メールマガジン「軍事情報」のホームページ

創刊2000年10月のメールマガジン「軍事情報」です。

国史に対する視座の歪みを治す方法?

time 2017/09/25

国史に対する視座の歪みを治す方法?

こんばんは、エンリケです。

きょうも一日、お疲れさまでした。

先日、ある軍事ばなしを聞く機会があったんですよ。
正直言って、私のようなものですら「?」と感じるところ多く、
残念に思いました。

隣にいた人も、
「こういうトンデモ話は、正直もううんざりだねえw」
といっていました。

同じ思いをしているのが自分だけじゃなかったと
知ったときって、なぜかうれしいもので、
その後喫茶店にいって色々お話ししました。

その人は、

「どうも自分が教えられてきたことやマスコミを通じて
取り入れてきた日本の歴史はすごく偏っている気がするんです。

でも何が妥当なのか?をはかる物差しがないので、すごく不安です。
子どもに自国の歴史の何をどう伝えれば良いかが、ぜんぜんわかりません」

と悩んでいらっしゃることを知りました。

自分も同じ思いを持っていますので、
すごく共感しました。

実は、私たちって
結構、意識しないところで日本史トンデモばなしに汚染されていることを
ご存知でしたか?

ああそうだよな~と
感じるのは、いわゆる従軍慰安婦をめぐるはなし、
朝鮮半島とのかかわりの歴史や大東亜戦争の真の終戦日、
いわゆる南京虐殺や東京裁判

などのトンデモばなしやねつ造の流布、常識としての定着化ですよね。

現代日本史について平均的日本人が知っていることは
それでなくても少ないのに、
知るところ少ないわが現代史の内容がすごく偏っているのです。

もし、これまで接触してきた媒体にふれる時間を半分の2時間にして、
この、2時間をやるべきことに使ったらどうなると思いますか?

そうです。

あなたのなかにある国史に対する視座の歪みが2倍以上改善します。

今回は、

歪んでしまった自分の国史への視座を
修正したいあなたに必要不可欠な、

「何が妥当なのか?をはかるための物差し」

について書いていきたいと思います。

物差しをマスターしていただくと
有意義な人生になりますので、ぜひぜひお楽しみください!

では、また次回

エンリケ


down

コメントする




CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

その他

英霊来世

メルマガ購読・解除
 

自己紹介

おき軍事

おき軍事

軍事に関する歴史から技術、戦略・指揮統率、こぼれ話、今の自衛隊事情、インテリジェンス、そして軍事英語まで。軍事に関わる全てのことがらをカバーしている日本唯一の無料総合軍事メルマガです。配信はほぼ毎日。 執筆者は、将軍、提督、元米軍士官、軍制史の権威、ベテランライター、インテリジェンスのプロ、防衛問題研究家など。20年の歴史を持つメルマガならではの、他では得られない粒ぞろいの陣容です。 冷戦構造の崩壊を契機に、千年に一度レベルの大激動時代に入った世界でわが国がサバイバルするには、国民レベルで「現代の武」をわきまえておく必要があります。 それに資する情報を無料で伝えています。

作戦司令部の意思決定ー米軍「統合ドクトリン」で勝利するー

日米中激突! 南沙戦争

情報戦と女性スパイーインテリジェンス秘史ー

猫でもわかる防衛論

『日の丸父さん』石原ヒロアキ


「日の丸父さん」(1)
「日の丸父さん」(2)

脚気と軍隊ー陸海軍医団の対立ー

検証 危機の25年ー日本の安全保障を真剣に考えるー

メルマガ登録

ガントリビア99―知られざる銃器と弾薬の秘密―

図解 孫子兵法ー完勝の原理・原則ー

中国戦略”悪”の教科書ー「兵法三十六計」で読み解く対日工作ー

オリンピックと自衛隊 1964-2020

中国が仕掛けるインテリジェンス戦争ー国家戦略に基づく分析ー

「地政学」は殺傷力のある武器である

戦略的インテリジェンス入門ー分析手法の手引きー

新史料による日露戦争陸戦史ー覆される通説ー

大東亜戦争と本土決戦の真実ー日本陸軍はなぜ水際撃滅に帰結したのかー

誰も語らなかった防衛産業

日本人はどのようにして軍隊を作ったのかー安全保障と技術の近代史ー

あなたの習った日本史はもう古い!ー昭和と平成の教科書読み比べー

兵法の天才 楠木正成を読むー河陽兵庫之記 現代語訳ー

インテリジェンス

アーカイブ

あわせて読みたい

あわせて読みたい

人気の検索キーワード

最近検索されたキーワード

カテゴリー

メルマガ購読・解除
軍事情報
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ


「日の丸父さん」(1~12話)
高速バスの予約 icon