*

田母神俊雄全一巻 月刊『WiLL』 09年8月号 増刊

公開日: : 最終更新日:2014/06/06 国際情勢, 安保・戦略, 歴史 , ,


月刊『WiLL』 09年8月号 増刊
『田母神俊雄 全一巻』
出版社:ワック
発行日:2009/7/9
http://tinyurl.com/knc6df
読者プレゼントの当選者のお1人、Tさまから


『田母神俊雄 全一巻』をお読みになっての感想をいただきました。ご紹介します。
■痛快・田母神伝説を本当に堪能しました! (Tさま)
田母神閣下のご著書は何冊もすでに読ませていただいております。
また、『WiLL』なども閣下の特集をしているものは、必ず読んでいます。
今回の『田母神俊雄 全一巻』については、はじめて読んだものを中心に感想を述べさせていただきたいと思います。
まず、表紙の閣下が素敵です。威厳があり、りりしく、なんと男前なのでしょう。
同じく、初公開の写真でいえば、「田母神俊雄 青春グラフィティー」に魅了されました。
幼いころから、だんだん、男らしく成長される閣下の若き日々には、あらためて、閣下に惚れ直す思いです。
そして、何がいいと言って、奥様の手記が絶品です。
閣下に優るとも劣らない、ユーモア精神、おっとりとした中に、閣下一筋の愛を貫いた奥様にも、敬礼です。
閣下は今後の日本にとって大切な人ですので、なかなかこれからもご自宅でゆっくりご夫婦で過ごすことは叶わないかもしれませんが、なんといっても閣下の精神的な支えを一番に担っていらっしゃるのが、奥様です。
これからも閣下をよろしくお願いいたします。
さらに、閣下を知る人の手記が続きますが、皆様が一様に、閣下の真面目さと行動力とブレのなさをほめたたえていらっしゃいます。
もちろん、人を楽しませるサービス精神は、今に始まったことではなく、勉強もスポーツも、そして何事も一生懸命、小学生のころから、一目置かれる存在で、皆に愛される人気者であったことは、まさに、現在そのままの閣下のお姿です。
純朴な福島の少年が、自衛隊に入隊し、その能力はもちろん、持前の明るさとリーダーシップで頭角を現し、トップまで昇りつめたことは、閣下の生い立ちを振り返れば、当然の結果だったと認識する思いです。
閣下のご著書やあるいは対談を読んでいると、閣下の真に日本国を思う気持ちが伝わりますが、これほどまっすぐに毅然と堂々と他国と渡り合い、また、部下を思いやる上司としての責任感のある方が、今、この日本という国にあって自衛隊という組織のトップにいてくださったことに、心からの感動を覚えます。
閣下の素晴らしさが際立つのは、この日本に、閣下のような日本男児があまりに消え失せてしまっていることが大きいでしょう。
政治家を見たらわかるでしょう。右を見ても左を見ても、どこに軸を置いているのかわからないような国籍不在の議員ばかり。
日本の国益を第一に考えないのなら、さっさと国会議員を辞めていただきたい。
閣下のおっしゃるように、自民党も「田母神党」と「村山党」に分かれれば、わかりやすくていいですね。
まともな国民にとって今一番の不幸は、投票すべき政党の不在です。
自民党も困ったものですが、民主党は尚のこと日本の方を向いていない。
そんな民主党のような政党が、明日の日本を背負うなど、悪夢としか言いようがありません。
閣下は今現在は政治家への道はお考えではないとのことですが、閣下にこそ、この日本を立て直してほしい、そう思っている日本国民は多いのではないかと思います。
マスコミが著しく偏向しているので、潰されてしまうのでしょうか。
日本をまともにするには、一体どこから手をつけたらいいのか、私など絶望的な気持ちになりますが、どうか、閣下のリーダーシップで、なんとか日本の再生のためにお力尽くしいただきたいと心から願うものであります。
感想というより、次第に、願望になってしまいましたが、この『田母神俊雄 全一巻』はまさに痛快・田母神伝説というべき、一冊まるごと、閣下のすべてと閣下の日本への愛に満ち満ちています。
本当に堪能させていただきました。心より御礼申し上げます。
ありがとうございました。
(Tさま)
本日ご紹介したのは、
月刊『WiLL』 09年8月号 増刊
『田母神俊雄 全一巻』
出版社:ワック
発行日:2009/7/9
http://tinyurl.com/knc6df
でした
次回もお楽しみに
————————-
■もくじ
初公開! 語り下ろし田母神俊雄自伝
田母神論文の歴史的意義 中西輝政
東大講演録一挙公開!
田母神現象とは何か 山際澄夫
田母神俊雄前空幕長独占手記
直筆! 田母神俊雄の履歴書
両親へ 感動の手紙丸ごと公開
4大対談 田母神俊雄VS
小林よしのり 憲法に書かずに文民統制もへったくれもない
石原慎太郎 自分の国を守れる体制を
中條高徳 軍人は戦争をしたくない
さかもと未明 反日史観を学校で教えないでくれ
秘蔵 グラビア青春グラフィティ
田母神ジョーク傑作選
百地章 朝日新聞のダブルスタンダード
潮匡人 防衛音痴のアホ、バカ文化人・言論人
諏訪澄 三島事件と田母神論文
石平 毛沢東の言論弾圧と同じだ
田母神さんについて教えてください!
妻・恩師・友人が語る
「村山談話」は「外務省談話」だ 渡部昇一
「村山談話」を更迭せよ! 西村眞悟
誰もわかっていない「文民統制」 櫻井よしこ
何に怯えて「正論」を封じたか 西尾幹二
陰謀史観のトリックを暴く 秦郁彦
西尾幹二VS秦郁彦
田母神現象と「昭和史」論争
論文「日本は戦略国家であったのか」
田母神著書全リスト
編集部から、編集長から
—————————–
本日ご紹介したのは、
月刊『WiLL』 09年8月号 増刊
『田母神俊雄 全一巻』
出版社:ワック
発行日:2009/7/9
http://tinyurl.com/knc6df
でした

