メールマガジン「軍事情報」のホームページ

創刊2000年10月のメールマガジン「軍事情報」です。

「そうりゅう」 ついに! でも・・・

time 2007/12/19

「そうりゅう」の記事(*)を拝見しました。
「とうとう来たか!」の感慨があります。


我々の若い頃、潜水艦の名前について「将来、原子力潜水艦を保有するときまで『りゅう』の付く名前を残している」と聞いていました。
原潜には未だに手が届きませんが、新型潜水艦で AIP(大気を必要としない推進動力)を装備するので、水中性能向上への大きな期待を込めて「そうりゅう」と命名したことを強く感じます。
でも・・・・・・・・・・AIP潜水艦も所詮は在来型の電池潜水艦です。
電池潜水艦の長所もいろいろありますが、原子力潜水艦との間には「ヘリコプターとジェット機」ほどの違いがあります。
あるいは「弓矢と小銃」と言い換えても良いかも知れません。
原子力潜水艦はいわゆる核兵器ではありません。
一日も早く核動力を搭載した「飛龍」や「咬龍」が見たいものですね。
以上、ヨーソロの管見でした。
(ヨーソロ)
(*)071211配信 「軍事情報」第325号(自衛隊ニュース)の記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
[`yahoo` not found]
[`yahoo_users` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`newsing` not found]
[`google_buzz` not found]
GREE にシェア
email this


【日本最大級】楽天トラベル


軍事情報へのお問い合わせはこちらまで


メルマガ「軍事情報」 登録(無料)はこちら↓でどうぞ

メルマガ購読・解除
 


米国軍隊、警察、特殊部隊、米国政府機関で正式に採用されている科学的護身術~コンバット・ファイティング


sponsored link

down

コメントする




CAPTCHA


その他

英霊来世

メルマガ購読・解除

 



「日の丸父さん」(1~12話)

▼机上論ではない、安保政策の理想的な教科書▼

▼精緻な銃器豆知識▼

▼最高の孫子解説書▼

▼三十六計で読み解くシナの戦略▼

▼自衛隊によるオリンピック支援の実際

▼水面下の戦争に勝つ▼

▼キーワードは「換骨奪胎」と「地政学教本」

▼インテリジェンスの教科書

▼明治以降の通説を覆した日露戦争陸戦史▼

▼再終末期の帝国陸軍の苦悩がわかる名著▼

▼防衛産業のすべてがわかる傑作▼

▼近現代日本の軍事史がつかめる貴重な一冊▼

▼国史の新常識▼

▼大楠公のエキスを吸収できる本▼

メルマガ登録

アーカイブ

あわせて読みたい

あわせて読みたい

人気の検索キーワード

最近検索されたキーワード

sponsored link

メルマガ購読・解除
軍事情報
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ


「日の丸父さん」(1~12話)
高速バスの予約 icon
■黒の経典SCS■歴史上の支配者が使っている女をものにする卑劣な方法とは?・・