メールマガジン「軍事情報」のホームページ

創刊2000年10月のメールマガジン「軍事情報」です。

太田文雄:同盟国としての米国

time 2010/04/15


『同盟国としての米国』
太田文雄(著)
芙蓉書房出版
2009年10月5日発行
http://tinyurl.com/y49grg6
■本当の専門は


著者の太田さんは海自ご出身で、最後の補職は情報本部長でした。
そのため「インテリジェンスの専門家」というイメージがあります。
しかしこれは的を射た見方ではないようです。
太田さんは本著のまえがきで
<・・・私には、これまで3冊の和書があり、そのいずれも「情報(インテリジェンス)」をテーマとしていることから、インテリジェンスを専門としているかのように思われがちですが、私の博士論文のタイトルは、冷戦後の日米同盟を扱った「同盟の合理性」でした。(以下略)>
と書いていらっしゃいます。
まえがきで書かれている詳細なご履歴を見る限り、太田さんが数十年にわたって継続して内から外から見てこられたのは日米同盟であり、あえて専門をいえば「日米同盟の専門家」が妥当に思えます。
その専門家が、「日米同盟の意味するもの」「米戦略を理解するためのインテリジェンス」を惜しげもなく公開しています。
■米戦略の入門書でもある
本著は、米の戦略を理解できる非常に優れた日本人向け入門書です。
理解に必要な概念や方向性等を、素人でも分かる形で有機的に記した啓蒙の書です。
文章が非常に読みやすいので、つっかかることなく最後まで読み進められます。
特に興味を惹くのは、日米同盟に関わってきた米人の姿が、実際に接した経験から、また対話を通じて描きだされている点です。彼らと直接接してきた太田さんならではの内容といえましょう。私が特に印象に残っているのは、海兵隊のグレグソン将軍のはなしでした。
「己を知り敵を知れば百戦危うからず」という言葉がありますが、わが国内では、米を敵視する人も同盟相手として信頼する人も、いずれも米戦略の何たるかを知るところ浅いと思います。
QDRやシナ観、シンク・タンク、トランスフォーメーション、統合軍といった項目で展開される解説を読み、読了することにはすべてが総合され、米戦略の何たるかがくっきり見えてくるでしょう。
米の世界戦略・安保姿勢はいったいどういうものか?これからどういう方向に向かってゆくのか?何を意図しているのか?日米同盟はなんなのか?が把握でき、米戦略の現状と方向性、わが国の戦略的活き筋も手にとるようにつかめることでしょう。
この理解をわが国益につなげていきたいものです。
先日の大礒さんの短期連載でも書かれていましたが、21世紀の世界政治の中心が米であることに疑問の余地はありません。多極化という言葉の裏にある「弱肉強食社会への突入」という意味合いを把握できないまま、国防安保姿勢の脆弱なわが国が、自国の潜在能力のみをあてにして、同盟維持のレベルでふらふらしているようではだめだと思います。
今こそ、「日米同盟理解」と「米国戦略研究」の内容をもつ本著を紐解く秋ではないでしょうか。本著はあなたにとり、日米同盟を考えるとき常に立ち戻る本になることでしょう。
(エンリケ航海王子)
【もくじ】
はじめに
第1章 日米同盟の歴史
なぜ同盟が必要か?
冷戦後の日米同盟
大陸国との同盟か海洋国家との同盟か
日本の同盟史とその教訓
日米安保協力の変遷
同盟のギヴ・アンド・テイク
第2章 米国にとっての日米同盟の意義
日米同盟は米国から見ても死活的
消え去った「ビンの蓋」論
在日米軍基地の軍事的重要性
日本のソフト・パワー
後方支援と技術協力
第3章 インテリジェンス・コミュニティー
同盟関係の底辺を支えるのはインテリジェンス関係
日本にとって必要な「情報の傘」
米インテリジェンス・コミュニティー
米インテリジェンスの人員・予算規模
情報時代のサイクルは新しい発想が必要
カウンター・インテリジェンス
防衛保全サービス報告書
第4章 国防総省
組織
ゴールドウォーター・ニコルスを越えて
国防総省の組織改革
州兵と予備役の将来及び調達と計画・プログラム・予算・執行システム
『ゴールドウォーター・ニコルスを越えて』の方向性
第5章 シンク・タンクとその役割
何故米国ではシンク・タンクが大きな役割を演じるのか?
シンク・タンクの種類
安全保障関係の重要ポストとシンク・タンクの関係実例
第6章 国家安全保障戦略等
米国の戦略系列
国家安全保障戦略
省庁間協力
『ゴールドウォーター・ニコルスを越えて』Phase4報告書
核戦略
第7章 QDR(4年毎の国防計画の見直し)等
作成の経緯
9.11後の変化
2006年のQDR
QDR2009の予測
クラウゼヴィッツ・モデルよりは孫子・リデルハート・モデル
国家防衛戦略
国家軍事戦略
21世紀のシー・パワーに向けた協調的戦略
第8章 東アジア戦略
アメリカの東アジア戦略の歴史的経緯
冷戦後の東アジア戦略
21世紀に入ってから
東アジア諸国の核と米国の抑止
第9章 中国観(『中国の軍事力』を中心に)
複雑な中国観
『2009年版中国の軍事力』
特に注目に値する点
海南島の海軍基地
米海軍の対応
弾道ミサイルの増勢
中台紛争を越えた軍備拡張
不透明な国防費
第10章 トランスフォーメーションとネットワーク・セントリック・ウォー
フェアー
トランスフォーメーション(変革)
RMA(軍事における革命)
ネットワーク・セントリック・ウォーフェアー
軌道修正
第11章 統合軍
組織
統合進展の時代的背景
9.11後の脅威の変化に伴う方向性
統合(Joint)、他国間協力(Coalition)、省庁間協力(Interagency)
任務部隊の番号付与制度
第12章 日米防衛協力のための指針と在日米軍
日米防衛協力のための指針(ガイドライン)
在日米軍基地の軍事的重要性
有事の際の基地拡張性
在日米軍の再編と日米の一体化
第13章 弾道ミサイル防衛
初の戦略的相互依存
初めて日本が米本土を防衛できる能力を保有
日本の地理的意義の向上
第14章 アーミテージ/ナイ・リポート
2000年報告書と2007年報告書との違い
執筆者たちとの対話から
安全保障面で注目すべき点
第15章 21世紀の日米同盟
日米安保50周年を迎えるに当たって
21世紀を担う士官候補生交流
日米同盟の将来に向けて
あとがき


