*

小名木善行 :『ねずさんと語る古事記 壱』

古事記は、日本人の目に見えない最も大切なもの、
精神性の現像を形にした唯一の書で、日本人が立ち戻ることのできる
最も大切な書です。

古事記は日本神話の宝庫ですが、イデオロギーが支配する
戦後社会の中で無視されてきました。

神話は、その文明に生きる人々の潜在意識と密接にかかわっているとされ、
臨床心理学の分野では古事記の重要性が認められています。

しかし年を追うごとに日本神話は日本人の中から消えている感を持ちます。
そのため国民は、自文明に根付けない根無し草となりつつあり、漂流を
続けている、との印象を持つのは私だけでしょうか?

古事記を真に読むことができ、そのエキスをわがものに
できたとしたら、いかなる分野でも最高の日本人として
人生を全うできること請け合いです。

自分の中にある日本を確認したい方はもちろん、
次世代に祖国日本の魂の核を残したいあなたには必携と
いえましょう。

古事記は、単に人を救うという甘ったるい理想を満たすのみでなく
「国譲り」に見られる謀略、外交の駆け引き、「征伐」における
戦いの描写など、実に現実的かつ政治的な面(国を救う)を表現する
面ももちます。

人間社会の裏表を表現し尽くしている点で、古事記という作品は
わが国民の聡明さを無意識の世界で養っており、そのレベルの高さを
示すものさしになっていることは確かでしょう。

そのためか、インテリジェンスや戦略研究の世界でも古事記は重視
されています。

「古事記はインテリジェンスの教科書」というのが
元陸軍中将の故・飯村譲さんや、教え子で元海将の太田文雄さんです。
太田さんは『日本人は戦略・情報に疎いのか』のなかで、インテリジェンス面
からみた詳細な古事記分析をされてます。

ある面から見たら処世訓、ある面から見たら道徳書、ある面から
見たら謀略書、ある面から見たら政治書・・・きりがありません。

ことほど左様に古事記がもつ世界は無限で奥深く、尽きるところが
ありません。

さて今回紹介するこの本は、
著者のねずさんと一緒に古事記の神髄を読み解きながら
古事記のエキスを分かち合いましょう、という内容です。

「ねずさんと語る古事記 壱」
http://amzn.to/2n9bVwy

著者のねずさんは、超有名ブログ「ねずさんのひとりごと」の管理人
さんで、ネットの超有名人です。

古事記に出てくる言葉の解説や背景説明があるので、
読んだあなたは、その他の人に古事記を分かち合えるようになります。

ここまで書いて、35年の年月を費やし「古事記伝」を通じて古事記を
復活させた本居宣長のことを思い起こしました。

そう、この本は現代の「古事記伝」といって差し支えのない内容なのです。

冒頭で安田先生が「学術的に価値がある」と、本編終了後、東大名誉教授
の矢作先生は「たいへん鋭い指摘」というかたちで評価されています。
学術面での評価が高いという点で、類書と一線を画す本なのです。

マンガや子供向けの本では少し物足りない。
そんなあなたにピッタリです。

会社、学校の図書室にはもちろん、
一家に一冊ぜひどうぞ。

「ねずさんと語る古事記 壱」
小名木善行 (著)
2017/3/15発行
http://amzn.to/2n9bVwy

エンリケ

このエントリーをはてなブックマークに追加
[`yahoo` not found]
[`yahoo_users` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`newsing` not found]
[`google_buzz` not found]
GREE にシェア
email this


【日本最大級】楽天トラベル


軍事情報へのお問い合わせはこちらまで


メルマガ「軍事情報」 登録(無料)はこちら↓でどうぞ

メルマガ購読・解除
 


米国軍隊、警察、特殊部隊、米国政府機関で正式に採用されている科学的護身術~コンバット・ファイティング


メルマガ購読・解除




 



「日の丸父さん」(1)


「日の丸父さん」(2)

関連記事

no image

2011年日中開戦&失敗の中国近代史(080425配信 メールマガジン「軍事情報」より抜粋)

■わがマンガ わが国のマンガが、質量ともに世界最高レベルにあることはよく知られています。 時代を経る

記事を読む

[kaminoishi 井上太郎] 「えっ!?」と思わせる記事の源泉とは?

・中共、南北朝鮮のわが国に対する工作を見抜き、 対処するための「情報の読み方さばき方」が身につく

記事を読む

no image

【終了】 杉山穎男 『サムライと日本刀─土方歳三からの言伝て─』 特典付先行販売 締め切りは7/3

杉山穎男さんの新刊が、いよいよ出版されます! 『サムライと日本刀─土方歳三からの言伝て─』 (四六判

記事を読む

自衛隊の情報戦 塚本勝一

■本著は大きく分けて 1.創設以来の陸自情報の解説 2.塚本さんが韓国武官だったときに発生し

記事を読む

no image

戦略漫遊記 ──『インド洋圏が,世界を動かす』書評

戦略漫遊記 ──『インド洋圏が,世界を動かす』書評 『インド洋圏が、世界を動かす:

記事を読む

故・松村劭元陸将補

故・松村劭陸将補といえば、メルマガを始めたころに手に入れた戦術と指揮 が印象に残っています。

記事を読む

no image

渡部由輝 『数学者が見た 二本松戦争─武士道の精髄を尽くした戦い─』

『数学者が見た 二本松戦争─武士道の精髄を尽くした戦い─』 (渡部由輝著) ・四六判並製 ・24

記事を読む

【福山隆】島嶼国家日本の新国防戦略~『日本離島防衛論』[桜H26/7/8]

離島からの防衛という視点。非常に斬新です。 ちなみに福山さんは32普通科連隊長当時、オウム

記事を読む

no image

自衛隊「影の部隊」情報戦秘録 松本重夫 アスペクト

<わが国が敗戦に至った理由のひとつは、 国家全てが情報理論の重要さを軽視したことにある>  

記事を読む

no image

『戦争は人間的な営みである ~戦争文化試論~』 を読みたい人はほかにいませんか?

石川明人さんの新刊『戦争は人間的な営みである~戦争文化試論~』。 <日本人は、良い

記事を読む

メルマガ購読・解除




 



「日の丸父さん」(1)


「日の丸父さん」(2)

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

メルマガ購読・解除




 



「日の丸父さん」(1)


「日の丸父さん」(2)

メルマガ「軍事情報」の登録はこちらで(無料)

メールマガジン「軍事情報」は二〇〇〇年十月に創刊されました。軍事カテゴ

時系列【180809現在】尖閣周辺海域等における中共公船・海空軍の動きなど

170101 接水。4隻。1隻に機関砲。 170102 接水。8隻。

1/72 ロッキード マーチン F-35A ライトニングII

a8adscript('body').showAd({"req": {

帝国海軍駆逐艦「雪風」

a8adscript('body').showAd({"req": {

10式戦車

a8adscript('body').showAd({"req": {

市川文一『猫でもわかる防衛論』

ふざけた題名ですが、舐めてかかると痛い目に合います。 この本は、

→もっと見る

  • あわせて読みたい
PAGE TOP ↑