メールマガジン「軍事情報」のホームページ

創刊2000年10月のメールマガジン「軍事情報」です。

飯田 たけし:海軍特別救助隊 ー 戦艦「陸奥」救済作戦 ー

time 2010/02/22


『海軍特別救助隊 ー 戦艦「陸奥」救済作戦 ー 』
著者:飯田 たけし
発行:元就出版社
発行日:2010/2
http://tinyurl.com/ybegwpz


————————————————————–
1.登場する艦艇等
————————————————————–
12m内火艇、軽巡洋艦「神通」、航空母艦「隼鷹」、零式艦上戦闘機、
「陽炎」型駆逐艦
————————————————————–
2.あらすじ
————————————————————–
第一章 「陸奥」後部甲板
記念メダルが縁となり、
主人公が夢の中で、地獄界の戦艦「陸奥」に来てしまう。
二人の迷った魂。
第三砲塔長と、魔に魅入られた甲板士官が出現する。
生命の危機が訪れる。
「海軍特別救助隊」が危機一髪で助けてくれる。
地獄界で爆発を繰り返している「陸奥」。
彼らが来た目的は、下甲板の兵員を救助すること。
主人公を放置できず、
救助隊は、艦内突入に帯同させる。
第二章 兵員室
下甲板の兵員室に突入。
抜刀した4名が結界を張り、
火薬庫の爆発から守る。
供養の光が、要救助者の所へ。
主人公が闇を一刀両断。
内火艇に拾われて、「次元の門」へ。
途中、炎上する「神通」のインターセプト
第三章 空母「隼鷹」
「次元の門」を通過、空母「隼鷹」へ。
要救助者を医療系団に引渡す。
上部格納庫を改造した病院船機能。
主人公が、地上に「転勤」していた隊員だと判明。
やがて命令書がファックスされる。
「陸奥」甲板士官と第三砲塔長の救助が命じられ、
主人公も同行を求められる
第四章 救助隊出動
連絡士官として零戦で飛来する飛行士官。
戦後も長く生きて、最近交通事故で帰天したばかり。
「隼鷹」艦内の様子と、
新作戦のブリーフィング。
救難隊とともに再度「陸奥」へ。
第五章 「陸奥」後甲板の決戦
第三砲塔の後部、飛行甲板で砲塔長と語りこむ主人公。
砲塔長、状況を理解、離艦を決断。
甲板士官を「五芒星」の結界で動きを止め、
主人公の一撃で魔を退散させる。
最後は愛で諭す。
第六章 燃ゆる「神通」
救済成功したところに、「神通」が出現し砲撃。
零戦隊の阻止攻撃で「神通」の魔が消滅。
司令官が駆逐艦「雪風」で登場。「神通」救済。
夢から覚めると自室の寝台の上にいる。
「陸奥」のメダルがポケットに。
その後、見た夢で、
分遣隊の隊長から、予備役士官の充員召集礼状を受け取る。
友人の土産の「一式陸攻」のエンジンのかけら。
「次は中攻隊か・・・」   
————————————————————–
3.出版意図
————————————————————–
太平洋戦争の旧日本軍の青年たちをバーチャル(スピリッチャル)空間で
描き、読み物としても面白く、かつ、現代の自己中心的な生き方、考え方に
一石を投じたい。
————————————————————–
4.著者プロファイル
————————————————————–
飯田 たけし(いいだ たけし)
1959年7月 品川で生まれる
1972年    ボーイスカウト入団
1974年7月 第6回日本ジャンボリーにスカウトとして参加
1978年3月 埼玉県立春日部高等学校卒業
1978年4月 ボーイスカウト隊 副長
1978年7月 第8回に本ジャンボリーに編成隊として参加
1979年4月 ボーイスカウト隊 隊長
1982年3月 東京都立大学経済学部卒業
1982年7月 第9回日本ジャンボリーに編成隊長として参加
1986年4月 天皇在位60周年記念式典にスカウトを引率して参加
現在、
有限会社飯田商会 代表取締役(自動車整備・販売)
http://www.iidasyoukai.com/
NPO法人 越谷SOHOまちづくり協議会 副理事長
ボーイスカウト越谷第一団 団委員(教育担当)
メルマガ 「自動車整備の本当の話」発刊中
⇒ http://blog.mag2.com/m/log/0000165980
ブログ http://plaza.rakuten.co.jp/dai2suitaisentai/
経歴より組織論、軍事関係に造詣が深い。数千冊の蔵書の中で、軍事関連の
書籍は、500冊は越えており、広範な資料の渉猟と大胆な結論で論評をす
る。
その他の軍事史的な歴史的事実を踏まえて、歴史の視点から、現代の軍事外交
を照射した投書などで5大紙を中心として、数多く掲載されている。
(趣味)読書 テニス 野外活動 温泉 旅行
新聞投書(年間掲載最高74本)
————————————————————–
「陸奥」爆沈、海の墓標!
————————————————————–
1943年6月8日、柱島沖での最後!
1121名の英霊たちを救助隊はどのように救済したのか?
勇者は黙して語らずー海の藻屑として消え去った日本軍将兵たちの気概を
伝え、いまだ地獄の最深部に呻吟する英霊たちに救いの手を差し伸べる
スピリッチャルロマン。
————————————————————–
【著者の言葉】
————————————————————–
戦後の日本は、商人国家に堕したと言われています。国家の気概を失くし、
ビジネスだけに血道を上げるその姿は、エコノミックアニマルだと揶揄され
ても、仕方のない存在かもしれません。その商人国家と対極にある存在こそ
が、本書で描きたかった旧日本海軍の将兵たちの姿なのだと思うのです。
(「まえがき」より)
全国主要書店へ重点配本予定。
Amazonはこちら↓です。
http://tinyurl.com/ybegwpz
今回ご紹介したのは、
『海軍特別救助隊 ー 戦艦「陸奥」救済作戦 ー 』
著者:飯田 たけし
発行:元就出版社
発行日:2010/2
http://tinyurl.com/ybegwpz
でした

