*

「 家村和幸 」 一覧

【じっくり学ぼう 世界と日本の戦争史】西ローマ帝国の滅亡【CGS 世界と日本の戦争史 第6回】

「戦争」を主軸に、世界と日本の歴史を並行的に検証していくと、さまざまなことが見えてきます。 3世紀から5世紀まで、日本では卑弥呼登場!ヨーロッパの平和~最悪の疫病ペストによる人類激減~ヨーロッパ

続きを見る

【じっくり学ぼう 世界と日本の戦争史】パクス・ロマーナの時代【CGS 世界と日本の戦争史 第5回】

「戦争」を主軸に、世界と日本の歴史を並行的に検証していくと、さまざまなことが見えてきます。 ローマの平和の時代や、スパルタクスの奴隷戦争や、黄巾の戦いと濃密な歴史トークとなっております。

続きを見る

【じっくり学ぼう 世界と日本の戦争史】古代の戦争その2 共和政ローマの領土拡大【CGS 世界と日本の戦争史 第4回】

「戦争」を主軸に、世界と日本の歴史を並行的に検証していくと、さまざまなことが見えてきます。 紀元前3世紀から紀元前2世紀までの戦争、特に共和政ローマの領土拡大について簡単にご説明いたします。

続きを見る

【じっくり学ぼう 世界と日本の戦争史】古代の戦争その1 上古と古代初期の世界【CGS 世界と日本の戦争史 第3回】

「戦争」を主軸に、世界と日本の歴史を並行的に検証していくと、さまざまなことが見えてきます。 上古から古代初期の戦争について説明いたします。教科書に載らない歴史の話も多々あります。

続きを見る

【じっくり学ぼう 世界と日本の戦争史】戦争・武力紛争の発生状況【CGS 世界と日本の戦争史 第2回】

「戦争」を主軸に、世界と日本の歴史を並行的に検証していくと、さまざまなことが見えてきます。 人類の歴史には、戦争が多発した時代と戦争がほとんど発生しなかった時代があります。

続きを見る

戦争・武力紛争の定義と区分【CGS 世界と日本の戦争史 第1回】

「戦争」を主軸に、世界と日本の歴史を並行的に検証していくと、さまざまなことが見えてきます。 人類の歴史は、戦争の歴史です。戦争とは何か、それを学ばなければ、独立と平和を守ることはできません。

続きを見る

家村和幸:『真説 楠木正成の生涯』

こんにちは。エンリケです。 家村和幸さん(元二等陸佐、日本兵法研究会会長)が、 新刊を出されました。 家村さんのライフワークは「兵法研究」ですが、 その大きな柱の一つに「楠木正成」研究

続きを見る

おススメ本:『戦略・戦術で解き明かす 真「日本戦史」』

こんにちは、エンリケです。 家村和幸さん(元二等陸佐、日本兵法研究会会長)が、 新刊を出されました。 ロングセラーとしておなじみの 『図解 戦略・戦術で解き明かす 真実の「日本戦史」』

続きを見る

歴史戦ニ勝利セヨ!

こんにちは。エンリケです。 大東亜戦争への不健全かつ不健康な評価が、 いまのわが国の不健全さ、不健康さの主因であることは すでに明らかです。 ところがいまにいたるも、 その不健全さ、

続きを見る

武士道精神の実践:吉田松陰の家族と松下村塾  武士道精神入門(24)

吉田松陰先生[/caption]▽ ごあいさつ  こんにちは。日本兵法研究会会長の家村です。 今回は「武士道精神の実践」の第十話(最終回)といたしまして、忠君愛国の士・吉田松陰の人物像につい

続きを見る

【第17回】武士道精神の実践:千葉周作-生きる道-

玄武館の跡地[/caption]こんにちは。日本兵法研究会会長の家村です。 前号をお読みになったTさんからお便りをいただきました。 <乃木閣下の学習院での講話のことは初めて知りました。毎

続きを見る

武士道精神入門(12)–武士たちが遺した教え:佐藤一斎 『言志四録』–

▽ ごあいさつ  こんにちは。日本兵法研究会会長の家村です。  今回は「武士たちが遺した教え」の第八回目といたしまして、江戸中・後期の儒学者・佐藤一斎(いっさい)が学問の道を通じて自得した

続きを見る

武士道精神入門(11)–武士たちが遺した教え:大道寺友山『武道初心集』– 家村和幸

▽ごあいさつ  こんにちは。日本兵法研究会会長の家村です。 今回は「武士たちが遺した教え」の第七回目といたしまして、江戸時代の兵法家・大道寺友山(だいどうじ ゆうざん)が武士の子弟のために

続きを見る

武士道精神入門(10) –武士たちが遺した教え:山鹿素行『武教小学』–

▽ ごあいさつ  こんにちは。日本兵法研究会会長の家村です。 今回は「武士たちが遺した教え」の第六回目といたしまして、山鹿流兵学の祖・山鹿素行が「武士が幼少から守るべき日常生活の規範」

