メールマガジン「軍事情報」のホームページ

創刊2000年10月のメールマガジン「軍事情報」です。

朝鮮半島は日本と交戦状態にあった旧敵国にあらず

time 2012/08/28

Q.北朝鮮は韓国と休戦中とは言え交戦下にあり、日本はその同盟国です。
  北朝鮮は 戦争において後方の撹乱という意味での同盟国の人間を拉致したという風にとらえられないでしょうか?

A:韓国内における拉致問題はそう捉えても間違いではない、と思います。
日本を韓国の実質同盟国と做していた、ということも本当でしょう。

北鮮と韓国が交戦状態であることは確かですが、韓国と我が国は法的には同盟関係にはありません。単に米国と同盟関係にある好意的中立国であるだけです。
また、我が国は北鮮と交戦状態でもありません。

尤も北鮮の方では、WW2以来ずっと日本に対する交戦国だった、と称していますね。でも「朝鮮半島は日本と交戦状態にあった旧敵国である」とは戦後処理の中でどこの国からも認められませんでした。
(このことが「韓国の対日劣等感と反日感情の原点」と私は考えています)

また、後方撹乱ならば国民心理や国力に実質的な効果があるべきでしょうが、我が国民に撹乱されたという意識がない(なかった)わけですし、むしろ拉致事件の発覚によって北鮮への警戒感を覚醒させたという意味では、北鮮の国益にとって逆効果ですね。

後方撹乱の意味ではむしろ、麻薬の大量搬入による国内蔓延こそ我が国を紊乱する大きな効果があった、というべきでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加
[`yahoo` not found]
[`yahoo_users` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`newsing` not found]
[`google_buzz` not found]
GREE にシェア
email this


【日本最大級】楽天トラベル


軍事情報へのお問い合わせはこちらまで


メルマガ「軍事情報」 登録(無料)はこちら↓でどうぞ

メルマガ購読・解除
 


米国軍隊、警察、特殊部隊、米国政府機関で正式に採用されている科学的護身術~コンバット・ファイティング


sponsored link

down

コメントする




CAPTCHA


This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

その他

英霊来世

メルマガ購読・解除

 



「日の丸父さん」(1)
「日の丸父さん」(2)

▼脚気の惨害に帝国陸海軍はいかに対処したか?▼

▼机上論ではない、安保政策の理想的な教科書▼

▼精緻な銃器豆知識▼

▼最高の孫子解説書▼

▼三十六計で読み解くシナの戦略▼

▼自衛隊によるオリンピック支援の実際

▼水面下の戦争に勝つ▼

▼キーワードは「換骨奪胎」と「地政学教本」

▼インテリジェンスの教科書

▼明治以降の通説を覆した日露戦争陸戦史▼

▼再終末期の帝国陸軍の苦悩がわかる名著▼

▼防衛産業のすべてがわかる傑作▼

▼近現代日本の軍事史がつかめる貴重な一冊▼

▼国史の新常識▼

▼大楠公のエキスを吸収できる本▼

メルマガ登録

アーカイブ

あわせて読みたい

あわせて読みたい

人気の検索キーワード

最近検索されたキーワード

sponsored link

メルマガ購読・解除
軍事情報
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ


「日の丸父さん」(1~12話)
高速バスの予約 icon
■黒の経典SCS■歴史上の支配者が使っている女をものにする卑劣な方法とは?・・