このエントリーをはてなブックマークに追加
[`yahoo` not found]
[`yahoo_users` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`newsing` not found]
[`google_buzz` not found]
GREE にシェア
email this


【日本最大級】楽天トラベル


軍事情報へのお問い合わせはこちらまで


メルマガ「軍事情報」 登録(無料)はこちら↓でどうぞ

メルマガ購読・解除
 


米国軍隊、警察、特殊部隊、米国政府機関で正式に採用されている科学的護身術~コンバット・ファイティング


メルマガ購読・解除




 



「日の丸父さん」(1)


「日の丸父さん」(2)

関連記事

no image

知ってましたか?大東亞戦争は昭和50年4月30日に終結したことを・・・

先の大戦での「アジア各地における状況」を比較分析するなかで、大東亜戦争とはいったい何だっ

記事を読む

no image

陸軍分列行進曲

陸自の観閲式や各種式典でも耳にする名行進曲です。

記事を読む

no image

【CSISレポート】米は日韓の領土対立調停にかかわれ

・いずれも米の同盟国である日韓の領土をめぐる対立は、米の戦略的利益をむしばむ恐れがある ・米は両国

記事を読む

no image

中共の手になる反人道行動

記事を読む

no image

破壊措置準備命令発令

森本防衛大臣は121201、北鮮のミサイル発射予告に対し、弾道ミサイル等に対する破壊措置等の準備に関

記事を読む

no image

中国、海洋監視衛星8基打ち上げへ…尖閣に睨み

http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20120907-OYT1T

記事を読む

【3月10日配信】北朝鮮ミサイル発射「4発同時」の意味は?「テロ支援国家」指定されるとどうなる!? 伊藤俊幸元海将【チャンネルくらら】

記事を読む

CTF151司令官

CTF151の上位部隊となる連合海上部隊はバーレーンに司令部を置き、指揮官は米第5艦隊司令官が兼務し

記事を読む

no image

平成25年版 防衛白書

平成25年版 防衛白書は、ネット上でも読めます。 PDF版もありますが、読むだけならこちらで十分で

記事を読む

no image

逆説・北朝鮮に学ぼう ヘタレの日本に明日はない

この本は「北朝鮮に学ぼう」というショッキングなタイトルを見て、あなたはどう思われるでしょうか?

記事を読む

メルマガ購読・解除




 



「日の丸父さん」(1)


「日の丸父さん」(2)

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

メルマガ購読・解除




 



「日の丸父さん」(1)


「日の丸父さん」(2)

メルマガ「軍事情報」の登録はこちらで(無料)

メールマガジン「軍事情報」は二〇〇〇年十月に創刊されました。軍事カテゴ

時系列【180809現在】尖閣周辺海域等における中共公船・海空軍の動きなど

170101 接水。4隻。1隻に機関砲。 170102 接水。8隻。

1/72 ロッキード マーチン F-35A ライトニングII

a8adscript('body').showAd({"req": {

帝国海軍駆逐艦「雪風」

a8adscript('body').showAd({"req": {

10式戦車

a8adscript('body').showAd({"req": {

市川文一『猫でもわかる防衛論』

ふざけた題名ですが、舐めてかかると痛い目に合います。 この本は、

→もっと見る

  • あわせて読みたい
PAGE TOP ↑