軍事情報トップ  »  メルマガ  »  編集雑記  »  「何か」を持っていた指導者

「何か」を持っていた指導者

メルマガ登録・解除
軍事情報
読者登録規約
>> バックナンバーpowered by まぐまぐ!
 

幕末、長州と薩摩は自ら進んで無謀ともいえる戦争をはじめ、大変痛い目に
遭いました。(薩英戦争、関門海峡通峡中の英仏等連合艦隊への砲撃⇒連合艦
隊の長州上陸、一時占領)

しかしこの敗北は関係者の目を醒ます結果を生み、維新の原動力になったとい
えましょう。

西郷や大久保、木戸や高杉といった当時の指導者は、「痛い目に遭わないと
分からない」「痛い目に遭うと目が醒めたように力を発揮する」国民性をよく
把握しており、それを最大限引き出し、最悪の事態にならない段階で幕引き
できるだけの「何か」を持っていたように思います。

その段でいえば、結果は異なれど大東亜戦争も同じことだったのかもしれま
せん。違うのは「何か」を持つ指導者がいなかったことでしょう。

何事もそうですが、本質を見極める「「批判精神」なき猿真似は危険です。


(エンリケ航海王子)

【080421配信 メールマガジン「軍事情報」 第340号 より】

ソーシャルブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク Yahoo!ブックマークに登録 この記事をクリップ! この記事をイザ!ブックマークに登録する この記事をFC2ブックマークに登録する この記事をニフティクリップに登録する この記事をGoogle Bookmarksに登録する



(投稿日:2008年4月22日 19:58
「何か」を持っていた指導者の関連記事 楽天市場ランキングで見る

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 「何か」を持っていた指導者

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://okigunnji.com/mt/mt-tb.cgi/529



このページの先頭へ

メールマガジン「軍事情報」

 RSSリーダーで購読する

軍事情報のコンテンツ

 RSSリーダーで購読する