*

「 陸軍 」 一覧

乃木大将

乃木陸軍大将を愚将という人は多いですが、 戦後日本が作り上げた、まったく誤った認識です。 日露戦争の第3軍指揮官として、 旅順攻略にあれ以外の手法をとれた将軍は当時いなかったでし

続きを見る

陸軍中野学校

陸軍中野学校は、秘密戦士を養成するため参謀本部が作った学校です。 初代校長の秋草少将は、ソ連通で知られ、 敗戦時にソ連軍に連行され、そのまま帰ってこなかったそうです。 中野学校で有名なの

続きを見る

日章旗と旭日旗

わが国の国旗(にっぽんのこっき、にほんのこっき)は、法律上は日章旗(にっしょうき)と呼ばれています。 古くから、また今日でも一般的には日の丸(ひのまる)と呼ばれています。 【送料無

続きを見る

大東亞戦争 本土決戦 水際撃滅 帝国陸軍 家村和幸

【家村和幸】大東亜戦争・本土決戦の覚悟と「水際配備」への転換 濱口和久さんが司会を務める番組「今日の自衛隊」(H27.7.1)に、家村和幸さんが出演されました。 ご覧いただければわか

続きを見る

【自衛隊の情報戦】塚本勝一氏に聞く激動の終戦・戦後 [桜 H21/3/2]

塚本閣下のインタビュー。聞き手は大高美貴さんです。 その1 その2 その3 その4 その5 『陸幕第2部長の回想』塚本勝一(著)

続きを見る

【追悼番組】渡部昇一&小野田寛郎、大東亜戦争と戦後日本を語る[チェンネル桜 140125]

インテリジェンス面で強かったのは帝国陸軍。弱かったのは、外務省と帝国海軍。 秘密を持つのが嬉しい国民性を持ち、日常的に秘密を持つのが、支那・ロシアといった暗い国。 支那を相手にする場合、相

続きを見る

一寸 ・・・いや、相当古い話 :国民年金の花柳な生活

キ44 二式単座戦闘機「鍾馗(しょうき)」[/caption]2011.10.22 Saturday23:47  戦争末期の学徒動員で、飛行場建設作業に従事した事は何度も書いているが、単調な作

続きを見る

エジプト陸軍の組織、部隊と戦闘序列

wikipediaにあった内容を訳しました。 https://en.wikipedia.org/wiki/Egyptian_Army 不明な言葉もありましたが、とりあえずじぶんなりの言葉にして

続きを見る

海軍予備学生と学校制度―当時の常識は記録に残らない(5) (荒木肇)

はじめに  先週は思わぬ忙しさで休載の運びとなりました。お詫びします。研究会の自分の提案文書や、陸自富士学校での講話の準備などなどが重なり、とうとう書ききれませんでした。  また、選挙の結果もまず

続きを見る

ここであえての明治時代の陸軍大将

陸軍大将西郷隆盛[/caption]2009年9月16日配信の荒木肇先生のメルマガから抜粋しました。 http://melma.com/backnumber_174026_4609357/

続きを見る

短期現役と2年現役―当時の常識は記録に残らない(4) (荒木肇)

はじめに  皆さん、ご教示、応援ありがとうございました。五反田猫様、予備役空軍大尉殿、情報提供ありがとうございました。東京法学院が中央大学の前身であること、よく分かりました。今後ともご愛読、ご指導重

続きを見る

海軍と陸軍の制度比較―当時の常識は記録に残らない(3) (荒木肇)

はじめに  いよいよ選挙も近づいてまいりました。自民党は「国防軍」への改称をいい、諸制度の見直しもされるつもりでしょう。これに対して、民主党は「自衛隊」でいいという。公明党も、「馴染んだものを・・・

続きを見る

Re:(その3)『軍馬』の「慰霊碑」「記念碑」「祈念碑」がどこにあるか探しています

こんにちは。エンリケです。 軍馬の慰霊碑に関する情報をいただいています。ありがとうございます。 以下ご紹介しますので、ご参考になさってください。 情報をお寄せくださった皆様、ありがとうご

続きを見る

徴集と徴兵―当時の常識は記録に残らない(1) (荒木肇)

時代の常識  ある時代(直線で区切られるようなものではありませんが)の常識、当たり前はなかなか記録に残りません。むしろ、今も読みつがれたり、映像が残っていたりするようなもの・ことは、その時代でも記録

続きを見る

陸軍分列行進曲

陸自の観閲式や各種式典でも耳にする名行進曲です。

続きを見る

くやしかった世間の誤解―主計大尉N氏の記録(2) (荒木肇)

陸軍主計中尉大礼服( http://www.tokukobi.com/fuku-bou/taireifuku1.htm )[/caption]はじめに  派手な話はありません。Nさんからいただいた

続きを見る

「エリートだった輜重兵―兵站の仕組みという難問(2)」(荒木肇)

陸軍輜重科兵用襟章( http://www2c.biglobe.ne.jp/~wiking/JASE.htm )[/caption] はじめに  皆さん、私の住む横浜は突然、秋になりまし

続きを見る

新穂智少佐の西部ニューギニア横断記(5) Major Satoru Niiho’s West New Guinea

新穂智(にいほ・さとる) 大正5年(1916年)鹿児島生まれ。旧制中学卒業後満州に渡り満鉄に勤務。 現地入隊で台湾歩兵連隊に入営。甲幹試験に合格。見習士官となり陸軍 中野学校の第一期生と

