*

【8月12日配信】桜林美佐の国防ニュース最前線「中国との偶発的衝突に備えよ!あの冷戦時代の大事件の秘話も!ゲスト永岩俊道元西部航空方面隊司令官・航空支援集団司令官元・空将」【チャンネルくらら】

●中国の公船、漁船が尖閣周辺の日本の領海に相次いで進入する理由は?地域限定戦争なら米国に対峙できる?
●あの冷戦期の大事件の秘話も!

このエントリーをはてなブックマークに追加
[`yahoo` not found]
[`yahoo_users` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`newsing` not found]
[`google_buzz` not found]
GREE にシェア
email this


【日本最大級】楽天トラベル


軍事情報へのお問い合わせはこちらまで


メルマガ「軍事情報」 登録(無料)はこちら↓でどうぞ

メルマガ購読・解除
 


米国軍隊、警察、特殊部隊、米国政府機関で正式に採用されている科学的護身術~コンバット・ファイティング


メルマガ購読・解除




 



「日の丸父さん」(1)


「日の丸父さん」(2)

関連記事

no image

Cyber Infrastructure Protection

Edited by Dr. Tarek N. Saadawi, COL Louis H. Jorda

記事を読む

no image

防衛省が公開している資料群

◎防衛白書 http://www.mod.go.jp/j/publication/wp/index

記事を読む

【8月5日配信】桜林美佐の国防ニュース最前線「北朝鮮ミサイル日本EEZ内に落下!朝鮮半島は今後どうなる?日本の防衛は?~福山隆元西部方面総監部幕僚長・陸将にお聞きします!」【チャンネルくらら】

防衛駐在官という任務 ~38度線の軍事インテリジェンス~ 福山 隆 (著)

記事を読む

【6月10日配信】新番組!桜林美佐の国防ニュース最前線「宗像久男元陸将(元東北方面総監)をお迎えして~熊本地震と自衛隊災害派遣についてお聞きします」 【チャンネルくらら】

「みちのくアラート」はものすごいものだった!

記事を読む

中東情勢を見るスタンス

ガザ地区におけるハマスとイスラエルの衝突が他の地域に飛び火するようなことがあれば、際限のない戦い(=

記事を読む

【6月24日配信】桜林美佐の国防ニュース最前線「スクープ!対中国、空でも高まる緊張!織田邦男元航空支援集団司令官、空将にお聞きします」【チャンネルくらら】

戦いは空から始まります。

記事を読む

no image

情報活動のテキスト秀作3冊

 震災での自衛隊の活躍によって、国民の軍隊忌避の空気はだいぶ変わってきている様だ。 一方、

記事を読む

【配布】『安倍晋三内閣が策定した「国家安全保障戦略」を読み解く』

この記事は、 『軍事研究』誌で3回にわたって連載されたものです。 各方面の了解をいただきましたの

記事を読む

中共、対米空母用電磁パルス(EMP)兵器を開発中

米国家陸上情報センター(NGIC)は米陸軍情報集団・情報保全集団の一組織で世界各地の地上軍に関する情

記事を読む

no image

軍事情報記事(080421) 自衛隊:「幕僚長=参謀総長・軍令部総長」という誤解

「幕僚長=参謀総長・軍令部総長」という誤解がありますね。 これは国民の自衛隊理解が浅い典型のひとつで

記事を読む

メルマガ購読・解除




 



「日の丸父さん」(1)


「日の丸父さん」(2)

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

メルマガ購読・解除




 



「日の丸父さん」(1)


「日の丸父さん」(2)

メルマガ「軍事情報」の登録はこちらで(無料)

メールマガジン「軍事情報」は二〇〇〇年十月に創刊されました。軍事カテゴ

時系列【180809現在】尖閣周辺海域等における中共公船・海空軍の動きなど

170101 接水。4隻。1隻に機関砲。 170102 接水。8隻。

1/72 ロッキード マーチン F-35A ライトニングII

a8adscript('body').showAd({"req": {

帝国海軍駆逐艦「雪風」

a8adscript('body').showAd({"req": {

10式戦車

a8adscript('body').showAd({"req": {

市川文一『猫でもわかる防衛論』

ふざけた題名ですが、舐めてかかると痛い目に合います。 この本は、

→もっと見る

  • あわせて読みたい
PAGE TOP ↑