メールマガジン「軍事情報」のホームページ

創刊2000年10月のメールマガジン「軍事情報」です。

君が代の本旨は「ありがとう」だ (大礒正義)

time 2012/08/15

From:大礒正義
件名:君が代の本旨は「ありがとう」だ

————————–
軍事情報別冊 大礒正美のよむきる(Vol.160)

今の国際政治はどうなっているのか?今わが国で起きている政治問題の
どこに注目すべきなのか?元シンクタンク研究員・元大学教授の国際政治
学者が毎月一回お届けする切れ味鋭い分析。

2012年(平成24年)8月15日(金)
————————-

国際政策コラム<よむ地球きる世界>No.160
    by 大礒正美(国際政治学者、シンクタンク大礒事務所代表)

平成24年8月15日

          君が代の本旨は「ありがとう」だ

 ロンドン五輪では、幸い7回も日本国家「君が代」を聞くことができた。
 しかし、こういう場面以外では、国歌を進んで歌う人は少なく、
逆に信念として反感をあらわにする人が絶えない。

 同時期に発売された保守系週刊誌で、80歳近い有名作家が
「君が代」を「天皇が統治されるこの世は、、」と解説し、そんな
時代が終わって70年近く経っているのに、いまだに歌わせること
自体が疑問だと断じている。

 この人のように戦前戦中に教育を受けた世代は、戦後の日教組
イデオロギーと結果的に同じ拒否反応を持っているのかもしれない。

 たしかに明治時代から現在に至るまで、「君が代」とは天皇の
治世のことだと国民に教えている。それが間違いであることも、
今日では分かっているはずなのに、政府は是正しようとしない。
そこが問題の本質である。

 もともと「君が代」は1千百年ほど前の「古今和歌集」に収録
された詠み人知らずの「賀歌」であり、初期本では「わが君は、、」
で始まっていたとされる。

 いうまでもなく「君」は単純にあなた(You)という日本語である。
明治にも与謝野晶子が弟に対して「君死にたまふことなかれ」と
詠んだように、決して君主を意味するものではない。

 千年も前の「うた」は字で読むより朗々と詠唱するものだった。
テレビで見る「歌会始の儀」の通りだ。したがって、目の前にいる
人に「わが君は」といっても「君が代は」といっても同じで、
主語は「ユアライフ」である。

 次に、現代人の盲点だが、「賀歌」は年賀でも誕生祝いでも
同じで、区別はない。なぜなら年が明けるとみんな一斉に「歳をとる」。
すなわち「数え年」の文化だ。

 そうなると「君が代」の意味が深いのは前段ではなく、後段の
文言ゆえだということが分かってくるだろう。 

(前段)君が代は 千代に八千代に
(後段)さざれ(細)石の 巌と成りて 苔の生すまで

 上記の高齢作家はこの後段を「誤りがある」と切って捨て、
大きな巌がだんだん崩れて小石になるはずだから科学的に逆だと
述べている。

 政府見解では「それほど長い年月」という意味だとしているが、
それではご本人を前にして朗々と詠うほどの内容ではない。

 大切なのはご本人の長寿を祝い、感謝を込めることである。
農耕社会では年を重ねるほどに気象情報と自然条件が頭と身体に
蓄積されていく。長老は歩くコンピューターである。

 とりわけ稲作文明と台風襲来を抱えた日本では、長寿者の役割が
大きかった。いわゆる狩猟社会なら、運動能力が衰えた老人は足手
まといになるだけだ。
 それが分かると後段は、小さな赤ん坊がすくすく育ち、立派な
青年になり、そして一族郎党を率いる長老になった、と称賛する
「たとえ」だと気がつくはずだ。

 そこでまず文語調で直訳してみれば、、、

    あなたの一生、末永くあれ
    玉のような赤子、たくましく成人し、白髪となりし後もなお

、、、というような表現になるだろうか。

 これで称賛、尊敬の念は込められたが、ご本人を前にした家族、
一族の感謝の気持ちを汲み取るには、思い切って現代口語訳にした
ほうが分かりやすい。

(大礒による現代訳)
 爺ちゃん、誕生日おめでとう、もっともっと長生きしてね
 生まれた時を想像できないけれど、こんな仰ぎ見る長老に
 なってくれて、ありがとう

 どうだろうか? 農耕社会、長老、賀歌、というキーワードから、
この歌が千年以上も歌い継がれてきた理由にたどり着いた。
 賀歌「君が代」の神髄は後段の比喩にある。単に「長い年月」の
意味だとしたら、日本人の心の琴線に触れることはない。

 これほどの名歌なのに、明治政府が「天皇の御代は千年も万年も」
というようにこじつけたため、後段が全く死んでしまい、意味の
分からない呪文のような歌詞になってしまった。
 明治政府の罪は巨岩のように重い。

 高齢化社会に突入した今、高齢者を称え感謝するという国歌の
本来の意味を、正しく認識し直すよう各方面に要望したい。
 日本人の心を詠んだもう一つの名歌「いろは歌」と二つ並べると、
 いっそう理解し易くなると思われる。

 
(おおいそ・まさよし 2012/08/15)

「国際政策コラム<よむ地球きる世界>No.160」より
http://www.geocities.co.jp/CollegeLife-Cafe/5562/column/latest160.html

