*

田母神俊雄 『田母神塾 これが誇りある日本の教科書だ』


私が思うに本著は「祖国を守るための国民用ワクチン兼ねる解毒剤」です。


(エンリケ航海王子)
今回ご紹介した本は
『田母神塾 これが誇りある日本の教科書だ』
著:田母神俊雄
発行元:双葉社
発行:2009/3
http://okigunnji.com/s/tamogamijukuamazon/
でした。
■読者の声
1.「教育の内容低下が今の日本の質実の貧困を招いた。建て直しには基本に立ち戻り、教育の立て直しを!」と常日頃思っている私としては、本当に「我が意を得たり」の思いです。
(Y)
2.早速、通退勤の電車の中で拝読しております。
今更ながらに「村山談話」を無効にしなければならないと実感しました。
先日の産経新聞に、防衛省の関連団体が田母神氏の講演会を行おうとしたところ、上からの圧力で取りやめになったという記事が載っていました。
即座に防衛省に抗議メールをいたしました。
問題は終わってはいませんね。まだまだ様々な形で続くように思います。
これからも、田母神氏を応援したいと思います。
(N)
3.本著を通じ、自分の中に最後まで残っていた違和感がなくなりました。
信じてきたことは間違っていなかった。
そう確信させてくれる内容です。
<「歴史学」と「歴史」は似て非なるもの>とのことばを通じ、新たな力が湧いてきます。
あわせて、「情報戦」への気構え、知的武装を深いレベルでいただけた気がします。
なお、いわゆる「田母神問題」がおきたとき、ある読者の方からもご指摘いただいた「ヴェノナファイル」について記された項は、きわめて重要と思われます。脊髄に染みとおるまで読みぬいていただきたいです。
英語ができる方は、以下URLにある原文にも当たる必要があると考えます。
http://www.nsa.gov/applications/search/index.cfm?q=venona
(エンリケ航海王子)
■目次
真・日本国憲法第9条
田母神談話
塾長薫陶
1時間目 歴史の講座
 世界は腹黒い!「歴史学」と「歴史」は似て非なるものと知れ
 かくして日本は骨抜きにされたーGHQによる日本洗脳化計画
 左翼は戦略的に日本の教育機関に送り込まれた
 人種差別先進国アメリカの暴虐
 日本軍の中国駐留は侵略にあらず!
 中国の国父・孫文を育てた日本人
 「対華21か条の要求」では当たり前の主張しかしていない
 日韓併合で朝鮮が受けた恩恵
 創氏改名は日本の強制ではなかった
 欧米列強の搾取型ではなかった日本の植民地政策
 大東亜戦争の真実(1) 張作霖爆殺事件と盧溝橋事件はコミンテルンの
 自作自演
 大東亜戦争の真実(2) 「南京大虐殺」はデッチ上げである
 大東亜戦争の真実(3) アメリカ国家安全保障局が公開した「ヴェノナ
 ファイル」の衝撃
 大東亜戦争の真実(4) イチャモン同様のハル・ノートはコミンテルン
 のスパイが起草した
 大東亜戦争の真実(5) 日米を回線へと挑発していたルーズベルト大統領
 東京裁判の真実(1) 東京裁判でアメリカの戦争責任を説いた米軍人
 東京裁判の真実(2) 天皇や皇太子の誕生日も自虐史観を植えつけに利用
 憲法改正や教育勅語、国家神道廃止はすべて国際法違反
 世界人権宣言の精神を体現していた戦前の日本
 
2時限目 政治の講座
 村山富市の大罪
 福田赳夫の大罪
 中曽根康弘の大罪
 宮澤喜一の大罪
 小泉純一郎の大罪
 小渕恵三と福田康夫の大罪
 麻生太郎の大罪
 自民党はもはや保守政党とは言えない
 なぜ総理大臣が靖国神社に参拝してはいけないのか
 河野洋平の”二大業績”ー「河野談話」と「遺棄化学兵器撤廃」
 石破茂・元防衛大臣の卑怯な態度
 防衛省・守屋武昌事務次官との熾烈なバトル
 鳩山由紀夫は卑怯者の”無自覚な左翼”
 小沢一郎に日本の総理大臣は務まらない
 官邸と外務省は今こそ本気で情報戦に打って出るべし
 出でよ、タフ・ネゴシエーター
 「専守防衛」では外交交渉にならない
 日教組の左傾化教育が日本の伝統を破壊している
 沖縄反戦地主たちのバカげた嫌がらせ
 教育勅語と修身を現代に復活するべし
 日本で進む「文化大革命」ー”一億総左翼化”と”森永卓郎現象”
 上司は部下に仕事を任せよー田母神流リーダー論
3時限目 国防の講座
 愛国心なくして自衛隊は成り立たない
 「そんなの関係ねぇ」発言の真意とは・・
 領空侵犯機は撃墜し、不審船は粉にして海に沈めるべし
 竹島・尖閣諸島が日本の領土ではなくなる日
 徴兵制よりも愛国心の醸成こそ国防の要
 自衛隊は栄光ある日本軍の末裔である
 自衛隊は不祥事がほとんどない稀有な組織である
 日本のエリートは軍事学を一般教養として学べ
 歪んだ日米同盟ー米軍を守れない自衛隊
 自衛隊をがんじがらめに縛り付けている政府
 石破茂・元防衛大臣が発表した噴飯モノの論文
 「防衛出動=自衛隊の武力行使」が発令されるまで
 専守防衛には「敵地先制攻撃」を含むべきである
 「武器輸出三原則」は国益を毀損している
 究極の抑止力・核兵器で国防と外交を強化せよ
付録 資料集
参考文献及び参考資料
本日ご紹介したのは、
『田母神塾 これが誇りある日本の教科書だ』
著:田母神俊雄
発行元:双葉社
発行:2009/3
http://okigunnji.com/s/zero/
でした。
売り切れの場合は、お近くの書店で発注ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
[`yahoo` not found]
[`yahoo_users` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`newsing` not found]
[`google_buzz` not found]
GREE にシェア
email this


