メールマガジン「軍事情報」のホームページ

創刊2000年10月のメールマガジン「軍事情報」です。

江崎道朗:『マスコミが報じない トランプ台頭の秘密』

time 2017/01/16

江崎道朗:『マスコミが報じない トランプ台頭の秘密』

こんにちは。エンリケです。

アメリカをどう理解しているか?

戦後日本にとって最も重要なはずの外国・アメリカ。
しかしわが国朝野のアメリカ理解は浅いです。

最大の理由は
マスコミへの信仰
です。

日米マスメディアの構造はよく似ており、
サヨク的な世界観を持たない人を
魔女狩りする性格を持ちます。

朝日新聞がわが国の現実を
全く反映していないのと同じく、
ニューヨークタイムスやワシントンポストは
アメリカの現実の姿を反映していません。

日米マスメディアは、
現実を正確に反映していない
プロパガンダ機関でしかないということです。

トランプ当選を通じて
そのことを初めて知った人も多いことでしょう。

ちなみに米における政治信条を簡単に言えば
保守=自立
リベラル=依存
共通するのが自由です。

さて多くの人は
トランプ=成金のゲス野郎
というイメージでとらえさせられているようですが

・裕福な家庭の出身
・伝説的な成功者(わが国でいえば松下幸之助レベル)
・保守層の核心である自営業者(ビジネス起業家)からの圧倒的支持
・米における「保守=自立」精神を体現する人物。
・マーケティング、セールスを通じてメディアを使いこなしてきた人で、
 メディアの表も裏も知り尽くしている
・陸軍幼年学校に相当する学校を卒業している

という点も見落としてはならないでしょう。

ここで、去年夏の段階で
トランプ当選を予言し、出版していた
賢人を紹介します。

江崎道朗さんといいます。

マスメディアでは取り上げなくても、
わが国を救う優れた才能は、雨後のたけのこのように
各界で現れており、わが国も捨てたものではありません。

江崎さんはそのひとりです。

ネットでは結構有名ですが、
一般的にはまあ無名といってよいでしょう。

この人の、ナタのような強さと切れ味を持つ政治評論は、
読みやすいのに圧倒的に頭がよくなった読後感を
もたらしてくれます。

とくに、テーマ選びと切り口が天才的で、
知りたいと思うことを惜しみなく与えてくれます。

この本は江崎さんの出世作で、
2016年10月に発行された、
トランプ当選を予言した本です。

内容は、トランプを生み出すアメリカという国の実像を
あぶりだした「現在のアメリカ研究」というべき内容です。

この本に描かれている内容を超える
トランプ、アメリカの現実を伝えた報道、評論を
現時点でわたしは見ていません。

トランプについては、
日米メディアの報道ほぼすべてが
あてになりません。

トランプを理解し、生のアメリカを掴み、
わが国がいかに対応すべきかを知りたいなら、
いまのところこの本一冊で十分でしょう。

『マスコミが報じない トランプ台頭の秘密』
 江崎道朗
 H28.10.8発行
 http://amzn.to/2jNN7Y2

エンリケ

追伸
最終章の第三章は、トランプ、アメリカとは
直接関係ない内容なのですが、ここが一番面白かったり
します。

http://amzn.to/2jNN7Y2



【日本最大級】楽天トラベル


軍事情報へのお問い合わせはこちらまで


メルマガ「軍事情報」 登録(無料)はこちら↓でどうぞ

メルマガ購読・解除
 


米国軍隊、警察、特殊部隊、米国政府機関で正式に採用されている科学的護身術~コンバット・ファイティング


sponsored link

down

コメントする




CAPTCHA


その他

英霊来世

メルマガ購読・解除

 

 


「日の丸父さん」(1~12話)

▼机上論ではない、安保政策の理想的な教科書▼

▼精緻な銃器豆知識▼

▼最高の孫子解説書▼

▼三十六計で読み解くシナの戦略▼

▼自衛隊によるオリンピック支援の実際

▼水面下の戦争に勝つ▼

▼キーワードは「換骨奪胎」と「地政学教本」

▼インテリジェンスの教科書

▼明治以降の通説を覆した日露戦争陸戦史▼

▼再終末期の帝国陸軍の苦悩がわかる名著▼

▼防衛産業のすべてがわかる傑作▼

▼近現代日本の軍事史がつかめる貴重な一冊▼

▼国史の新常識▼

▼大楠公のエキスを吸収できる本▼

メルマガ登録

アーカイブ

あわせて読みたい

あわせて読みたい

最近検索されたキーワード

sponsored link

メルマガ購読・解除
軍事情報
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ


「日の丸父さん」(1~12話)
高速バスの予約 icon
■黒の経典SCS■歴史上の支配者が使っている女をものにする卑劣な方法とは?・・