メールマガジン「軍事情報」のホームページ

創刊2000年10月のメールマガジン「軍事情報」です。

日の丸父さん(6)石原ヒロアキ 「官舎の子供たち」

time 2016/06/20

日の丸父さん(6)石原ヒロアキ 「官舎の子供たち」

今週の漫画はこちら

http://okigunnji.com/url/113/

sponsored link

元気な声で挨拶する官舎の子供たち

自衛隊の官舎には小さい子供たちがたくさんいます。これにはいくつか
の理由があります。官舎に入居するには点数制になっていて、点数の
高いものから入ります。階級が低くて若い隊員は官舎入居に必要な点数
が低いのですが、子供が多いと点数が飛躍的に増えるのです。

また、家を買うまでのあいだ、若いうちに官舎に住んで資金を貯める人も
結構います。転属が多い幹部は、子供が小学校までは基本的に家族同伴
で官舎住まいですが、中高生になると家を買って定住し、本人は単身赴任
になる傾向があります。これらの理由により官舎に小さい子供が多いのです。

官舎には通常小さい公園や広場があります。官舎の奥さんどうしは、
旦那さんも同じ職場が多いため顔見知りが多く、この公園や広場で井戸端
会議をしますので子供たちも自然とこの公園や広場で一緒に遊ぶように
なります。

またこの公園や広場は、まわりが柵で囲われており、不審者も入って
きにくいし、子供も遠くに行ってしまう心配がないため、監視役の大人が
少なくてよいという利点もあります。

昔はガキ大将がいて小さい子供たちをまとめて遊んでいた、ということ
をよく聞きますが、官舎ではいまだにこの風習が生きているところが多い
ように思います。とくに小学生の高学年はよく低学年の面倒を見ます。
一緒に遊ぶだけではなく、トイレに連れて行ったり、ケガをしないように
注意したり、集団で行動するルールを守らせたりと感心します。挨拶など
もしっかりします。朝夕、すれ違うたびに元気な声で挨拶されると、
こちらもすごく気持ちがよくなります。

引っ越しが多い官舎の子供たち

自衛官の子供たちは一般によく勉強をします。真面目な子が多いような
気がします。自衛官の子弟が通う学校の成績は非常に良いという話も
聞きます。私の周りの同僚、部下の子供たちは、多くが国立大学や
防衛大学校などに進学していました。理由はよくわかりませんが、
自衛官は仕事上よく勉強するため、親の背中をみて育ったせいでしょうか。

自衛官は専門知識(MOS:Military Occupational Speciality、
自衛隊内で使用する各種資格)を使って働くので、よく入校したり国家資格
を取ったりします。2〜3歳の親と遊びたい年頃の子供が泣きじゃくるのを
振り切って、心を鬼にして勉強机にかじりついた記憶がある幹部は多いはず
です(とくに幹部学校の指揮幕僚課程受験)。

私も自衛隊に入隊してから、英語検定、第1種放射線取扱主任者、
幹部学校技術高級課程受験などの試験勉強をしました。また、親は子供が
勉強することに非常に熱心に後押しします。私の先輩の娘さんが、音大に
行きたいというので官舎にグランドピアノを入れていました。彼女は寝る
場所がなく、ピアノの下に寝ていたということです。

もちろん中にはとんでもない悪ガキもいるわけで、いろいろと困らせますが、
いつも大人が見ているのでたいがい大事にはいたりません。

また、自衛官の幹部は転属が多いので、官舎の子供も出入りが多いと
いうのも特徴があります。そのたびに出会いと別れがあるのですが、
子供にとっては友だちと別れるのはやはりつらいのではないでしょうか?

幹部は平均2年で転属しますので、2年ごとの出会いと別れはかわいそうな
気がします。まれにですがうつになったり、登校拒否になったりする子がいる
と聞きます。私の同期でも幹部自衛官を親に持つ者がいます(彼らは「官品」
(かんぴん)と呼ばれることがあります)。「子供には自分のようなつらい思い
をさせたくない」という者もいれば、「そんなの気にしない。本人の気の持ち
ようだ」という者もいます。

私の子供は一人娘ですが、官舎ではいつも大勢の子供たちと遊んで
いました。家の中もいつも大勢の子供たちがいました。同じ年の友だちだけ
ではなく、さまざまな学年の子供たちと遊べる独特のコミュニティが官舎には
あります。娘にとってはいい社会勉強の場になったと思います。それこそ官舎
に感謝しています。

きょうの漫画はこちらからどうぞ
⇒ http://okigunnji.com/url/113/
※期間限定(6/30まで)で無料

漫画のバックナンバーはこちら
⇒ http://okigunnji.com/url/109/

(つづく)

(いしはら・ひろあき)

【著者紹介】
石原ヒロアキ(ペンネーム)
1958年、宮城県石巻市生まれ。青山学院大学卒業後、陸上自衛隊入隊。
第7化学防護隊長、第101化学防護隊長を歴任。その間地下鉄サリン事件、
福島第1原発災害に出動。2014年退職。学生時代赤塚賞準入選の経験
を活かし、戦争シミュレーション漫画『ブラックプリンセス魔鬼 全10巻』
(電子書籍版)を発売中。『漫画で学ぶサイバー犯罪から身を守る30の
知恵』(ラック サイバー・グリッド・ジャパン・並木書房)の漫画を担当。
家族3人(一女)。本名:米倉宏晃。

『ブラックプリンセス魔鬼』
http://okigunnji.com/url/50/
『漫画で学ぶサイバー犯罪から身を守る30の知恵』
http://okigunnji.com/url/17/
『日の丸父さん』漫画バックナンバー
http://okigunnji.com/url/109/

※最近「石原ヒロアキまんが館」(URL:http://okigunnji.com/url/97/
というホームページを開設しました。

ここには、化学学校ホームページで掲載中の4コマ漫画
『CBRNロボタマ子さんが行く!!』を毎週1話ずつアップしていきます。

このホームページは部内用なので普通閲覧できませんが、
CBRN(シーバーン)の啓蒙も兼ねて化学学校の許可を得て
掲載しています。ぜひご覧ください。



【日本最大級】楽天トラベル


軍事情報へのお問い合わせはこちらまで


メルマガ「軍事情報」 登録(無料)はこちら↓でどうぞ

メルマガ購読・解除
 


米国軍隊、警察、特殊部隊、米国政府機関で正式に採用されている科学的護身術~コンバット・ファイティング


sponsored link

down

コメントする




CAPTCHA


その他

英霊来世

メルマガ購読・解除
 




「日の丸父さん」(1~12話)

▼机上論ではない、安保政策の理想的な教科書▼

▼精緻な銃器豆知識▼

▼最高の孫子解説書▼

▼三十六計で読み解くシナの戦略▼

▼自衛隊によるオリンピック支援の実際

▼水面下の戦争に勝つ▼

▼キーワードは「換骨奪胎」と「地政学教本」

▼インテリジェンスの教科書

▼明治以降の通説を覆した日露戦争陸戦史▼

▼再終末期の帝国陸軍の苦悩がわかる名著▼

▼防衛産業のすべてがわかる傑作▼

▼近現代日本の軍事史がつかめる貴重な一冊▼

▼国史の新常識▼

▼大楠公のエキスを吸収できる本▼

メルマガ登録

アーカイブ

あわせて読みたい

あわせて読みたい

最近検索されたキーワード

sponsored link

メルマガ購読・解除
軍事情報
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ



「日の丸父さん」(1~12話)
高速バスの予約 icon
■黒の経典SCS■歴史上の支配者が使っている女をものにする卑劣な方法とは?・・