*

非常事態宣言と戒厳令の違い

公開日: : 最終更新日:2014/06/06 軍事知識

「日本列島波高し」より
http://yosoro.okigunnji.com/?cid=19711
まず、非常事態宣言ですが・・・
これは予想を超える大きな災害や予期しない事件で、事前に想定されている程度の対策では充分でなく、かつ通常の「平時モード」法律によるだけでは有効な対処ができないような事態が続出した事態に至ったとき、臨機の処置をとる権限を行政府に認める「非常時モード」に切り換える制度ですね。


この制度はあくまで事前に「非常時モード」法体系で「出来ること、出来ないこと」等の許容範囲が定められているべきで、已むを得ず事前に許容した範囲を超える施策を行う場合には国会の議決を経る必要があります。
つまり、大前提として国家の三権が(一時的、局所的には欠けるとしても)全体としては機能していることが想定されているのではないでしょうか。
もちろん許容される範囲は様々で、ナチスドイツのように議会が政府に全権を委任すれば次に述べる戒厳令を含めて「何でもあり」状態にもなり得ます。
一方、戒厳令の発令ですが・・・
これは「本来は」国家の三権が機能できないような事態を、それが回復されるまで暫定的に、軍政によって乗り切る手段ですね。
もっと有り体に言えば「軍隊による国家権力の一時的占領」です。
例えば、(現在の日本国憲法にはありませんが)世界中の「普通の国」では元首なり議会なりが「戦を宣し」「和を講じる」ことを憲法等に定めています。
しかし、もし首都が核兵器で奇襲されればその両者とも一時的に存在しなくなるかもしれません。国土、国民は存在しても国家機能は壊滅しているような状態です。
このように「敵と戦え」という命令を出すべき政権中枢さえも消滅しているような場合、前述の「非常時モード」への切換もできないわけで、もし戒厳制度がなければ国家としてはなすすべがありません。
この例は極端ですが、ことほど左様に戒厳令とは「国家機能に重大な欠落が生じた場合に発動される、一時的、合法的なクーデターもどき」と言えるかもしれません。
以前に「自衛隊をめぐる不条理」の話で書きましたが、軍隊の本質は「国内法の機能し得ない場面で活動できる」ことにあります。
本来軍隊の行動を規定するものは最高指揮官の意志と確立された国際法だけです。
そのため軍事刑法等の軍規諸令達も法律ではなく、最高指揮官(国王や大統領)からの命令の形で出されているのが普通です。議会で議決された法律では指揮官の権限で臨機に変更することができないからです。
(ちょっと道草:英国海軍の軍人が「この無精髭は女王陛下が許可した」と威張っていますが、これも上記の海軍刑法などの記された
“Queen’s Regulations for the Royal Navy” (*)の中に書かれています。ビクトリア女王が艦内の真水節約のために許可したそうです。)
幸いにも軍隊には指揮官に事故あるときに指揮権を委譲・継承すべき順序が事前に、上は国家元首たる最高司令官から下は末端の兵士に至るまで、明確に定められて周知されています。如何なるときにも、部隊の所在や規模にかかわらず、誰が指揮官(意志決定者)であるかは常に明白です。
更に加えて、他に依存せず独自で任務を遂行できる能力(自己完結性)を具備しています。
これ等の特質を使って「やむを得ず、臨機の処置として、軍隊により国家機能を維持する」、これが戒厳令の発令になるわけです。
なおこの観点から見ると戦前の我が国の戒厳令は2.26事件のみが該当しますね。
日比谷事件や関東大震災は当時の警察力の補完(当時は機動隊がなかった)に過ぎず、現在の自衛隊の治安出動と同じ性質のものではなかったかと思います。
先の大戦中は、東京大空襲のような関東大震災を凌ぐ戦災下でも国家機能が正常に活動していたので、戒厳令は発令されませんでした。
以上、ヨーソロの管見です。繰り返しますが、明白な根拠は・・・ありません。
それにしても、世界中至るところで非常事態宣言や戒厳令が見境なく乱発されていますね。
(*)“Queen’s Regulations for the Royal Navy
(ヨーソロさま)
(2005.05.08配信 「軍事情報号外」より)

このエントリーをはてなブックマークに追加
[`yahoo` not found]
[`yahoo_users` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`newsing` not found]
[`google_buzz` not found]
GREE にシェア
email this


