるし、テロとの戦いもそうである。わが軍のあらゆる組
織は自由を擁護するため決定的な役割を果たしている」と述べています。

また、
「若い民主主義が世界を憎悪する過激派を撃退するのを助けるとき、諸官は自由に
貢献したことになる。アジア太平洋地域で発生する事態は、アメリカ本土防衛にと
っても重要なことである」 としています。

⇒「自由の擁護=米の国益」ということをはっきり示していますね。
自由自由とうるさいくらいです。(笑)

最後の一節が少し気になりますね。一見イラクのことを言っているように見えます
が、果たして本当にそうなのでしょうか?

なお、割愛しましたが後段部では、「軍人への感謝」「軍人の家族への感謝」を何
度も繰り返して述べています。定番の言葉なのでしょうが、政治家であれば、口に
できるというのが常識なのでしょう。

ソーシャルブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク Yahoo!ブックマークに登録 この記事をクリップ! この記事をイザ!ブックマークに登録する この記事をFC2ブックマークに登録する この記事をニフティクリップに登録する この記事をGoogle Bookmarksに登録する



(投稿日:2006年11月29日 00:56
米大統領、「米はアジアへの関与を継続する」の関連記事 楽天市場ランキングで見る

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 米大統領、「米はアジアへの関与を継続する」

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://okigunnji.com/mt/mt-tb.cgi/22



このページの先頭へ

メールマガジン「軍事情報」

 RSSリーダーで購読する

軍事情報のコンテンツ

 RSSリーダーで購読する