続きを見る

将校の死傷率からわかる日露戦争の実態 (荒木肇)

From:荒木肇 件名:将校の死傷率からわかる日露戦争の実態 2012年(平成24年)9月12日(水) □はじめに  9月になったというのに、こんなに暑かったでしょうか。 まるで亜熱

続きを見る

陸軍と海軍の脚気紛争再燃--脚気と日本陸軍(荒木肇)

From:荒木肇 件名:陸軍と海軍の脚気紛争再燃--脚気と日本陸軍 2012年(平成24年)8月29日(水) ------------------------- □24年度総合火力演習

続きを見る

新穂智少佐の西部ニューギニア横断記

この動画は新穂智少佐が残した資料 「西部ニューギニア横断記」 を、動画の形で完全に残したものです。 youtubeで公開されており、全部で37話あるはずです。 きわめて長編なので、

続きを見る

脚気と日露戦争--脚気と日本陸軍

From:荒木肇 件名:脚気と日露戦争--脚気と日本陸軍 2012年(平成24年)8月22日(水) ------------------------- □終戦か敗戦か、停戦か?

続きを見る

人的戦力の充実と特攻戦法の開発–本土決戦準備の真実(20)

丸レ[/caption]ごあいさつに代えて ~戦場から届いた言葉~ ・・・諸君はたった二ヵ月であったが、帝国軍人として、一生懸命に訓練に励んだ。まことに立派であった。これからは一国民として自ら

続きを見る

陸海軍の軍医界を二分した脚気対策--脚気と日本陸軍

From:荒木肇 件名:陸海軍の軍医界を二分した脚気対策--脚気と日本陸軍 2012年(平成24年)8月15日(水) ------------------------- □残暑のお見舞

続きを見る

日本陸軍の「覚悟」― 水際撃滅の徹底へ  本土決戦準備の真実 -日本陸軍はなぜ水際撃滅に帰結したのか- Vol.19

▽ ごあいさつに代えて ~戦場から届いた言葉~ ・・・敵が来たときに、かねがね勉強しておいた戦略戦術、用兵、 習い覚えた技術によって、うまくこれに勝とうなんて考えても、 それは愚かなことであ

続きを見る

日清戦争前後の食事--脚気と日本陸軍(荒木肇)

日清戦争 金州城追撃の図[/caption]はじめに  日清戦争は「まことに小さな国であった」近代日本が初めて行った対外戦争でした。欧米人はもちろんのこと、日本人ですらわが国が勝つとは思っても

続きを見る

軍事情報特別企画  麦と脚気--陸軍兵食について

From:荒木肇 2012年(平成24年)7月25日(水) □お便りありがとうございました。  五反田猫様、いつもご感想やご教示ありがたく拝読しています。 さて、陸上自衛隊の普通科

続きを見る

沖縄作戦の戦訓がもたらした意識改革–本土決戦準備の真実(16)

▽ごあいさつに代えて ~戦場から届いた言葉~ ・・・我々は明日から戦おうと思っているのに、なんてことを言うのか。 とにかく死んではいけない。どうして死ぬなんていうのか。 (中略)我々も必死で

続きを見る

特別記事「偕行会」について--ある経理部士官の投稿

From:荒木肇 2012年(平成24年)7月18日(水) □ご挨拶とお礼  T山様、お忙しい中、いつもご提案、ご教示ありがとうございます。 10式もおっしゃる通り、ほんとうにハイテク

続きを見る

荒木肇:日本人はどのようにして軍隊をつくったのか ~安全保障と技術の近代史~

『日本人はどのようにして軍隊をつくったのか ~安全保障と技術の近代史~』 著:荒木肇 発行:出窓社 発行日:2010/7/14 http://tinyurl.com/2f3vx3s 本著を通じてあなた

続きを見る

荒木肇:日本人はどのようにして軍隊をつくったのか ~安全保障と技術の近代史~

『日本人はどのようにして軍隊をつくったのか ~安全保障と技術の近代史~』 著:荒木肇 発行:出窓社 発行日:2010/7/14 http://tinyurl.com/2f3vx3s 本著を通じてあ

続きを見る

チリ軍の概要

チリ軍は国家元首たる大統領に隷属し、命令は国防相を通じて下令されます。 大統領は国軍最高指揮官です。 ●陸軍 司令官はOscar Izurieta Ferrer陸軍大将。兵力45000人。 司令部(サ

続きを見る

メルマガ購読・解除




 



「日の丸父さん」(1)


「日の丸父さん」(2)

メルマガ購読・解除




 



「日の丸父さん」(1)


「日の丸父さん」(2)

メルマガ「軍事情報」の登録はこちらで(無料)

メールマガジン「軍事情報」は二〇〇〇年十月に創刊されました。軍事カテゴ

時系列【180809現在】尖閣周辺海域等における中共公船・海空軍の動きなど

170101 接水。4隻。1隻に機関砲。 170102 接水。8隻。

1/72 ロッキード マーチン F-35A ライトニングII

a8adscript('body').showAd({"req": {

帝国海軍駆逐艦「雪風」

a8adscript('body').showAd({"req": {

10式戦車

a8adscript('body').showAd({"req": {

市川文一『猫でもわかる防衛論』

ふざけた題名ですが、舐めてかかると痛い目に合います。 この本は、

→もっと見る

  • あわせて読みたい
PAGE TOP ↑