メールマガジン「軍事情報」のホームページ

創刊2000年10月のメールマガジン「軍事情報」です。

本土決戦準備の真実-日本陸軍はなぜ水際撃滅に帰結したのか-

本土決戦準備の真実-日本陸軍はなぜ水際撃滅に帰結したのか-

家村和幸さんの連載

「本土決戦準備の真実-日本陸軍はなぜ水際撃滅に帰結したのか-」

をふたたびメルマガで楽しめます!

著者・家村さんの略歴です。

家村和幸 (いえむら かずゆき)
1961年神奈川県生まれ。元陸上自衛官(二等陸佐)。昭和36年神奈川県生まれ。聖光学院高等学校卒業後、昭和55年、二等陸士で入隊、第10普通科連隊にて陸士長まで小銃手として奉職。昭和57年、防衛大学校に入学、国際関係論を専攻。卒業後は第72戦車連隊にて戦車小隊長、情報幹部、運用訓練幹部を拝命。その後、指揮幕僚課程、中部方面総監部兵站幕僚、戦車中隊長、陸上幕僚監部留学担当幕僚、第6偵察隊長、幹部学校選抜試験班長、同校戦術教官、研究本部教育訓練担当研究員を歴任し、平成22年10月退官。

現在、日本兵法研究会会長。http://heiho-ken.sakura.ne.jp/

著書に、『真実の日本戦史』『名将に学ぶ 世界の戦術』『真実の「日本戦史」戦国武将編』『闘戦経(とうせんきょう)─武士道精神の原点を読み解く─』『兵法の天才 楠木正成を読む (河陽兵庫之記・現代語訳) 』がある。

内容は以下のとおりです(全25回)

「本土決戦準備の真実-日本陸軍はなぜ水際撃滅に帰結したのか-」

第1回  上陸作戦と対上陸作戦(その1)
第2回  上陸作戦と対上陸作戦(その2)
第3回  日本陸軍の対上陸作戦思想の背景 ― 元 寇
第4回  日本陸軍の対上陸作戦思想の背景 ― 林子平『海国兵談』
第5回  日本陸軍の対上陸作戦思想の背景 ― 吉田松陰の「黒船撃滅作戦」
第6回  明治陸軍の国土防衛とプロシア式戦術(その1)
第7回  明治陸軍の国土防衛とプロシア式戦術(その2)
第8回  大東亜戦争 ― 島嶼守備作戦から本土決戦準備へ
第9回  松代大本営と内陸作戦の可能性(その1)
第10回 松代大本営と内陸作戦の可能性(その2)
第11回 作戦思想の混迷 ― 後退配備・沿岸撃滅か、水際撃滅か(その1)
第12回 作戦思想の混迷 ― 後退配備・沿岸撃滅か、水際撃滅か(その2)
第13回 作戦思想の混迷 ― 後退配備・沿岸撃滅か、水際撃滅か(その3)
第14回 沖縄作戦における水際撃滅の放棄と持久戦
第15回 沖縄戦場から帰還した将校による証言
第16回 沖縄作戦の戦訓がもたらした意識改革
第17回 上陸前における艦砲射撃の実効果
第18回 自己健存思想と先人の偉業
第19回 日本陸軍の「覚悟」― 水際撃滅の徹底へ
第20回 人的戦力の充実と特攻戦法の開発
第21回 作戦構想の変更と第一線部隊の戸惑い(1)
第22回 作戦構想の変更と第一線部隊の戸惑い(2)
第23回 前線も銃後もない「軍民一体」の戦い
第24回 米軍の上陸作戦構想と日本軍の勝算
第25回 日本の国防 ― 本土決戦準備から学ぶべきもの

毎日25日間にわたってお届けします。

もちろん無料でお楽しみいただけます。

興味がある方は、以下フォームよりご参加ください。



【日本最大級】楽天トラベル


軍事情報へのお問い合わせはこちらまで


メルマガ「軍事情報」 登録(無料)はこちら↓でどうぞ

メルマガ購読・解除
 


米国軍隊、警察、特殊部隊、米国政府機関で正式に採用されている科学的護身術~コンバット・ファイティング


sponsored link

down

コメントする




CAPTCHA


その他

英霊来世

メルマガ購読・解除
 



「日の丸父さん」(1~12話)

▼机上論ではない、安保政策の理想的な教科書▼

▼精緻な銃器豆知識▼

▼最高の孫子解説書▼

▼三十六計で読み解くシナの戦略▼

▼自衛隊によるオリンピック支援の実際

▼水面下の戦争に勝つ▼

▼キーワードは「換骨奪胎」と「地政学教本」

▼インテリジェンスの教科書

▼明治以降の通説を覆した日露戦争陸戦史▼

▼再終末期の帝国陸軍の苦悩がわかる名著▼

▼防衛産業のすべてがわかる傑作▼

▼近現代日本の軍事史がつかめる貴重な一冊▼

▼国史の新常識▼

▼大楠公のエキスを吸収できる本▼

メルマガ登録

アーカイブ

あわせて読みたい

あわせて読みたい

最近検索されたキーワード

sponsored link

メルマガ購読・解除
軍事情報
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ

「日の丸父さん」(1~12話)
高速バスの予約 icon
■黒の経典SCS■歴史上の支配者が使っている女をものにする卑劣な方法とは?・・