*

村西とおる :『村西とおるがお答えします! ワガママな中国人とのナイスなお付き合い』

村西さんというと、月刊「Hanada」の花田さんが、
「この人の人生相談は、いま一番面白いよみもの」と言っていたこ
とを思い出します。

百田尚樹さんも「村西さんは抜群にあたまがいい人」とおっしゃっ
ています。

村西さんのツイッターは、国防や政治、国際情勢にまつわるつぶ
やきが結構多く、日々チェックを欠かせません。実に的を射た鋭い
内容で、「物事の本質を見抜くことに長けた、カミソリのような頭
脳を持つ方だなあ」という印象を持っているからです。

この本は、そんな村西さんの支那にまつわる経験、意見をまとめた
ものです。

よく耳にする言葉に「ミクロとマクロ」というのがあります。

いわゆる天下国家を論じる人が語るのは「マクロ」で、自分の肌感
覚を通じて得たものを語るのが「ミクロ」です。

どちらがいい悪いではなく、どちらの視野も必要です。

その意味でいうと、この本はミクロの観点で支那を伝える内容です。
ニオイや息遣いが漂ってきそうな地に足のついた内容です。

おうおうにしてこの種の本は、ある特定のイデオロギーに誘導する
つまらない作品に陥りがちですけれども、幸いなことに著者の村西
さんが非常に頭のいい方ということもあってか、イデオロギーティ
ックな極端さを感じません。

世の現実が0か1で割り切れるはずもありません。0と1の間に現実の
ほぼすべては創られています。そういう感覚を持つことが大人にな
るということではないでしょうか?

マスメディアのせいかどうか知りませんが、今の時代、なんでもか
んでも0か1で割り切ろうとする幼稚さが目立つ気がします。

健康的な国家観を持ち必要な声をあげることは大事ですが、現実を
0か1で割りきろうとするクセは非常に良くないと思います。

本著が面白い理由のひとつは、ビジネスの現場から見える支那人の
姿を垣間見れる、さまざまな具体的な話にあるといえましょう。

支那とのビジネスの現場に立った人の話は意外に伝わっていません。
各企業や組織レベルでは経験に基づくノウハウを蓄積しているはず
ですが、我々庶民が知る機会はほとんどありません。理由は、責任
ある立場で支那とビジネスする有能な人がこの種の本を書く機会が
ほとんどないからです。

触れれば血が出るビジネスの修羅場の視点から支那を伝える書は意
外にないものですが、この本ではそういう話を知ることができるん
ですね。想像以上に役に立つと思います。

まっとうで健全な国家観を持つ村西さんの目線を通じ、ちょっと違
う視座から中共政府の現実の姿を見ることで、脳を広く柔らかくし
たい人はぜひどうぞ。

村西とおる
村西とおるがお答えします! ワガママな中国人とのナイスなお付き合い
http://amzn.to/2owrvS5

このエントリーをはてなブックマークに追加
[`yahoo` not found]
[`yahoo_users` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`newsing` not found]
[`google_buzz` not found]
GREE にシェア
email this


【日本最大級】楽天トラベル


軍事情報へのお問い合わせはこちらまで


メルマガ「軍事情報」 登録(無料)はこちら↓でどうぞ

メルマガ購読・解除
 


米国軍隊、警察、特殊部隊、米国政府機関で正式に採用されている科学的護身術~コンバット・ファイティング


メルマガ購読・解除




 



「日の丸父さん」(1)


「日の丸父さん」(2)

関連記事

『日本人の知らない「クレムリン・メソッド」-世界を動かす11の原理』

こんにちは。エンリケです。 この本を読めば、ひとことでいうと、 世界を動かしている原

記事を読む

no image

『世界がさばく東京裁判 ~85人の外国人識者が語る連合国批判』

『世界がさばく東京裁判 ~85人の外国人識者が語る連合国批判』 監修:佐藤和男(青山学院大学名誉教

記事を読む

IT技術に無知な人でも理解できるサイバーセキュリティ入門書

IT技術の発展は、IT革命という形でビジネスや通信分野の驚異的な発展を もたらしたとともに

記事を読む

日下公人/宮脇淳子:「日本人がつくる世界史」

こんにちは。エンリケです。 今のわが国で、もっとも知的でスマートな タブーに縛られない報道を

記事を読む

no image

戦略漫遊記 ──『インド洋圏が,世界を動かす』書評

戦略漫遊記 ──『インド洋圏が,世界を動かす』書評 『インド洋圏が、世界を動かす:

記事を読む

【本の紹介】植松三十里『不抜の剣』

こんにちは。エンリケです。 幕末維新の主役たちを雲のごとく輩出した 幕末三大道場とし

記事を読む

no image

『自衛隊風雲録』 田母神俊雄

<「何故あなたは、テレビ朝日の報道を信じ、私たちが何ヶ月もかけて 縷々説明してきたことを信じないのか

記事を読む

no image

『戦友』 高部正樹 (YouTube資料映像付き)

<願わくば、あの苦しいジャングルのなかで、何の見返りも求めず、必死に戦 い、命を捧げた日本人兵士がい

記事を読む

no image

戸島国雄 「タイに渡った鑑識捜査官」

タイと縁が生まれるきっかけは、妻を亡くしたことだった・・・ かけがえのない最愛の妻を亡

記事を読む

no image

秘密戦争の司令官オバマ CIAと特殊部隊の隠された戦争

こんにちは。エンリケです。 木曜日にお届けしている短期連載の著者、菅原出さんの新刊

記事を読む

メルマガ購読・解除




 



「日の丸父さん」(1)


「日の丸父さん」(2)

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

メルマガ購読・解除




 



「日の丸父さん」(1)


「日の丸父さん」(2)

メルマガ「軍事情報」の登録はこちらで(無料)

メールマガジン「軍事情報」は二〇〇〇年十月に創刊されました。軍事カテゴ

時系列【180809現在】尖閣周辺海域等における中共公船・海空軍の動きなど

170101 接水。4隻。1隻に機関砲。 170102 接水。8隻。

1/72 ロッキード マーチン F-35A ライトニングII

a8adscript('body').showAd({"req": {

帝国海軍駆逐艦「雪風」

a8adscript('body').showAd({"req": {

10式戦車

a8adscript('body').showAd({"req": {

市川文一『猫でもわかる防衛論』

ふざけた題名ですが、舐めてかかると痛い目に合います。 この本は、

→もっと見る

  • あわせて読みたい
PAGE TOP ↑