軍事情報トップ  »  軍事情報記事  »  世界の軍事情報  »  フランスの核とEU

フランスの核とEU

メルマガ登録・解除
軍事情報
読者登録規約
>> バックナンバーpowered by まぐまぐ!
 

二十一日金曜日、フランスでミサイル原潜「テリーブル(Terrible)」
(S619)の進水式がサルコジ大統領臨席の元で行われました。

「トリオンファン」級戦略原潜(2005年から配備がスタート)の4号艦で、
同級の就役はこれが最後となります。

「テリーブル」は初めてコンピュータ援用設計(CAD、キャド)により全面設
計されており、新型SLBM(潜水艦発射型弾道ミサイル)「M51」の搭載が可能
です。
このことから、「テリーブルはフランスの次世代核戦略を象徴する戦略原潜」
ともいわれます。就役は2010年です。

この配備を通じてフランスは、「今後見込まれる新たなる脅威(イランなど)
に対抗するため戦略核戦力維持を継続する」姿勢を示しました。

「トリオンファン級」原潜は2030年まで就役する予定です。

新型SLBM(潜水艦発射型弾道ミサイル)「M-51」が、フランス戦略核戦力
の主体です。95~96年の地下核実験、96年のムルロア環礁核実験はこのミサイ
ルの弾頭試験でした。96年から開発がスタートしています。

ちなみにこの核実験に対しては、国内でも当時大きく取り上げられました。
武村蔵相(当時)が反対デモの先頭に立つという恥さらしを世界中に知らしめ
たことをよく覚えています。

個別誘導子弾(MRV)を4~6発搭載することが可能で、各子弾の総重量は230キ
ロ、貫徹能力が大きい100キロトンの核弾頭を運搬できます。CEP(*)は350
メートルです。射程については不明ですが、各種情報を総合すると「8000キロ」
というのが妥当なところみたいです。

今年中に潜水艦からの「M-51」発射実験が行なわれる予定です。
フランスは、2010年以降5年のうちに「トリオンファン級」戦略原潜(SSBN)
4隻すべてに「M-51」を各16基搭載するとしています。

サルコジ大統領は演説の中で、「ヨーロッパの安全は危うくなっている。アジ
アと中東の国は、弾道ミサイル能力を急速に高めている。私は、核開発計画が
深刻な問題になっている間に弾道ミサイルの射程を増やしているイランを特に
懸念している。われわれは核抑止の基本に戻る必要がある」と述べています。

「フランス」ではなく「ヨーロッパ」と発言していることと「イランの名指し」
が注目されます。

現在フランスが保有する核弾頭の数は不明です。ISISは今年になって「フラン
スは348個の核弾頭を保有している」と発表しています。それによれば内訳は、
「潜水艦発射型が288」「航空機発射巡航ミサイル搭載型が50」「爆撃機搭載
型が10」だそうです。

⇒主権国家連合EUが、今後自ら安全保障を実施してゆくとなると国連常任理事国
入りを目指すのは明白です。

しかしそれには、EU単位で核兵器を保有することが必須となります。
サルコジさんの「ヨーロッパ」発言は、その意味からもかなり意味深です。

そういえば以前、
ヨーソロ様が「国連常任理事国の椅子は核兵器保有国のみが握っている」
という国際社会の現実をご教授くださったことがありましたよね。

EUを構成する国の中では、フランスのほかに英国が核兵器を持っています。
英国とフランスには、国連常任理事国の椅子をEUに譲る気は毛頭ないようです。
あわせて米国も、NATOの集団的自衛権を通じて欧州諸国に核抑止力を展開して
います。

しかし欧州から、
EUと英仏の三つが国連常任理事国入りするのは望ましいことですね。

しかしこれでは米が困ります。
また米は、拒否権発動で自国の意志を貫徹するタイプの国ではないように
思われます。そのため、安保理の場で手を組める相手を探す必要に迫られるで
しょう。近い将来の安保理はおそらくどんぐりの背比べ状態になっていると
思うので、少しでも自分の味方を増やしておきたいところでしょう。

その際、現在の加盟国のなかから味方を探すよりも、
まだ国連常任理事国入りしていない国の安保理入りを手助けし、味方にするほ
うが楽です。では、誰と手を組むでしょうか?
おそらくわが国は対象になるでしょうが、核兵器のない「現在のわが国」では
候補にすらなりえません。

となると、

インドでしょうか?
パキスタンでしょうか?
イスラエルでしょうか?
それともイラン?
はたまたブラジル?
まさか北鮮?

わが国は、生き残りをかけて核武装する必要に近い将来せまられると思います。
ジリ貧⇒ケツに火がつく⇒やけっぱち行動
こういう構図がここでも出てくるのではないでしょうか。

必要な武装は、できるできるときにしておかなければいけない気がしますね。
すべての武装にはそれなりの準備期間が必要です。

北鮮核実験はこの意味から見ても絶好の機会でした。
この機会を自ら潰したのは実に愚かなことでした。

核武装もせずヘタレ国家のままいいんだ、という民意が出れば、
その方向で国づくりを進めればいいだけの話です。

国防・安保面で民意を問う姿勢・覚悟が政治から感じ取れないことは残念です。
このままいけば近い将来、ジリ貧になることは目に見えているのに。

ソーシャルブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク Yahoo!ブックマークに登録 この記事をクリップ! この記事をイザ!ブックマークに登録する この記事をFC2ブックマークに登録する この記事をニフティクリップに登録する この記事をGoogle Bookmarksに登録する



(投稿日:2008年3月24日 21:42
フランスの核とEUの関連記事 楽天市場ランキングで見る

トラックバック(1)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: フランスの核とEU

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://okigunnji.com/mt/mt-tb.cgi/281

「核抑止力を堅持」 平和団体が批判 先制使用を示唆 仏大統領 ---------------------------------------------... 続きを読む



このページの先頭へ

メールマガジン「軍事情報」

 RSSリーダーで購読する

軍事情報のコンテンツ

 RSSリーダーで購読する