このエントリーをはてなブックマークに追加
[`yahoo` not found]
[`yahoo_users` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`newsing` not found]
[`google_buzz` not found]
GREE にシェア
email this


【日本最大級】楽天トラベル


軍事情報へのお問い合わせはこちらまで


メルマガ「軍事情報」 登録(無料)はこちら↓でどうぞ

メルマガ購読・解除
 


米国軍隊、警察、特殊部隊、米国政府機関で正式に採用されている科学的護身術~コンバット・ファイティング


sponsored link

down

コメントする




CAPTCHA


その他

英霊来世

メルマガ購読・解除

 



「日の丸父さん」(1~12話)

▼脚気の惨害に帝国陸海軍はいかに対処したか?▼

▼机上論ではない、安保政策の理想的な教科書▼

▼精緻な銃器豆知識▼

▼最高の孫子解説書▼

▼三十六計で読み解くシナの戦略▼

▼自衛隊によるオリンピック支援の実際

▼水面下の戦争に勝つ▼

▼キーワードは「換骨奪胎」と「地政学教本」

▼インテリジェンスの教科書

▼明治以降の通説を覆した日露戦争陸戦史▼

▼再終末期の帝国陸軍の苦悩がわかる名著▼

▼防衛産業のすべてがわかる傑作▼

▼近現代日本の軍事史がつかめる貴重な一冊▼

▼国史の新常識▼

▼大楠公のエキスを吸収できる本▼

メルマガ登録

アーカイブ

あわせて読みたい

あわせて読みたい

人気の検索キーワード

最近検索されたキーワード

sponsored link

メルマガ購読・解除
軍事情報
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ


「日の丸父さん」(1~12話)
高速バスの予約 icon
■黒の経典SCS■歴史上の支配者が使っている女をものにする卑劣な方法とは?・・