【日本最大級】楽天トラベル


軍事情報へのお問い合わせはこちらまで


メルマガ「軍事情報」 登録(無料)はこちら↓でどうぞ

メルマガ購読・解除
 


米国軍隊、警察、特殊部隊、米国政府機関で正式に採用されている科学的護身術~コンバット・ファイティング


メルマガ購読・解除




 



「日の丸父さん」(1)


「日の丸父さん」(2)

関連記事

全文テキスト付。佐藤正久「 四海波高し このままで良いのか?日本の防衛」

名演説として、すでに伝説入りしています。 平成25年5月6日、さいたま市民会館で開催された「これか

記事を読む

逆・教育勅語

「教育勅語」「軍人勅諭」「御誓文(いわゆる五か条のご誓文)」について 戦後日本では一般的に「危険思

記事を読む

【11月4日配信】桜林美佐の国防ニュース最前線「トランプアジア歴訪で何が起きる?習近平“南シナ海は手中に収めた”」用田和仁元陸将【チャンネルくらら】

ジャーナリスト桜林美佐が迫る自衛隊の実像 自衛官24万人の覚悟を問う

記事を読む

【2月3日配信】桜林美佐の国防ニュース最前線「トランプの外交防衛政策どう見る?マティス新国防長官来日で今後の日米安保体制はどうなる?」用田和人元陸上自衛隊西部方面総監・陸将【チャンネルくらら】

 

記事を読む

no image

久松文雄:まんがで読む 古事記 第2巻

『まんがで読む 古事記 第2巻』 久松文雄(著) 青林堂 平成22年4月16日発行 http:/

記事を読む

CTF151司令官

CTF151の上位部隊となる連合海上部隊はバーレーンに司令部を置き、指揮官は米第5艦隊司令官が兼務し

記事を読む

no image

源田孝 『アメリカ空軍の歴史と戦略』

『アメリカ空軍の歴史と戦略』 源田孝 芙蓉書房出版 2008/8発行 芙蓉書房と戦略研究学会が一般向

記事を読む

【3月17日配信】桜林美佐の国防ニュース最前線「マサチューセッツ州ケンブリッジから渡部悦和元陸将ご出演!トランプ政権の動きと、対北朝鮮・中国政策の最新情報をお伝えします!」【チャンネルくらら】

記事を読む

【2月10日配信】桜林美佐の国防ニュース最前線「憲法改正、加憲で自衛隊は国を守れるのか?」市川文一元陸自武器学校長【チャンネルくらら】

ジャーナリスト桜林美佐が迫る自衛隊の実像 自衛官24万人の覚悟を問う

記事を読む

no image

中共の手になる反人道行動

記事を読む

メルマガ購読・解除




 



「日の丸父さん」(1)


「日の丸父さん」(2)

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

メルマガ購読・解除




 



「日の丸父さん」(1)


「日の丸父さん」(2)

メルマガ「軍事情報」の登録はこちらで(無料)

メールマガジン「軍事情報」は二〇〇〇年十月に創刊されました。軍事カテゴ

時系列【180809現在】尖閣周辺海域等における中共公船・海空軍の動きなど

170101 接水。4隻。1隻に機関砲。 170102 接水。8隻。

1/72 ロッキード マーチン F-35A ライトニングII

a8adscript('body').showAd({"req": {

帝国海軍駆逐艦「雪風」

a8adscript('body').showAd({"req": {

10式戦車

a8adscript('body').showAd({"req": {

市川文一『猫でもわかる防衛論』

ふざけた題名ですが、舐めてかかると痛い目に合います。 この本は、

→もっと見る

  • あわせて読みたい
PAGE TOP ↑