*

藤井厳喜:「日米対等 ―トランプで変わる日本の国防・外交・経済―」

こんにちは。エンリケです。

・現在の自衛隊は米軍の補助部隊であり、真の国軍にする必要がある。
・臺灣がいますべきは国名変更と国軍創設である。
・政府発行通貨は政治カードの一つになる
・外務省の解体的再生への提言

などなど、いわゆる「タブーとみられること」にズバスバ切り込ん
でいる本です。こういう論客が多くの日本人の支持を受けている現
実からみても、いまが時代の転換点の真っただ中にあると強く実感
します。

著者の藤井厳喜さんは、現在わが国で最も注目されている論客の一人で、
1999年に日米の保守政治家が交流する場「日米保守会議」を創設した人
です。アメリカ政治の現実に精通していることで知られ、
多くの評論家が米大統領選でトランプは当選しない、としていた中、
トランプ当選を一貫して主張した極めて数少ない人物として有名です。

この本は、トランプ政権誕生直後に発行されたもので、
なんといってもトランプ政権のパワーバランスとベクトル、そして課題
がわかる、極めて有益な内容です。

なかでも第4章のトランプ政権の人物略伝が非常に面白く、
・なぜトランプが勝ったのか?
・トランプを支持しているのはどういう人なのか?
・トランプのミクスのキモとなる政策の背景にある考え方
・軍人重視といわれる人事配置の真の意図
・グローバリストたちの最後の砦とトランプはどう対応しようとし
ているか?

といったことが見えてきます。

国務長官にティラーソンを登用した背景も非常に興味深かったです。

トランプ政権のキモとなる「エネルギー」「アメリカンドリームの
復活」「アメリカファースト」の3つの要素をすべて兼ね備えてい
るのがこの人なんですね。

わが国がトランプ政権とどう付き合っていけばいいのか?
については1~3章、そして5章で語られています。

著者は、米国はものすごいスピードで変化してゆく、これまでと同じ意識で
考えているととても追いつけず、対応を間違うこととなる。いまこそ対米
自立のときであり、トランプ政権誕生とともにチャンスがやってきたといい
ます。

周辺国の今後についても現実的な見通しを示しており、
とくに朝鮮半島については、最悪の事態(北による統一)も見据えた難民処理の
検討を今からすべきとしています。

アイデアもいろいろ提案しており、
なかでも「自民党海外事務所」は、今すぐ実行した方がいいと思いますね。

また、

トランプ政権最大の敵はISであり、2番目が中共。
矛先が自分に向かないよう中共は裏でISの支援をしている。
米ロが手を組めばISは壊滅できるであろう

という指摘もされています。

タイトルの「日米対等」という言葉に惹かれる方も多いでしょう。
おうおうにしてこの種の言葉に接すると「大日本帝国復活!」と
受け止める人が多くなりがちですが、これは支那的でダサい反応です。

著者が言う「対等」は米と肩を並べる大国になる、という意味でなく、
わが国が精神的に自立することで英や仏のような普通の国になり、
米・支その他の国々に対して堂々とものが言える国になる、という
意味の対等です。

そうなるためにわが国はいま何を為すべきか?

「憲法9条の改正」である

と著者はいいます。

下書きを英文で書いて、それを日本語に訳しているのでは?
と思わせるほど、鋭利なことばが続きます。

この種の鋭利さに慣れていない人は、
数回読み直すのがいいでしょう。

一度読んで頭に血が上ってしまうケースが結構出てくるかもしれません。
でも再度読み直すと、著者が言いたいのはそういうことじゃなかった、
ということがわかるようになります。

指摘が刺激的で、知られざる現実を知ることができ、目からウロコ
の視点が満載です。

おススメします。

藤井 厳喜
日米対等 ―トランプで変わる日本の国防・外交・経済―
http://amzn.to/2lKHyxq

エンリケ

追伸
著者は地政学の本も出しておられます。
こちらも面白いので、後日紹介します。

このエントリーをはてなブックマークに追加
[`yahoo` not found]
[`yahoo_users` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`newsing` not found]
[`google_buzz` not found]
GREE にシェア
email this


【日本最大級】楽天トラベル


軍事情報へのお問い合わせはこちらまで


メルマガ「軍事情報」 登録(無料)はこちら↓でどうぞ

メルマガ購読・解除
 


米国軍隊、警察、特殊部隊、米国政府機関で正式に採用されている科学的護身術~コンバット・ファイティング


メルマガ購読・解除




 



「日の丸父さん」(1)


「日の丸父さん」(2)

関連記事

no image

北京五輪後 中国はどうなる?

■腹立たしい限りです。 なんでわが権益を手離すのでしょうか? 金を払えばうまくいく。 一歩譲れば相手

記事を読む

倉山満:『倉山満が読み解く 太平記の時代─最強の日本人論・逞しい室町の人々』

こんにちは。エンリケです。 著者がこの本を上梓した目的は、 「数千年におよぶわが歴史の中で、

記事を読む

no image

年末年始に是非どうぞ。

■お茶の間向け 『国際軍事データ(2007ー2008)』 ディフェンス・リサーチ・センター ⇒年次の

記事を読む

『日本人の知らない「クレムリン・メソッド」-世界を動かす11の原理』

こんにちは。エンリケです。 この本を読めば、ひとことでいうと、 世界を動かしている原

記事を読む

no image

渡部昇一・田母神俊雄 『日本は「侵略国家」ではない!』

田母神さんの最新刊 『日本は「侵略国家」ではない!』 著者:渡部昇一・田母神俊雄 発行:海竜社 発

記事を読む

no image

知っておきたい!! 自衛隊100科

『知っておきたい!! 自衛隊100科』 セキュリタリアンMOOK 防衛弘済会 2007/12/14発

記事を読む

no image

【~5/23】数学者が見た 二本松戦争ー武士道の真髄を尽くした戦いー

『数学者が見た 二本松戦争─武士道の精髄を尽くした戦い─』(渡部由輝著) ・四六判並製・244ペー

記事を読む

no image

[新訳]孫子

<本著は「孫子」(兵頭集註)です。「ナメるように読む」本です。同時に「ナメるように読める」本です。と

記事を読む

「私には実践力がない」なんて言ったことありませんか?

こんにちは。 エンリケです。 事前に防ぐ、芽は小さいうちに摘む という危機管理

記事を読む

【本の紹介】 『平和の敵 偽りの立憲主義』 岩田温(著) 並木書房

集団自衛権行使限定明言から平安法制定に至る過程で、 一部のメディアを除くわが国マスメディアは、

記事を読む

メルマガ購読・解除




 



「日の丸父さん」(1)


「日の丸父さん」(2)

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

メルマガ購読・解除




 



「日の丸父さん」(1)


「日の丸父さん」(2)

メルマガ「軍事情報」の登録はこちらで(無料)

メールマガジン「軍事情報」は二〇〇〇年十月に創刊されました。軍事カテゴ

時系列【180809現在】尖閣周辺海域等における中共公船・海空軍の動きなど

170101 接水。4隻。1隻に機関砲。 170102 接水。8隻。

1/72 ロッキード マーチン F-35A ライトニングII

a8adscript('body').showAd({"req": {

帝国海軍駆逐艦「雪風」

a8adscript('body').showAd({"req": {

10式戦車

a8adscript('body').showAd({"req": {

市川文一『猫でもわかる防衛論』

ふざけた題名ですが、舐めてかかると痛い目に合います。 この本は、

→もっと見る

  • あわせて読みたい
PAGE TOP ↑