*

「 海上自衛隊 」 一覧

わが潜水艦

わが国が潜水艦大国になったのは、何も戦後になってからではありません。 帝国海軍は様々な形の潜水艦を保有しており、 大東亜戦争では各地で活躍しました。 ただ、戦略的な使い方を間違っ

続きを見る

日章旗と旭日旗

わが国の国旗(にっぽんのこっき、にほんのこっき)は、法律上は日章旗(にっしょうき)と呼ばれています。 古くから、また今日でも一般的には日の丸(ひのまる)と呼ばれています。 【送料無

続きを見る

【海上自衛隊 観艦式】24観艦式の模様を収録した動画

観艦式[/caption]24(ふたよん)観艦式の模様を時事通信さんが動画として配信されてます。 <「尖閣」「竹島」をめぐる洋上の領土問題が拡大する中、14日に開催される自衛隊観艦式の予行演習

続きを見る

東京・横須賀方面への観光でおススメの軍事関連スポット

海軍料亭 小松[/caption]東京・横須賀方面への観光をお考えの方に、おススメスポットを紹介します。 <横須賀> 海軍料亭小松 横須賀の料亭小松は海軍料亭として有名です。私は行

続きを見る

【千葉 7月開催 予約要】  「我が日本国周辺の軍事情勢」

■講師 : 川村純彦 (川村研究所代表・岡崎研究所副理事長・元海将補) ■日時 : 平成21年7月5日(日) 15時00分 開演 (14時30分 開場)      ※ 講演後、講師を囲んでの懇親会を予

続きを見る

「さざなみ」派遣に関する重要情報

「戦争映画音楽コンサート 「男たちへ」」 昨年、マガジンでご紹介した<伝説のコンサート>の続編開催が決定しました! [日時]8月3日(日)15:00開場 (16:00~「不肖・宮嶋」氏のプレトーク)

続きを見る

「さざなみ」シナへ

防衛省・海自発表によれば、二十四日から二十八日にかけてシナ訪問を行な うため、わが海自の「さざなみ」(呉、艦長:溝江2佐 四護衛隊群八護衛隊所 属)が十九日、呉を出航しました。出航にあたっては、派遣部

続きを見る

軍事組織は、できるだけ簡明な方がよい

(080225配信 メールマガジン「軍事情報」第332号 より) 19日のイージス艦と漁船との衝突事故は、非常に残念な出来事でした。全力 での救出活動と適切な原因究明を希望いたします。 さて、本件

続きを見る

「そうりゅう」 ついに! でも・・・

「そうりゅう」の記事(*)を拝見しました。 「とうとう来たか!」の感慨があります。 我々の若い頃、潜水艦の名前について「将来、原子力潜水艦を保有するときまで『りゅう』の付く名前を残している」と聞い

続きを見る

護衛艦「こんごう」SM-3発射試験の結果について(12/18 防衛省)

弾道ミサイル防衛(BMD)機能を付加するための改修が進められてきた イージス護衛艦「こんごう」は、  12月18日早朝(日本時間午前7時12分(現地時間17日午後0時12分))に、 ハワイ・カウア

続きを見る

Plug and Play

きりしま[/caption]米海軍のHPに以下のような記事がありました。 『「ステザム」と「日本海軍」、空母「リンカーン」と初顔合わせ』 【概略】 ・3月26日、米空母「エイブラハム・

続きを見る

愚直を以て良しとする

基地隊門や艦艇舷門等の立直勤務は愚直を以て良しとします。     昔々、海将補の某艦艇部隊指揮官がウッカリ身分証明書を持たぬまま公用車で上陸し、帰りは徒歩で艦艇基地の隊門を通ろうとして警衛立直中

続きを見る

ロシア潜水艇事故

AS-28[/caption]0.状況(おき軍事) 1.質問と回答(回答:ヨーソロ) 2.思うこと(ヨーソロ)   ●酸素があと一日分しかない   ●DSRVとスコーピオ   ●AS28の

続きを見る

メルマガ購読・解除




 



「日の丸父さん」(1)


「日の丸父さん」(2)

メルマガ購読・解除




 



「日の丸父さん」(1)


「日の丸父さん」(2)

メルマガ「軍事情報」の登録はこちらで(無料)

メールマガジン「軍事情報」は二〇〇〇年十月に創刊されました。軍事カテゴ

時系列【180809現在】尖閣周辺海域等における中共公船・海空軍の動きなど

170101 接水。4隻。1隻に機関砲。 170102 接水。8隻。

1/72 ロッキード マーチン F-35A ライトニングII

a8adscript('body').showAd({"req": {

帝国海軍駆逐艦「雪風」

a8adscript('body').showAd({"req": {

10式戦車

a8adscript('body').showAd({"req": {

市川文一『猫でもわかる防衛論』

ふざけた題名ですが、舐めてかかると痛い目に合います。 この本は、

→もっと見る

  • あわせて読みたい
PAGE TOP ↑