*

W杯から何を学ぶか

公開日: : 最終更新日:2014/06/06 未分類 , , ,

Buenos dias. 米田です!
今年開催されたサッカーのW杯では、あなたは、何かの教訓を汲み取ったり、凡そ戦い
や勝負事に関して思考を巡らせることがあったかなかったか・・・あったら具体的
(何月何日のどこのチームとどこのチームとの対戦、得点、ゴールの様態、監督の采
配、選手のプレーなどなど・・・)に箇条書きにして見ましょう!
また、なかったら・・・今一度、考えてみることをお勧めします。
ただ・・・漠然とは難しいので、日本チームの奮闘について例を取ると面白いと思い
ます。


あなたは、今回の日本対パラグアイ戦を見ていて・・・日本チームが最後まで互角で
あり、緊張した試合が続き、そして、PK戦での決着となりました。が、ここから何か
を感じましたか?
それは・・・「勝敗は、時の運」というものです。
戦略の問題ではなかったのではないでしょうか?
また、組織の間にある「縁」に続く「相性」というものもあります。
戦略や戦術、情報(インテリジェンス)、地政学など・・・全ては事実から・・・
そして人間が頭を使って考える「ロジカル」なものです。
しかし・・・運や縁や相性とは・・・人の思考の外のものであり、論理の反対にある
もので、およそ戦いというものの根底に潜む「非ロジカル」なものの代表とも言え
ましょう。
何故なら、勝敗を決する要素となっていることは否定できないからです!
この「非ロジカル」なところは、如何なる人為的教育(士官学校や軍の各種学校)
でもあまたの研究機関でもそもそも教えることが可能となっていて、また、受講生に
してもきちんと体得できるものかどうか・・・
まさに個人の努力、素質はもとより、運、縁、相性に恵まれなければ大成することは
ないことでもありましょう。
「おもへども ひとのわざには かぎりあり ちからをそへよ あめつちのかみ」
とは、軍学者の吉田松陰先生のお言葉であり、戦略や情報を乗り越えたところに何が
あるのか・・・まさに、「俺は貴様を殺す以上のことができる」という次元となって
います。
ここらへんで、今一度、あなたに考えることをお勧めします。何故なら、過去の名将
やら政治家やらの事績を追跡して分析し論述することは、本当は、頭の良し悪しは
別にして時間をかければ誰でも可能です。が、その事績に流れる主役たちの思想と実践
を現実にすることは不可能・・・であるからです。
古今東西の戦史や政治史を縦軸として・・・それに名将、凡将、愚将・・・名君、暗君
とその参謀や臣(おみ)クラスなどを横軸として・・・運とか縁とか相性とかを見な
おしてみると何が分かるのでしょうか?
これぞ、あなたは個人レベルでは、”家庭”をはじめ、各種の組織やら結社やら、
団体やら、法人やら・・・などの根底に流れているものでありましょう。
そして、この言葉にならないところを学び活かすのが「兵法」なのです!
この「兵法」の教育研究機関・・・それが孫子塾なのです!
孫子塾で「俺は貴様を殺す以上のことができる」次元に到達するまで学びませんか?
男も女も関係ありませんよ!
オンライン通信講座 http://sonshi.jp/sub10.html を是非クリックしてください!
これぞ、運、縁、相性を体感、体験する第一歩であり、人を学ぶ第一歩でありま
しょう!

このエントリーをはてなブックマークに追加
[`yahoo` not found]
[`yahoo_users` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`newsing` not found]
[`google_buzz` not found]
GREE にシェア
email this


【日本最大級】楽天トラベル


軍事情報へのお問い合わせはこちらまで


メルマガ「軍事情報」 登録(無料)はこちら↓でどうぞ

メルマガ購読・解除
 


米国軍隊、警察、特殊部隊、米国政府機関で正式に採用されている科学的護身術~コンバット・ファイティング


メルマガ購読・解除




 



「日の丸父さん」(1)


「日の丸父さん」(2)

関連記事

no image

戦略の素

Buenos dias. 米田です! 賛否両論はあるけれども、パパッと一振りすると急に味が旨くなる"

記事を読む

no image

平成26年度以降に係る防衛計画の大綱について(131217 防衛省)

「幅広い後方支援能力の確立」「欧州との協力強化」「知的基盤強化」が目についた → 平成26年度以降に

記事を読む

no image

スペイン国国王及び同王妃殿下の京都ご訪問

先ずは、報告からです。去る11月13日に京都外国語大学をスペイン国国王及び 同王妃殿下がご訪問されま

記事を読む

no image

グラシアン基金

みなさんは、サミュエル・ハンチントンの『文明の衝突』のように、 アングロ・サクソン系、スラブ系、イス

記事を読む

東北方面隊震災対処訓練「みちのくALERT」の先見性

2008年に書かれた次の記事を久しぶりに読んだ。 <東北方面総監宗像陸将は今年4月、三陸沿岸地

記事を読む

no image

【2013/1/12開催】伊藤祐靖先生独演会 『尖閣上陸そして我が国への想い』

軍事情報 読者の皆様 いつもお世話になっております。  士気の集いの千田で御座います。

記事を読む

no image

「遊」の精神

Buenos dias. 米田です! 今回の配信で本講座は、早くも2周年を迎えることになりました。内

記事を読む

no image

奈須田敬先生のご冥福を心よりお祈りいたします

並木書房会長の奈須田敬先生が、7月28日逝去されました。 享年92歳でした。 メルマガでも時

記事を読む

no image

支那空母にナンバー付与?

フランス国際放送によれば、大連港に所在する支那軍保有の空母「ワリャーグ」甲板部に、「16」という数字

記事を読む

no image

石川明人さんの新刊「戦争は人間的な営みである」

こんにちは。エンリケです。 人間の内面から戦争をとらえた戦争論。 他人と軍事

記事を読む

メルマガ購読・解除




 



「日の丸父さん」(1)


「日の丸父さん」(2)

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

メルマガ購読・解除




 



「日の丸父さん」(1)


「日の丸父さん」(2)

メルマガ「軍事情報」の登録はこちらで(無料)

メールマガジン「軍事情報」は二〇〇〇年十月に創刊されました。軍事カテゴ

時系列【180809現在】尖閣周辺海域等における中共公船・海空軍の動きなど

170101 接水。4隻。1隻に機関砲。 170102 接水。8隻。

1/72 ロッキード マーチン F-35A ライトニングII

a8adscript('body').showAd({"req": {

帝国海軍駆逐艦「雪風」

a8adscript('body').showAd({"req": {

10式戦車

a8adscript('body').showAd({"req": {

市川文一『猫でもわかる防衛論』

ふざけた題名ですが、舐めてかかると痛い目に合います。 この本は、

→もっと見る

  • あわせて読みたい
PAGE TOP ↑