軍事情報トップ  »  メルマガ  »  読者の声  »  9.11テロを受けての在外読者からのメール

9.11テロを受けての在外読者からのメール

メルマガ登録・解除
軍事情報
読者登録規約
>> バックナンバーpowered by まぐまぐ!
 

アメリカ在住の日本人読者の方より、今回の事件についてのメールをいただき
ました。
この事件に関する海外との温度差を知るうえで非常に参考となる内容と思いま
したので、ここに全文掲載いたします。

日本にはいったい何が欠けているのか?
感じるところが多い内容と思います。

掲載にご同意いただいた送信者の方に心より御礼申し上げます。

(エンリケ航海王子)


----------------------------------------------------------------------
こんにちは スタッフのみなさま。

私は、9月11日の事件があったNYCからは、車で十数時間、ペンタゴンか
らは、三時間の距離にあるバージニアのノーフォークに住み、ネービーの夫を
持つ主婦です。

私達は、超厳戒体勢を取っている「ノーフォーク・ネービーベース」の隣に住
んでいるのですが、車1台1台をトランクの中はもちろん、1人1人の免許証
に車両証まで、ガンを抱えた門兵がチェックする為、家の前の幹線道路は大変
な渋滞です。

この事件を私は、ネービーの妻、2人の息子の母、人間としてすっごく頭に来
てます。
11日以前とは、違う世の中に生きてるような気さえします。

その中で1番頭に来たのは、事件当日に息子が通う日本語補習校に、在"某"
日本国総領事館から来たFAXです。

その内容は、「"安全が確認されるまでの当分の間、テロの標的となりうる米
国施設、軍事施設には近づかないように"以上の連絡を安否の確認の為に、貴
校の連絡網で連絡をお願い申し上げます。・・・」でした。

このFAX、あきれませんか?

そして、私が1番感動したのは、同じ日本語補習校に勤める教育アドバイザー
からのメッセージです。

それは、「子供達は、大人以上にショックを受けていますし恐怖と不安がある
と思います。見聞きする情報は、避けられないにしても、出来るだけ平常の生
活を続ける事が大事です。親のもとで安全である事、周りの大人が守ってくれ
ている事をよく言い聞かせましょう。

私達大人は特にこの様に不安定な子供の気持ちに気配りをし、トウローマ(ト
ラウマ)を少しでも軽くする様に心掛けたいと思います。

次に現地校でアラブ系の生徒がいる様でしたら、決して冷たい目でみないよう
に。本人達は大変に辛い思いをしていると思います。
第二次世界大戦の時に、在米の一世や二世が受けた差別を思い出します。
この困難で複雑な情勢下お互いに細心の注意と配慮を致しましょう。・・・」
でした。

同じアメリカに住む日本人なのに、意図が全然わからない役人からのFAXと
子供達の心情にまで気遣うアドバイザーからのメッセージ、どうしてこうも違
うのでしょうか?

私は、まだアメリカに住み始めて2年目ですが、この国が好きですし、夫や息
子の祖国としてとても愛してます。

アメリカに住む日本人として今回の全体の出来事は、はらわたが煮え繰り返っ
てます。

----------------------------------------------

【010919配信 メールマガジン「軍事情報」より】

ソーシャルブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク Yahoo!ブックマークに登録 この記事をクリップ! この記事をイザ!ブックマークに登録する この記事をFC2ブックマークに登録する この記事をニフティクリップに登録する この記事をGoogle Bookmarksに登録する



(投稿日:2001年9月19日 19:55
9.11テロを受けての在外読者からのメールの関連記事 楽天市場ランキングで見る

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 9.11テロを受けての在外読者からのメール

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://okigunnji.com/mt/mt-tb.cgi/350



このページの先頭へ

メールマガジン「軍事情報」

 RSSリーダーで購読する

軍事情報のコンテンツ

 RSSリーダーで購読する