【残席わずか。明日締切。お急ぎください!】

 JPSSO(NPO法人 日本の平和と安全基盤を支える会)さんが
主催される『平成24年度「総火演」バスツアー』の参加者を募集して
います。

 高原ビール、日本最大規模のアウトレットでの買い物も楽しめ、
元レンジャー隊長が特別ガイドを務めるこの総火演ツアー。
残席わずかとのことです。

申し込み締切は明日。気になる方は今すぐ詳細をご確認ください
  こちら ⇒ http://okigunnji.com/?p=693

☆今回のマガジンの評価をお願いします

◆とても面白かった
http://clickenquete.com/a/a.php?M0001396Q0036282A1e6b2
◆面白かった
http://clickenquete.com/a/a.php?M0001396Q0036282A200c2
◆どちらかといえばつまらなかった
http://clickenquete.com/a/a.php?M0001396Q0036282A38279
◆つまらなかった
http://clickenquete.com/a/a.php?M0001396Q0036282A47e31

○結果を見る
http://clickenquete.com/a/r.php?Q0036282C7ca3
○コメントボード
http://clickenquete.com/a/cb.php?Q0036282P00C8565

締切:2012年08月19日18時00分
協力:クリックアンケート http://clickenquete.com/

□前回の結果

とても面白かった (92票) 88%
面白かった (8票) 8%
どちらかといえばつまらなかった (1票) 1%
つまらなかった (3票) 3%

————————————————————-
■兵頭二十八さんの問題意識

<わが国の軍事図書情報の総合環境を、すこしでも改善するために、
広く皆様のお知恵をあつめたいものと念じております。>
(兵頭二十八さん)

アイデアあります?
————————————————————-

■必読メルマガ紹介
———————————————————————–
荒木肇さんのメルマガです。
詳しくは⇒ http://www.melma.com/backnumber_174026/
———————————————————————–
北野幸伯さんのメルマガです。
詳しくは⇒ http://www.mag2.com/m/0000012950.html
———————————————————————–
斎藤吉久さんのメルマガです。
詳しくは⇒ http://www.melma.com/backnumber_170937/
———————————————————————–
OJINさんのメルマガです。
詳しくは⇒ http://www.mag2.com/m/0000074019.html
———————————————————————–

————————-
***いかがでしたか?***

気に入っていただけましたか?無料再配信で知識をシェアしましょう!

購読者の皆様、発行者・編集者・ブロガー・ウェブマスターの方々へ:
本メルマガ内の記事の再配信は無償です。ただし、記事やブログ投稿は、
変更加工せずそのままお使いください。また、コンテンツ使用にあたっては、
出所明記とオリジナル記事へのリンクが義務付けられます。

この情報は、おきらく軍事研究会が発行するメールマガジン「軍事情報」が
提供しました。
お問い合わせと無料購読のご登録は、下記のURLにお願いします。
http://okigunnji.com/index2.html

————————-
***その他お知らせ***

弊マガジンへのご意見、投稿は、投稿者氏名等の個人情報を伏せたうえで、
メルマガ誌上及びメールマガジン「軍事情報」が主催運営するインターネット
上のサービス(携帯サイトを含む)で紹介させて頂くことがございます。
あらかじめご了承ください。

記事の著作権は大礒正美に、記事以外のすべての著作権はメールマガ
ジン「軍事情報」発行人に帰属します。

最後まで読んでくださったあなたに、心から感謝しています。
マガジン作りにご協力いただいた各位に、心から感謝しています。
そして、メルマガを作る機会を与えてくれた祖国に、心から感謝しています。

————————-
発行:おきらく軍事研究会(代表・エンリケ航海王子)
著者:大礒正美
http://okigunnji.com/
okirakumagmag@gmail.com

このエントリーをはてなブックマークに追加
[`yahoo` not found]
[`yahoo_users` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`newsing` not found]
[`google_buzz` not found]
GREE にシェア
email this


【日本最大級】楽天トラベル


軍事情報へのお問い合わせはこちらまで


メルマガ「軍事情報」 登録(無料)はこちら↓でどうぞ

メルマガ購読・解除
 


米国軍隊、警察、特殊部隊、米国政府機関で正式に採用されている科学的護身術~コンバット・ファイティング


sponsored link

down

コメントする




CAPTCHA


その他

英霊来世

メルマガ購読・解除

 



「日の丸父さん」(1)
「日の丸父さん」(2)

▼脚気の惨害に帝国陸海軍はいかに対処したか?▼

▼机上論ではない、安保政策の理想的な教科書▼

▼精緻な銃器豆知識▼

▼最高の孫子解説書▼

▼三十六計で読み解くシナの戦略▼

▼自衛隊によるオリンピック支援の実際

▼水面下の戦争に勝つ▼

▼キーワードは「換骨奪胎」と「地政学教本」

▼インテリジェンスの教科書

▼明治以降の通説を覆した日露戦争陸戦史▼

▼再終末期の帝国陸軍の苦悩がわかる名著▼

▼防衛産業のすべてがわかる傑作▼

▼近現代日本の軍事史がつかめる貴重な一冊▼

▼国史の新常識▼

▼大楠公のエキスを吸収できる本▼

メルマガ登録

アーカイブ

あわせて読みたい

あわせて読みたい

人気の検索キーワード

sponsored link

メルマガ購読・解除
軍事情報
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ


「日の丸父さん」(1~12話)
高速バスの予約 icon
■黒の経典SCS■歴史上の支配者が使っている女をものにする卑劣な方法とは?・・