*

桜井誠:「日本第一党宣言」

桜井誠さん。

元維新の会・元大阪市長・元大阪府知事の
橋下徹氏との対決をはじめ、都知事選出馬など、
マスコミを通じさまざまな話題を振り撒いてきた人です。

在日特権を許さない市民の会(通称:在特会)
という市民団体の開闢会長で知られます。
(ちなみに現在は退会しています)

毀誉褒貶の多い人ですが、

ひとことでえば、
わが国に巣食う理不尽でアンタッチャブルな大罪に対して

「NO」

と大声で反抗した初めての日本人であり、
多くの有名言論人や識者の無様さや卑怯さを、
自らの実践を通じて白日の下にさらした点でも
大きな功績を持つ方といえる気がします。

昨年は、都知事選挙に出馬して全国規模で話題になり、
知名度が全国区になりました。

そして先日行われた都議選では、
自分が立ち上げた政党から候補者を立候補させています。

この本は、
そんな桜井さんが立ち上げた

日本第一党

という政党がどういう政党かがわかる本です。

多くの方は見落としているか意図的に見ないふりをしていますが、

21世紀の世界の政治の流れは
「エスシニズム」
ということばで表現されるかと思います。

桜井さんは、意図してかどうかかはわかりませんが
この流れの最先端を主導している印象を受けます。

その意味で「政治センス」のある人といえましょう。

注目すべきところは他にも多々ありますが、
あなたに知ってほしいのは、

こういうカリスマとカリスマに率いられた政治勢力が
生まれており、支持を広げている。

という現実です。

本著を見ればわかりますが、
この党の政策は日本人であれば魂を揺さぶられる内容です。

また、
近い将来グローバリスムが破たんした後に国の保全をいかにするか?
をはじめとする、わが国が近い将来直面する大課題に対処する着手点の
「優先順位」を明確にしています。

ひとことでいえばこの本には、
21世紀以降の世界の流れ「エスシニズム」の最先端を走る
前衛勢力の実像が余すところなく記されているのです。

今後世界諸国は、日本第一党が掲げる政策と姿勢、実践性を
取り込むことになってゆくかもしれません。

真の意味で維新的で復古的な前衛勢力という気がします。
単なるはねっかえりがノリで作った政治集団、と
捉えていると、見誤って臍を噛むことになりそうです。

ではどうしたらよいか?

その答えはこちらにあります。

桜井誠
日本第一党宣言
http://okigunnji.com/url/254/

エンリケ

追伸
日本第一党の現在の政治能力については、
兵庫県知事選の支持者選びや都議選での惨敗を見てもわかる通り、
正直言ってまだまだ未熟で、頭でっかちの上滑りレベルです。

でも、知識を増やすより実践を通じて幹を太くしてきた人たちです。
道を過たず、日々の実践を積み重ねたら、将来注目すべき存在になる
ことは確実でしょう。

英国におけるスコットランド独立党、フランスにおける国民戦線に
相当する、わが国で明治以降初めて誕生した保守政党、になる可能性
を秘めています。http://okigunnji.com/url/254/

このエントリーをはてなブックマークに追加
[`yahoo` not found]
[`yahoo_users` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`newsing` not found]
[`google_buzz` not found]
GREE にシェア
email this


【日本最大級】楽天トラベル


軍事情報へのお問い合わせはこちらまで


メルマガ「軍事情報」 登録(無料)はこちら↓でどうぞ

メルマガ購読・解除
 


米国軍隊、警察、特殊部隊、米国政府機関で正式に採用されている科学的護身術~コンバット・ファイティング


メルマガ購読・解除




 



「日の丸父さん」(1)


「日の丸父さん」(2)

関連記事

no image

本の紹介

■『【新訳】名将言行録』 兵頭二十八 PHP 2008/10発行 戦国武将の選りすぐりの言行をまとめ

記事を読む

no image

シリーズ軍事力の本質(2) シー・パワー その理論と実践

皇室ジャーナリストの斎藤義久さんは、昨日配信された『【臨時増刊号】斎藤 吉久の「誤解だらけの天皇・皇

記事を読む

余命プロジェクトチーム :『余命三年時事日記―共謀罪と日韓断交』

こんにちは、エンリケです。 パレルモ条約署名(H12)⇒国会承認(H15)⇒いまだ条約締結できない

記事を読む

no image

ロナルド・ケスラー:シークレットサービス ~大統領警護の舞台裏~

『シークレットサービス ~大統領警護の舞台裏~』 著:ロナルド・ケスラー 訳:吉本晋一郎 発行:並木

記事を読む

高橋秀幸:『空軍創設と組織のイノベーション–旧軍ではなぜ独立できなかったのか–』

三つの合理性 組織変革・改革を成功させるには、「三つの合理性」を確保する戦略が必要。 なかで

記事を読む

no image

弱肉強食レースを打ち破る

こんにちは。エンリケです。 <日本は、6852の島嶼によって構成されています。

記事を読む

no image

『戦友』 高部正樹 (YouTube資料映像付き)

<願わくば、あの苦しいジャングルのなかで、何の見返りも求めず、必死に戦 い、命を捧げた日本人兵士がい

記事を読む

自衛隊の情報戦 塚本勝一

■本著は大きく分けて 1.創設以来の陸自情報の解説 2.塚本さんが韓国武官だったときに発生し

記事を読む

no image

日本人は戦略・情報に疎いのか

『日本人は戦略・情報に疎いのか』 太田文雄 芙蓉書房出版 本来持っている実力・能力に気づかず、自虐的

記事を読む

『神 再臨』 北野幸伯さんのプーチン本2冊

こんにちは。エンリケです。 弊メルマガでは、おススメ本2冊を紹介しています。 日本の

記事を読む

メルマガ購読・解除




 



「日の丸父さん」(1)


「日の丸父さん」(2)

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

メルマガ購読・解除




 



「日の丸父さん」(1)


「日の丸父さん」(2)

メルマガ「軍事情報」の登録はこちらで(無料)

メールマガジン「軍事情報」は二〇〇〇年十月に創刊されました。軍事カテゴ

時系列【180809現在】尖閣周辺海域等における中共公船・海空軍の動きなど

170101 接水。4隻。1隻に機関砲。 170102 接水。8隻。

1/72 ロッキード マーチン F-35A ライトニングII

a8adscript('body').showAd({"req": {

帝国海軍駆逐艦「雪風」

a8adscript('body').showAd({"req": {

10式戦車

a8adscript('body').showAd({"req": {

市川文一『猫でもわかる防衛論』

ふざけた題名ですが、舐めてかかると痛い目に合います。 この本は、

→もっと見る

  • あわせて読みたい
PAGE TOP ↑