【日本最大級】楽天トラベル


軍事情報へのお問い合わせはこちらまで


メルマガ「軍事情報」 登録(無料)はこちら↓でどうぞ

メルマガ購読・解除
 


米国軍隊、警察、特殊部隊、米国政府機関で正式に採用されている科学的護身術~コンバット・ファイティング


メルマガ購読・解除




 



「日の丸父さん」(1)


「日の丸父さん」(2)

関連記事

【5月13日配信】桜林美佐の国防ニュース最前線「北朝鮮への制裁でアメリカは中国をテストしている!航行の自由作戦中断・ハリス司令官更迭要求は見返り?!」小野田治元空将【チャンネルくらら

『自衛官の心意気 そのとき、彼らは何を思い、どう動いたか』

記事を読む

【1月6日配信】桜林美佐の国防ニュース最前線「まもなく誕生トランプ新大統領!アメリカは引きこもるのか?米国政治とマハンの海上戦略」福山隆元陸将・倉山満【チャンネルくらら】

 

記事を読む

【4月14日配信】桜林美佐の国防ニュース最前線「米国のシリア攻撃、国際法の根拠はない?北朝鮮に対する先制攻撃はあるか?」伊藤俊幸元海将【チャンネルくらら】

 

記事を読む

【7月22日配信】桜林美佐の国防ニュース最前線「南シナ海仲裁裁判で中国に厳しい判決!日本の領海を守ってきた最前線の元司令官が解説します!伊藤俊幸元海将(前呉地方総監)」【チャンネルくらら】

 

記事を読む

no image

【ハロランの眼 太平洋の真中で】米海兵隊 重要性増す災害救助活動

産経新聞 http://sankei.jp.msn.com/world/news/120906

記事を読む

【12月9日配信】桜林美佐の国防ニュース最前線「元陸自・化学防護隊長が明かす日本のテロ対策の実態~そしてもう一つの顔は・・ゲスト石原ヒロアキ」【チャンネルくらら】

石原ヒロアキ漫画館

記事を読む

【2月10日配信】桜林美佐の国防ニュース最前線「憲法改正、加憲で自衛隊は国を守れるのか?」市川文一元陸自武器学校長【チャンネルくらら】

ジャーナリスト桜林美佐が迫る自衛隊の実像 自衛官24万人の覚悟を問う

記事を読む

【7月1日配信】桜林美佐の国防ニュース最前線「中国、ロシアの脅威に米国はどう対抗する?!最新軍事技術ドローン、レーザー兵器の実用化が目前に!」小野田治元空将【チャンネルくらら】

『自衛官の心意気 そのとき、彼らは何を思い、どう動いたか』

記事を読む

180129配信【戦う組織の意思決定入門(12)】 「作戦計画と作戦命令を文書化する」  堂下哲郎(元海将)

もくじ □はじめに ▼前回のふりかえり ▼計画を作成する ▼命令を作成する:5パラグ

記事を読む

【12月2日配信】桜林美佐の国防ニュース最前線「突如沸き起こった韓国朴槿恵の進退問題!裏にある勢力とは?!これから何が起きる?」ゲスト:福山隆元在韓防衛駐在官・陸将【チャンネルくらら】

防衛駐在官という任務 ~38度線の軍事インテリジェンス~

記事を読む

メルマガ購読・解除




 



「日の丸父さん」(1)


「日の丸父さん」(2)

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

メルマガ購読・解除




 



「日の丸父さん」(1)


「日の丸父さん」(2)

メルマガ「軍事情報」の登録はこちらで(無料)

メールマガジン「軍事情報」は二〇〇〇年十月に創刊されました。軍事カテゴ

時系列【180809現在】尖閣周辺海域等における中共公船・海空軍の動きなど

170101 接水。4隻。1隻に機関砲。 170102 接水。8隻。

1/72 ロッキード マーチン F-35A ライトニングII

a8adscript('body').showAd({"req": {

帝国海軍駆逐艦「雪風」

a8adscript('body').showAd({"req": {

10式戦車

a8adscript('body').showAd({"req": {

市川文一『猫でもわかる防衛論』

ふざけた題名ですが、舐めてかかると痛い目に合います。 この本は、

→もっと見る

  • あわせて読みたい
PAGE TOP ↑