down

コメントする




CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

その他

英霊来世

メルマガ購読・解除
 

自己紹介

おき軍事

おき軍事

軍事に関する歴史から技術、戦略・指揮統率、こぼれ話、今の自衛隊事情、インテリジェンス、そして軍事英語まで。軍事に関わる全てのことがらをカバーしている日本唯一の無料総合軍事メルマガです。配信はほぼ毎日。 執筆者は、将軍、提督、元米軍士官、軍制史の権威、ベテランライター、インテリジェンスのプロ、防衛問題研究家など。20年の歴史を持つメルマガならではの、他では得られない粒ぞろいの陣容です。 冷戦構造の崩壊を契機に、千年に一度レベルの大激動時代に入った世界でわが国がサバイバルするには、国民レベルで「現代の武」をわきまえておく必要があります。 それに資する情報を無料で伝えています。

作戦司令部の意思決定ー米軍「統合ドクトリン」で勝利するー

日米中激突! 南沙戦争

情報戦と女性スパイーインテリジェンス秘史ー

猫でもわかる防衛論

『日の丸父さん』石原ヒロアキ


「日の丸父さん」(1)
「日の丸父さん」(2)

脚気と軍隊ー陸海軍医団の対立ー

検証 危機の25年ー日本の安全保障を真剣に考えるー

メルマガ登録

ガントリビア99―知られざる銃器と弾薬の秘密―

図解 孫子兵法ー完勝の原理・原則ー

中国戦略”悪”の教科書ー「兵法三十六計」で読み解く対日工作ー

オリンピックと自衛隊 1964-2020

中国が仕掛けるインテリジェンス戦争ー国家戦略に基づく分析ー

「地政学」は殺傷力のある武器である

戦略的インテリジェンス入門ー分析手法の手引きー

新史料による日露戦争陸戦史ー覆される通説ー

大東亜戦争と本土決戦の真実ー日本陸軍はなぜ水際撃滅に帰結したのかー

誰も語らなかった防衛産業

日本人はどのようにして軍隊を作ったのかー安全保障と技術の近代史ー

あなたの習った日本史はもう古い!ー昭和と平成の教科書読み比べー

兵法の天才 楠木正成を読むー河陽兵庫之記 現代語訳ー

インテリジェンス

アーカイブ

あわせて読みたい

あわせて読みたい

人気の検索キーワード

最近検索されたキーワード

カテゴリー

メルマガ購読・解除
軍事情報
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ


「日の丸父さん」(1~12話)
高速バスの予約 icon