続きを見る

武士道精神入門(9) –武士たちが遺した教え:宮本武蔵『独行道』–

▽ ごあいさつ  こんにちは。日本兵法研究会会長の家村です。 今回は「武士たちが遺した教え」の第五回目といたしまして、戦国時代から江戸時代への移行期をひたすら剣の道に生きた武芸者・宮本武蔵

続きを見る

武士道精神入門(4)–兵制の変革と武人の特質(後編)– by家村和幸

▽ ごあいさつ  皆様、こんにちは。日本兵法研究会会長の家村です。今回は鎌倉幕府が成立してからの兵制の遷り変わりとそれぞれの時代における武人の特質について述べてまいります。なお、今回をもちまして「武

続きを見る

武士道精神入門(2)–武士道概説:武士の沿革と武士道– by 家村和幸

From:家村和幸 2013年(平成25年)3月8日(金) ▽ ごあいさつ  こんにちは。日本兵法研究会会長の家村です。 前回は、人間が作り上げた最高の理性とも云うべき武士道が

続きを見る

【家村和幸】武士道精神入門(1)–武士道概説:日本人の精神と武士道–

ごあいさつ  皆様、こんにちわ。日本兵法研究会会長の家村です。  今回から約半年間にわたり「『武士道精神』入門」を連載させていただくことになりました。  日本人が長い歴史を通じて培い、磨き上

続きを見る

【兵法講座】楠流兵法と武士道精神力を鍛える

(転送歓迎) 第8回 家村中佐の兵法講座 -楠流兵法と武士道精神- あけましておめでとうございます。エンリケです。 今年もどうぞよろしくお願いします。 楠公兵法を深く研究されて

続きを見る

【家村和幸】元陸自戦術教官が見る島嶼防衛戦略 [桜H24/11/7]

日本兵法研究会会長で、メルマガ「軍事情報」連載の執筆者・家村元2陸佐が、チャンネル桜に出演されました。 <尖閣をめぐって強硬な姿勢を崩すことなく周辺海域への侵入を繰り返す中国の動向を見定

続きを見る

[12/8開催]第7回 家村中佐の兵法講座 -孫子と闘戦経を表裏で学ぶ-

孫子の兵法書(Wikipediaより)[/caption]■戦(いくさ)を知り、真の平和を学ぶ!■ 戦の本質を理論的に鋭く突いた優れた兵法書『孫子』十三篇の原著者は、春秋時代の呉国の軍師であっ

続きを見る

(最終回)本土決戦準備の真実 -日本陸軍はなぜ水際撃滅に帰結したのか- 「日本の国防 ― 本土決戦準備から学ぶべきもの」

▽ ごあいさつに代えて ~戦場から届いた言葉~ ・・・第5航空艦隊は、全員特攻の精神をもって今日まで作戦を実施 してきたが、陛下の御発意により終戦のやむなきにいたった。 しかし、本日只今より

続きを見る

佐藤守さん講演会開催!

佐藤守(さとう まもる) 軍事評論家の退役軍人。元南西航空混成団司令、元空将。 樺太生まれ福岡育ち。防大卒(航空工学 7期)。 学生時代から「サムライ」の評価を受ける。 空自に入隊し、戦闘

続きを見る

軍事情報別冊 本土決戦準備の真実 (15)

▽ ごあいさつに代えて ~戦場から届いた言葉~ ・・・戦闘が始まると軽挙妄動し、平素の作戦方針も準備もころりと 忘れ、思いつきで行き当たりばったりの作戦をやるから、将兵をあた ら犬死させ、弾

続きを見る

家村和幸 闘戦経(とうせんきょう)─武士道精神の原点を読み解く─

『闘戦経(とうせんきょう)─武士道精神の原点を読み解く─』  著:家村和幸  ページ数: 219ページ  出版社: 並木書房 (2011/11/17)  発売日: 2011/11/17  商品の寸法

続きを見る

『闘戦経(とうせんきょう)─武士道精神の原点を読み解く─』

本の紹介はこちらです 先行予約受付は終了しました。 ★日本が世界に誇るべき武士道精神のルーツ『闘戦経』 ★900年の時を経て蘇る純日本の兵法書の全訳! ★ただ勝てば良いとする「孫子」をはじめとする

続きを見る

メルマガ購読・解除




 



「日の丸父さん」(1)


「日の丸父さん」(2)

メルマガ購読・解除




 



「日の丸父さん」(1)


「日の丸父さん」(2)

メルマガ「軍事情報」の登録はこちらで(無料)

メールマガジン「軍事情報」は二〇〇〇年十月に創刊されました。軍事カテゴ

時系列【180809現在】尖閣周辺海域等における中共公船・海空軍の動きなど

170101 接水。4隻。1隻に機関砲。 170102 接水。8隻。

1/72 ロッキード マーチン F-35A ライトニングII

a8adscript('body').showAd({"req": {

帝国海軍駆逐艦「雪風」

a8adscript('body').showAd({"req": {

10式戦車

a8adscript('body').showAd({"req": {

市川文一『猫でもわかる防衛論』

ふざけた題名ですが、舐めてかかると痛い目に合います。 この本は、

→もっと見る

  • あわせて読みたい
PAGE TOP ↑