*

昔から中国の領土であると信じきっている

公開日: : 最終更新日:2014/06/06 読者の声 , ,

始めましてこんにちは、
中国在住のnikoともうします。


>>ちなみにシナ国内では、チベット騒動についてほとんど伝えられておらず、
>>国民も関心をもっていないそうです。
こちらでもチベット騒動に関してはかなりの国民が関心を持っています。
ただ、余計なコメントはしたくない。
と、ダンマリを決め込んでいるように見えます。
ただ、何名かの一般市民の意見を聞きましたが、
全員に共通している認識は、
チベットや東トルキスタンが昔から中国の領土であると信じきっていることです。
だから、今回の事件も、
中国国民には、
チベット人が、
何故暴力を使ってまで分離独立を目指そうとするのか、
その背景がよく見えていません。
(niko)
⇒おたよりありがとうございます。こういう話をお伺いできるのも、メールの
おかげですね。感謝感謝。
都合の悪い歴史は自国民に教えない。これは普通の感覚ですよね。
こんな国がいう「歴史認識」にヘーコラし追従する人は、ほんとに愚かです。
(エンリケ)

このエントリーをはてなブックマークに追加
[`yahoo` not found]
[`yahoo_users` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`newsing` not found]
[`google_buzz` not found]
GREE にシェア
email this


【日本最大級】楽天トラベル


軍事情報へのお問い合わせはこちらまで


メルマガ「軍事情報」 登録(無料)はこちら↓でどうぞ

メルマガ購読・解除
 


米国軍隊、警察、特殊部隊、米国政府機関で正式に採用されている科学的護身術~コンバット・ファイティング


メルマガ購読・解除




 



「日の丸父さん」(1)


「日の丸父さん」(2)

関連記事

no image

図書館の利用

私の他にも図書館を利用されている方がおられることを知りました。私の場合、図書館で読んでから、家に置い

記事を読む

no image

軍の神聖な重責と防衛省キャリアの宿命

肩章[/caption]キャリア制度とは?  キャリア制度は「広く浅く様々なポストを経験(渉猟)

記事を読む

no image

軍事組織は、できるだけ簡明な方がよい

(080225配信 メールマガジン「軍事情報」第332号 より) 19日のイージス艦と漁船との衝突事

記事を読む

これと孫子が中共の対日戦術

木曜日連載 上田篤盛さんへのお便り 1.感謝:大変重要な内容です。これと孫子が中共の対日戦

記事を読む

no image

出版年を書いてください

エンリケ航海王子さま、 いつも貴重な情報をご提供下さりありがとうございます。 太田文雄氏の『日本人は

記事を読む

no image

指揮官不在

エンリケ航海王子 様 柳がいつの間にか薄い黄緑色になって、その下で雪柳が真っ白な花を咲かせ、 そして

記事を読む

no image

ブラジルから

エンリケ様 小生は移民としてブラジルへ渡伯しました。 今年は移民100周年記念で、来月は当国でも色々

記事を読む

no image

Re:幕僚長から権限を奪う方向へ

私は各幕僚長の指揮権限をなくす方向で議論することが誤りだとは思ってお りません。 ご心配の点はごもっ

記事を読む

戦争は人間がやるものなのだ、とつくづく感じます

木曜日連載 長南政義さんへのお便り いつも,連載をありがとうございます. この分野に関連

記事を読む

no image

少し憂鬱になります(一読者)

「秘密戦争の司令官オバマ CIAと特殊部隊の隠された戦争」を読んでみました。 取り急ぎの感想は

記事を読む

メルマガ購読・解除




 



「日の丸父さん」(1)


「日の丸父さん」(2)

メルマガ購読・解除




 



「日の丸父さん」(1)


「日の丸父さん」(2)

メルマガ「軍事情報」の登録はこちらで(無料)

メールマガジン「軍事情報」は二〇〇〇年十月に創刊されました。軍事カテゴ

時系列【180809現在】尖閣周辺海域等における中共公船・海空軍の動きなど

170101 接水。4隻。1隻に機関砲。 170102 接水。8隻。

1/72 ロッキード マーチン F-35A ライトニングII

a8adscript('body').showAd({"req": {

帝国海軍駆逐艦「雪風」

a8adscript('body').showAd({"req": {

10式戦車

a8adscript('body').showAd({"req": {

市川文一『猫でもわかる防衛論』

ふざけた題名ですが、舐めてかかると痛い目に合います。 この本は、

→もっと見る

  • あわせて読みたい
PAGE TOP ↑