*

江崎道朗:『マスコミが報じない トランプ台頭の秘密』

公開日: : 最終更新日:2017/02/01 おすすめの軍事本・書籍 , , ,

こんにちは。エンリケです。

アメリカをどう理解しているか?

戦後日本にとって最も重要なはずの外国・アメリカ。
しかしわが国朝野のアメリカ理解は浅いです。

最大の理由は
マスコミへの信仰
です。

日米マスメディアの構造はよく似ており、
サヨク的な世界観を持たない人を
魔女狩りする性格を持ちます。

朝日新聞がわが国の現実を
全く反映していないのと同じく、
ニューヨークタイムスやワシントンポストは
アメリカの現実の姿を反映していません。

日米マスメディアは、
現実を正確に反映していない
プロパガンダ機関でしかないということです。

トランプ当選を通じて
そのことを初めて知った人も多いことでしょう。

ちなみに米における政治信条を簡単に言えば
保守=自立
リベラル=依存
共通するのが自由です。

さて多くの人は
トランプ=成金のゲス野郎
というイメージでとらえさせられているようですが

・裕福な家庭の出身
・伝説的な成功者(わが国でいえば松下幸之助レベル)
・保守層の核心である自営業者(ビジネス起業家)からの圧倒的支持
・米における「保守=自立」精神を体現する人物。
・マーケティング、セールスを通じてメディアを使いこなしてきた人で、
 メディアの表も裏も知り尽くしている
・陸軍幼年学校に相当する学校を卒業している

という点も見落としてはならないでしょう。

ここで、去年夏の段階で
トランプ当選を予言し、出版していた
賢人を紹介します。

江崎道朗さんといいます。

マスメディアでは取り上げなくても、
わが国を救う優れた才能は、雨後のたけのこのように
各界で現れており、わが国も捨てたものではありません。

江崎さんはそのひとりです。

ネットでは結構有名ですが、
一般的にはまあ無名といってよいでしょう。

この人の、ナタのような強さと切れ味を持つ政治評論は、
読みやすいのに圧倒的に頭がよくなった読後感を
もたらしてくれます。

とくに、テーマ選びと切り口が天才的で、
知りたいと思うことを惜しみなく与えてくれます。

この本は江崎さんの出世作で、
2016年10月に発行された、
トランプ当選を予言した本です。

内容は、トランプを生み出すアメリカという国の実像を
あぶりだした「現在のアメリカ研究」というべき内容です。

この本に描かれている内容を超える
トランプ、アメリカの現実を伝えた報道、評論を
現時点でわたしは見ていません。

トランプについては、
日米メディアの報道ほぼすべてが
あてになりません。

トランプを理解し、生のアメリカを掴み、
わが国がいかに対応すべきかを知りたいなら、
いまのところこの本一冊で十分でしょう。

『マスコミが報じない トランプ台頭の秘密』
 江崎道朗
 H28.10.8発行
 http://amzn.to/2jNN7Y2

エンリケ

追伸
最終章の第三章は、トランプ、アメリカとは
直接関係ない内容なのですが、ここが一番面白かったり
します。

http://amzn.to/2jNN7Y2

このエントリーをはてなブックマークに追加
[`yahoo` not found]
[`yahoo_users` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`newsing` not found]
[`google_buzz` not found]
GREE にシェア
email this


【日本最大級】楽天トラベル


軍事情報へのお問い合わせはこちらまで


メルマガ「軍事情報」 登録(無料)はこちら↓でどうぞ

メルマガ購読・解除
 


米国軍隊、警察、特殊部隊、米国政府機関で正式に採用されている科学的護身術~コンバット・ファイティング


メルマガ購読・解除




 



「日の丸父さん」(1)


「日の丸父さん」(2)

関連記事

no image

渡部昇一・田母神俊雄 『日本は「侵略国家」ではない!』

田母神さんの最新刊 『日本は「侵略国家」ではない!』 著者:渡部昇一・田母神俊雄 発行:海竜社 発

記事を読む

モルデハイ・バルオン (Mordechai Bar-On)編・滝川義人訳『イスラエル軍事史』

こんにちは。エンリケです。 トランプ米大統領が、15日のイスラエルのネタニヤフ首相との会 談

記事を読む

谷光太郎:「米海軍から見た太平洋戦争情報戦 ーハワイ無線暗号解読機関長と太平洋艦隊情報参謀の活躍ー]

こんにちは。エンリケです。 国家が総力を挙げて取り組むのが戦争で、 そのとき情報はすべてをつ

記事を読む

no image

『「太平洋戦争」こう戦えば・・・ ~Ifの太平洋戦史~』

『「太平洋戦争」こう戦えば・・・ ~Ifの太平洋戦史~』 著者:三野正洋 発行:WAC出版 発行日:

記事を読む

デイブ バラネック (著), 茂木 作太郎 (翻訳):『F-14 トップガンデイズ』

こんにちは。エンリケです。 コードネームは「バイオ」 F-14トムキャットは10年前に退

記事を読む

『日本人の知らない「クレムリン・メソッド」-世界を動かす11の原理』

こんにちは。エンリケです。 この本を読めば、ひとことでいうと、 世界を動かしている原

記事を読む

いいあんばいの保守誌

こんにちは。エンリケです。 ひとつの記事の長さは、 長すぎず短すぎずの絶妙さ。 マンガ

記事を読む

no image

『中国人の交渉術』 産経新聞外信部 文藝春秋 の復刊支援(追伸つき)

メルマガ軍事情報が2日に1回ひそかに使っているシステム コンビーズメール http://www.co

記事を読む

no image

『世界がさばく東京裁判 ~85人の外国人識者が語る連合国批判』

『世界がさばく東京裁判 ~85人の外国人識者が語る連合国批判』 監修:佐藤和男(青山学院大学名誉教

記事を読む

自衛隊体育学校とオリンピック

こんにちは、エンリケです。 リオで銅メダルを取った 競歩の荒井選手が自衛官だと知る人は 多

記事を読む

メルマガ購読・解除




 



「日の丸父さん」(1)


「日の丸父さん」(2)

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

メルマガ購読・解除




 



「日の丸父さん」(1)


「日の丸父さん」(2)

メルマガ「軍事情報」の登録はこちらで(無料)

メールマガジン「軍事情報」は二〇〇〇年十月に創刊されました。軍事カテゴ

時系列【180809現在】尖閣周辺海域等における中共公船・海空軍の動きなど

170101 接水。4隻。1隻に機関砲。 170102 接水。8隻。

1/72 ロッキード マーチン F-35A ライトニングII

a8adscript('body').showAd({"req": {

帝国海軍駆逐艦「雪風」

a8adscript('body').showAd({"req": {

10式戦車

a8adscript('body').showAd({"req": {

市川文一『猫でもわかる防衛論』

ふざけた題名ですが、舐めてかかると痛い目に合います。 この本は、

→もっと見る

  • あわせて読みたい
PAGE TOP ↑