メールマガジン「軍事情報」のホームページ

創刊2000年10月のメールマガジン「軍事情報」です。

捕虜の殺害は戦争法上の処分の対象だとなにかで読んだように記憶していますが、

time 2012/08/28

Q.捕虜の殺害は戦争法上の処分の対象だとなにかで読んだように記憶していますが、そのような見地から北朝鮮の拉致問題を捉えることは可能でしょうか?

A:この問題は戦争中と捉えると、物事が見えなくなると思います。

 確かに戦争犯罪ともみなせますが、戦時という隠れ蓑を使わせるとむしろ免罪符的に許容の幅を大きくしてしまいます。
 今回の悲惨な結果を、捕虜問題などという言い逃れの口実に使わせてはなりません。「ならず者国家の非道な犯罪行為」と正確に捉える必要があります。

 亡くなったとされている6名の方々は元々特務機関で働かされている、いわゆる「知りすぎた者」ですから開放される可能性は少ないでしょうね。
 強制収容所などで生きていて、後々の交渉の材料になるのかも知れません。
 その時にも金正日は「部下から『死んだ』と報告を受けていた」とヌケヌケと言うことでしょう。

 今回のことは国民世論を硬化させましたので、国交正常化交渉は難航するでしょうね。むしろそれより北鮮の国家崩壊の方が早いかも知れません。
 配給が廃止されたようですが、これは会社で給料が払えなくなったのと同じですよね。
 会社の倒産もそうですが、気が付いたら交渉相手がなくなっていた、とか・・・。
 私は、その可能性は決して低くない、と見ています。

このエントリーをはてなブックマークに追加
[`yahoo` not found]
[`yahoo_users` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`newsing` not found]
[`google_buzz` not found]
GREE にシェア
email this


【日本最大級】楽天トラベル


軍事情報へのお問い合わせはこちらまで


メルマガ「軍事情報」 登録(無料)はこちら↓でどうぞ

メルマガ購読・解除
 


米国軍隊、警察、特殊部隊、米国政府機関で正式に採用されている科学的護身術~コンバット・ファイティング


sponsored link

down

コメントする




CAPTCHA


その他

英霊来世

メルマガ購読・解除

 



「日の丸父さん」(1~12話)

▼脚気の惨害に帝国陸海軍はいかに対処したか?▼

▼机上論ではない、安保政策の理想的な教科書▼

▼精緻な銃器豆知識▼

▼最高の孫子解説書▼

▼三十六計で読み解くシナの戦略▼

▼自衛隊によるオリンピック支援の実際

▼水面下の戦争に勝つ▼

▼キーワードは「換骨奪胎」と「地政学教本」

▼インテリジェンスの教科書

▼明治以降の通説を覆した日露戦争陸戦史▼

▼再終末期の帝国陸軍の苦悩がわかる名著▼

▼防衛産業のすべてがわかる傑作▼

▼近現代日本の軍事史がつかめる貴重な一冊▼

▼国史の新常識▼

▼大楠公のエキスを吸収できる本▼

メルマガ登録

アーカイブ

あわせて読みたい

あわせて読みたい

人気の検索キーワード

最近検索されたキーワード

sponsored link

メルマガ購読・解除
軍事情報
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ


「日の丸父さん」(1~12話)
高速バスの予約 icon
■黒の経典SCS■歴史上の支配者が使っている女をものにする卑劣な方法とは?・・