メールマガジン「軍事情報」のホームページ

創刊2000年10月のメールマガジン「軍事情報」です。

啓発に富むインテリジェンス対談 上田篤盛×秋山進

time 2017/12/21

啓発に富むインテリジェンス対談 上田篤盛×秋山進

メルマガ連載でおなじみの
防衛省情報分析官・上田篤盛さんの対談記事が
ダイヤモンドオンラインにて公開されました。
是非ご覧ください。

安全保障の「インテリジェンス」をビジネスでも使うべき理由

目の前の脅威と日々取り組んでいるのは
軍人や警察官だけではなくビジネスマンも同じです。

しかるに、危機管理組織である軍事分野で行っている
ことのエキスを吸収し、本業で活かそうとする姿勢を
持つビジネスマンの数はそう多くありません。

理由は不明ですが、無知・プロパガンダ宣伝に伴う
上下左右に及ぶ幅広すぎる軍事への偏見が根っこに
あるのかもしれません。

なお記事の最後の方に、来年一月に行われる上田さんの
トークイベント、来年四月から開講予定の「情報分析
(インテリジェンス)実践講座」の案内もあります。
あわせてご確認ください。

http://diamond.jp/articles/-/153179

エンリケ

———————-
上田篤盛(うえだ・あつもり)
1960年広島県生まれ。元防衛省情報分析官。防衛大学校(国際
関係論)卒業後、1984年に陸上自衛隊に入隊。87年に陸上自衛
隊調査学校の語学課程に入校以降、情報関係職に従事。92年か
ら95年にかけて在バングラデシュ日本国大使館において警備官
として勤務し、危機管理、邦人安全対策などを担当。帰国後、
調査学校教官をへて戦略情報課程および総合情報課程を履修。
その後、防衛省情報分析官および陸上自衛隊情報教官などとし
て勤務。2015年定年退官。

現在、軍事アナリストとしてメルマガ「軍事情報」に連載中。
著書に『中国軍事用語事典(共著)』(蒼蒼社、2006年11月)、
『中国の軍事力 2020年の将来予測(共著)』(蒼蒼社、2008
年9月)、『戦略的インテリジェンス入門─分析手法の手引き』
(並木書房、2016年1月)、『中国が仕掛けるインテリジェン
ス戦争─国家戦略に基づく分析』(並木書房、2016年4月)、
『中国戦略“悪”の教科書─兵法三十六計で読み解く対日工作』
(並木書房、2016年10月)など。

『中国戦略“悪”の教科書
 ─兵法三十六計で読み解く対日工作』
http://okigunnji.com/url/161/
※兵法をインテリジェンスに活かす知恵

『中国が仕掛けるインテリジェンス戦争』
http://okigunnji.com/url/93/
※インテリジェンス戦争に負けない心構え

『戦略的インテリジェンス入門』
http://okigunnji.com/url/38/
※インテリジェンス能力をゼロから養う

このエントリーをはてなブックマークに追加
[`yahoo` not found]
[`yahoo_users` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`newsing` not found]
[`google_buzz` not found]
GREE にシェア
email this


【日本最大級】楽天トラベル


軍事情報へのお問い合わせはこちらまで


メルマガ「軍事情報」 登録(無料)はこちら↓でどうぞ

メルマガ購読・解除
 


米国軍隊、警察、特殊部隊、米国政府機関で正式に採用されている科学的護身術~コンバット・ファイティング


sponsored link

down

コメントする




CAPTCHA


その他

英霊来世

メルマガ購読・解除

 



「日の丸父さん」(1~12話)

▼脚気の惨害に帝国陸海軍はいかに対処したか?▼

▼机上論ではない、安保政策の理想的な教科書▼

▼精緻な銃器豆知識▼

▼最高の孫子解説書▼

▼三十六計で読み解くシナの戦略▼

▼自衛隊によるオリンピック支援の実際

▼水面下の戦争に勝つ▼

▼キーワードは「換骨奪胎」と「地政学教本」

▼インテリジェンスの教科書

▼明治以降の通説を覆した日露戦争陸戦史▼

▼再終末期の帝国陸軍の苦悩がわかる名著▼

▼防衛産業のすべてがわかる傑作▼

▼近現代日本の軍事史がつかめる貴重な一冊▼

▼国史の新常識▼

▼大楠公のエキスを吸収できる本▼

メルマガ登録

アーカイブ

あわせて読みたい

あわせて読みたい

sponsored link

メルマガ購読・解除
軍事情報
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ


「日の丸父さん」(1~12話)
高速バスの予約 icon
■黒の経典SCS■歴史上の支配者が使っている女をものにする卑劣な方法とは?・・