メールマガジン「軍事情報」のホームページ

創刊2000年10月のメールマガジン「軍事情報」です。

東京・横須賀方面への観光でおススメの軍事関連スポット

time 2012/08/13

海軍料亭 小松

東京・横須賀方面への観光をお考えの方に、おススメスポットを紹介します。

<横須賀>

海軍料亭小松

横須賀の料亭小松は海軍料亭として有名です。私は行った事はありません。
建物が古いのでそういつまでも営業しないのではと思います、私も近いうちに行ってみようと思います。
詳細は以下をご覧ください。
東郷元帥、米内首相を始め海軍重鎮の書も見せてもらえるそうですし、色々な展示物があるそうです。

海軍料亭小松
ttp://www5f.biglobe.ne.jp/~ryoutei-komatsu/
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%8F%E6%9D%BE_(%E6%96%99%E4%BA%AD)

井上成美大将の居宅も長井と言う場所にあり、その一部を利用して記念館があったのですが、昨年の地震の被害にあい閉館となりました、残念な事です。

(はるこさん)

JR横須賀駅ホーム
JR横須賀駅ホームからも自衛隊の船が見えます。
京浜急行横須賀中央は陸側に入るのですが、JRの横須賀駅は港のすぐ前です。鎌倉に行く時または藤沢方面に行く時など、横須賀まで行き船を見てそのまま上りの横須賀線で東京に帰ればお手軽です。

どなたかのブログ、御参考に。
http://blogs.yahoo.co.jp/tobumonoaiai/6766368.html

(はるこさん)

観音崎公園
観音崎公園も日清、日露、太平洋戦争では要塞地帯で、防空壕やトンネルや、砲台跡などがあります。
ハイキングでも楽しいです。灯台からの眺めもきれい。
でも少し違う空気の流れている場所です。
(はるこさん、T・Kさん)

YOKOSUKA軍港めぐり
http://www.sarusima.com/naval-port/index.html
(ITさん、Uさん)
「軍港ツアー、面白いですよ。」(はるこさん)

記念艦「三笠」
http://www.cocoyoko.net/history/h100000110.html
(Uさん)

「戦艦三笠も大好きで何度か行っています、その度に感動です。」(はるこさん)

鷹取山
横須賀港等を間近で見るのではなく、鷹取山の頂上から見る事を薦めます。
横須賀線 東逗子沼間2丁目から、登山出来ます。
途中古刹を見ながらハイキング気分で登れます。
戦前は、防諜上の理由から登山禁止でした。
軍港を裏から見る事が出来ます。
倍率の高い双眼鏡を持っていくことを薦めます。
(ITさん)

<葉山>

葉山の披露山公園の砲台跡

こんなサイトを見つけました。

http://www.geocities.jp/tcdnh830/sub/index.html

在りし日の軍事関連施設、いろいろとあるものですね。
見ていて自分でも行ってみたくなりました。

(T・Kさん)

<東京>

聖徳記念絵画館
http://www.meijijingugaien.jp/art-culture/seitoku-gallery/

東京関連でしたら、戦史関連の絵画が鑑賞できる「聖徳記念絵画館」はいかがでしょうか?歴史の教科書に掲載されているような、お馴染みの絵が詳細な解説付きで展示されています。それから明治天皇の愛馬の剥製と骨格標本も展示されています。

(予備役空軍大尉さん)

龍土軒
麻布に「龍土軒」という明治時代からかなり有名なレストランがあり、2・26事件の青年将校達が謀議を重ねたところとして有名でした。事件当時は1聯隊と3聯隊の間にお店があったようですが、今は「星条旗新聞社」の前の方に移っています。
http://www.dentan.jp/aoyama/aoyama09.html
http://e-food.jp/roppongi_blog/archives/2006/03/_ryudoken.html

三十年ほど前には2・26事件の関連資料の展示なども店内にあったように記憶しています。現在のお店関連のホーム・ページを見てもこのことに触れていないようなので、それらの資料が今も拝見できるのかどうかは分かりません。なお、「龍土軒」の「土」は点の付いている「玉」の横一の少ない字です。

山の上ホテルなど
2・26事件がらみで言えば、反乱軍が占拠した、御茶ノ水の”山の上ホテル、” 遺族会が放棄し、今後どうなるか分からない、九段の旧軍人会館”九段会館”は戒厳司令部が設置されていました。連休中は、あの辺はほとんど人出がありません。竹橋の国立近代美術館”工芸館’は、旧近衛師団司令部です。

(ITさん)

歩兵第一聯隊関連記念碑
歩兵第一聯隊の記念碑は、陸自練馬駐屯地(第一師団)の営門近くに「明治二十七八年戦役記念碑」と「六勇士の碑」(昭和初期東富士演習場で演習中に日射病で殉職した兵士の碑、もと駒門駐屯地近くにあったもの)があります。また、歩兵第一聯隊軍旗の残片は靖団神社の遊就館に展示されています。

歩兵第三聯隊関連記念碑
六本木七丁目の青山公園に「麻布台懐古碑]が歩兵第三聯隊及び近衛歩兵第五聯隊の記念として残されています。なお第三聯隊が終戦を迎えた宮古島には聯隊の記念碑が建立されています。

このエントリーをはてなブックマークに追加
[`yahoo` not found]
[`yahoo_users` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`newsing` not found]
[`google_buzz` not found]
GREE にシェア
email this


【日本最大級】楽天トラベル


軍事情報へのお問い合わせはこちらまで


メルマガ「軍事情報」 登録(無料)はこちら↓でどうぞ

メルマガ購読・解除
 


米国軍隊、警察、特殊部隊、米国政府機関で正式に採用されている科学的護身術~コンバット・ファイティング


sponsored link

down

コメントする




CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

その他

英霊来世

メルマガ購読・解除

 



「日の丸父さん」(1)
「日の丸父さん」(2)

▼脚気の惨害に帝国陸海軍はいかに対処したか?▼

▼机上論ではない、安保政策の理想的な教科書▼

▼精緻な銃器豆知識▼

▼最高の孫子解説書▼

▼三十六計で読み解くシナの戦略▼

▼自衛隊によるオリンピック支援の実際

▼水面下の戦争に勝つ▼

▼キーワードは「換骨奪胎」と「地政学教本」

▼インテリジェンスの教科書

▼明治以降の通説を覆した日露戦争陸戦史▼

▼再終末期の帝国陸軍の苦悩がわかる名著▼

▼防衛産業のすべてがわかる傑作▼

▼近現代日本の軍事史がつかめる貴重な一冊▼

▼国史の新常識▼

▼大楠公のエキスを吸収できる本▼

メルマガ登録

アーカイブ

あわせて読みたい

あわせて読みたい

人気の検索キーワード

最近検索されたキーワード

sponsored link

メルマガ購読・解除
軍事情報
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ


「日の丸父さん」(1~12話)
高速バスの予約 icon
■黒の経典SCS■歴史上の支配者が使っている女をものにする卑劣な方法とは?・・