*

180124配信【驚くほどよくわかる防衛論(14)】 市川文一(元陸将補)

公開日: : 最終更新日:2018/01/24 軍事知識 , ,

もくじ

□はじめに

▼日本の防衛力整備の方向性を考察、提言
▼北朝鮮の核・ミサイルへの対応
▼中国の海洋進出への対応
▼将来の日本周辺の安全保障環境を見据えての防衛力整備

このエントリーをはてなブックマークに追加
[`yahoo` not found]
[`yahoo_users` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`newsing` not found]
[`google_buzz` not found]
GREE にシェア
email this


【日本最大級】楽天トラベル


軍事情報へのお問い合わせはこちらまで


メルマガ「軍事情報」 登録(無料)はこちら↓でどうぞ

メルマガ購読・解除
 


米国軍隊、警察、特殊部隊、米国政府機関で正式に採用されている科学的護身術~コンバット・ファイティング


メルマガ購読・解除




 



「日の丸父さん」(1)


「日の丸父さん」(2)

関連記事

【9月30日配信】桜林美佐の国防ニュース最前線「最新鋭ステルス戦闘機F35、第6世代戦闘機について小野田治元航空教育集団司令官・空将にお聞きします」【チャンネルくらら】

記事を読む

no image

わが国に必要な陸海空軍力

独立国家に軍事力は必要不可欠です。 「戦後日本」という国家(?)に必要な軍事力について各自衛隊が考え

記事を読む

【10月28日配信】桜林美佐の国防ニュース最前線「日米同盟強化へ!平和安全法制成立後、初の日米共同訓練が開催!」ゲスト元西部方面総監・陸将宮下寿広さん【チャンネルくらら】

記事を読む

指揮権とその継承とは

 「軍隊」は人々の歴史の中で最も古く自然発生した社会組織の一つで、軍事諸制度は各民族固有の風土と永い

記事を読む

日本が原子力潜水艦を保有することの意義

中共の企図している台湾侵攻の戦火は、必ず先島諸島から我国全体に及ぶでしょう。 それを阻止できるか、

記事を読む

no image

伊東寛さんの「サイバー新部隊の実力と各国サイバー事情」[桜H24/2/14]

元一等陸佐で元陸自システム防護隊初代隊長の伊東寛さんが、自衛隊サイバー部隊のあるべき姿や、技

記事を読む

【12月2日配信】桜林美佐の国防ニュース最前線「突如沸き起こった韓国朴槿恵の進退問題!裏にある勢力とは?!これから何が起きる?」ゲスト:福山隆元在韓防衛駐在官・陸将【チャンネルくらら】

防衛駐在官という任務 ~38度線の軍事インテリジェンス~

記事を読む

no image

【ハロランの眼 太平洋の真中で】米海兵隊 重要性増す災害救助活動

産経新聞 http://sankei.jp.msn.com/world/news/120906

記事を読む

171113配信【戦う組織の意思決定入門(4)】 「敵の重心との戦い方:直接アプローチと間接アプローチ」  堂下哲郎(元海将)

もくじ □はじめに:トランプ大統領のアジア歴訪開始 ▼前回のふりかえり ▼重心

記事を読む

【6月24日配信】桜林美佐の国防ニュース最前線「北朝鮮攻撃は8月以降の●●の夜?使用するのは・・!国防費増は同盟国の義務!最新電子戦に日本の先進技術を生かせ!」用田和仁元陸将【チャンネルくらら】

『自衛官の心意気 そのとき、彼らは何を思い、どう動いたか』

記事を読む

メルマガ購読・解除




 



「日の丸父さん」(1)


「日の丸父さん」(2)

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

メルマガ購読・解除




 



「日の丸父さん」(1)


「日の丸父さん」(2)

メルマガ「軍事情報」の登録はこちらで(無料)

メールマガジン「軍事情報」は二〇〇〇年十月に創刊されました。軍事カテゴ

時系列【180809現在】尖閣周辺海域等における中共公船・海空軍の動きなど

170101 接水。4隻。1隻に機関砲。 170102 接水。8隻。

1/72 ロッキード マーチン F-35A ライトニングII

a8adscript('body').showAd({"req": {

帝国海軍駆逐艦「雪風」

a8adscript('body').showAd({"req": {

10式戦車

a8adscript('body').showAd({"req": {

市川文一『猫でもわかる防衛論』

ふざけた題名ですが、舐めてかかると痛い目に合います。 この本は、

→もっと見る

  • あわせて読みたい
PAGE TOP ↑