*

【8月26日配信】桜林美佐の国防ニュース最前線「先制攻撃あり得る!米国のデッド・ラインを越えるのはいつ?作戦5015とは?」産経新聞専門委員野口裕之【チャンネルくらら】


『ジャーナリスト桜林美佐が迫る自衛隊[陸・海・空]の実像 自衛官24万人の覚悟を問う』

このエントリーをはてなブックマークに追加
[`yahoo` not found]
[`yahoo_users` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`newsing` not found]
[`google_buzz` not found]
GREE にシェア
email this


【日本最大級】楽天トラベル


軍事情報へのお問い合わせはこちらまで


メルマガ「軍事情報」 登録(無料)はこちら↓でどうぞ

メルマガ購読・解除
 


米国軍隊、警察、特殊部隊、米国政府機関で正式に採用されている科学的護身術~コンバット・ファイティング


メルマガ購読・解除




 



「日の丸父さん」(1)


「日の丸父さん」(2)

関連記事

no image

メールセミナーへの感想

第9回「予備役制度について」を読みまして、感想を少し。 数年前、自衛官の定数の削減という改正がありま

記事を読む

【9月9日配信】桜林美佐の国防ニュース最前線「阪神淡路大震災で自衛隊創設以来の大規模災害派遣を指揮!その時現場は・・ゲスト:松島悠佐元中部方面総監・陸将」【チャンネルくらら】

大震災への備え ― 阪神・淡路大震災から二十年、東日本大震災から四年、大震災対処はどのように

記事を読む

no image

防衛省の改革論議の内容がまとまったようですね

しかし、残念ながら中身は一見革新的なようで、結局は背広組によるコントロ ール維持を強く意識した内容に

記事を読む

【6月17日配信】桜林美佐の国防ニュース最前線「安倍総理の「自衛隊加憲」提案を解説~日本は既に「専守防衛」ではない」伊藤俊幸元海将」【チャンネルくらら】

『自衛官の心意気 そのとき、彼らは何を思い、どう動いたか』

記事を読む

no image

深夜タクシー問題と自衛官

中央省庁関係者が、深夜タクシーで帰宅する際、金券などをもらったとする 話題が報道されています。 これ

記事を読む

【11月11日配信】桜林美佐の国防ニュース最前線「トランプ大統領選勝利を軍事関係者はどう見ている?アメリカの航空優勢はいつまで保てる!?」ゲスト小野田治元航空教育集団司令官・空将 【チャンネルくらら】

記事を読む

no image

国防に対する民衆の意志、社会意識

日本にも数々の不利な条件はあるが、国防に対する民衆の意志、社会意識が主権在民の国の国防の根基であり、

記事を読む

no image

陸士出身の陸軍大将、初心者はこれだけは読んどけ!

2009年9月16日配信の荒木肇先生のメルマガから抜粋しました。 http://melma.com

記事を読む

no image

Pearl Harbor, Morning Bread & JFK [Yujiro 谷山雄二朗 Taniyama]

毎度おなじみの「谷山雄二朗さんテレビ」です。 今日ご紹介するのは、昨年12月に配信された

記事を読む

no image

BMD対処の実際

ミサイル防衛は時間との戦いです。コンピュータは瞬時に結果を出しますが、人間はそうはいきません。そこで

記事を読む

メルマガ購読・解除




 



「日の丸父さん」(1)


「日の丸父さん」(2)

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

メルマガ購読・解除




 



「日の丸父さん」(1)


「日の丸父さん」(2)

メルマガ「軍事情報」の登録はこちらで(無料)

メールマガジン「軍事情報」は二〇〇〇年十月に創刊されました。軍事カテゴ

時系列【180809現在】尖閣周辺海域等における中共公船・海空軍の動きなど

170101 接水。4隻。1隻に機関砲。 170102 接水。8隻。

1/72 ロッキード マーチン F-35A ライトニングII

a8adscript('body').showAd({"req": {

帝国海軍駆逐艦「雪風」

a8adscript('body').showAd({"req": {

10式戦車

a8adscript('body').showAd({"req": {

市川文一『猫でもわかる防衛論』

ふざけた題名ですが、舐めてかかると痛い目に合います。 この本は、

→もっと見る

  • あわせて読みたい
PAGE TOP ↑