*

『世界がさばく東京裁判 ~85人の外国人識者が語る連合国批判』

公開日: : 最終更新日:2014/06/06 おすすめの軍事本・書籍 , , ,

『世界がさばく東京裁判 ~85人の外国人識者が語る連合国批判』

監修:佐藤和男(青山学院大学名誉教授法学博士
発行:明成社
発行日:2005年8月
http://tinyurl.com/2g5h85d

1995年にジュピター出版から出て、2005年に再刊されたロングセラーです。
わが国再生の核心「国民の精神復興」をはぐくむ上で緊要的に重要な書といえます。



東京裁判なるものが、いわゆる国際法上の根拠を欠いた、不正で、戦勝国の偽善的かつ
恣意的な政治行動であったことについては、渡部昇一先生や田母神さんをはじめとする
良心的な言論人がさまざまな形で行っています。

本著最大の特徴は、海外の識者85名による東京裁判批判を紹介している点にあります。
同種の書は、知る限りこれ以外に見当たりません。
わが国で知られているのは「パール判事」ですが、それ以外にも、東京裁判の不正・
邪悪さを指摘する人々はたくさんいます。主な内容は次のとおりです。

ベルト・レーリンク判事(蘭)の東京裁判への総括的批判
○ 「いかさまな法手続だ」(ジョージ・ケナン米国務省政策企画部長
ウィリアムローガン東京裁判弁護人(米)の「アメリカ戦争責任」論
○ 「山下裁判」を批判したエドウィン・O・ライシャワー元米駐日大使
管轄権なき「見せ物」裁判に反対したウィリアム・ウェッブ東京裁判裁判長(濠)
○ 「インド政府はパール判決を支持する」(P・N・チョップラ インド教育省次官)
○ 「東京裁判は国際法を退歩させた」(ロバート・ハンキー元英内閣官房長官
講和会議で東京裁判を批判したラファエル・デ・ラ・コリナ駐米メキシコ大使

( http://www.meiseisha.com/katarogu/sekaigasabaku/toukyosaiban.htm より)

名称が「裁判」とついているせいか、多くの人が、あたかも厳正な司法裁判と同様に
東京裁判を錯覚しています。しかし実際は、いわゆる国際法に違反する
軍事作戦として実行された偽善的・恣意的な謀略戦の一環」に過ぎません。

すなわちこの出来事は、本質的に連合国(United Nations)の政治行動だったという
ことです。

英国の首相だったチャーチルは東京裁判について、「これで日本は百年間は立ち直れ
ない」といったそうですが、おそらく同情からではなく、東京裁判の意図がポロリ
と口からでた、ほくそえんでの言でしょう。
それほど「国の歴史の断ち切り」「国民精神の破壊」は効果があります。

ここでひとつの疑問が生まれると思います。
海外の識者による東京裁判批判書を読むことが、何故あなたに必要なのでしょうか?

「欧米を敵に回してまた戦争して勝つため?」 違います
「国内の反日論者に対する理論武装をするため?」 違います

「東京裁判は、いわゆる国際法を無視して行われたリンチに相当するものだから、
わが国民は、その結果がもたらした自国卑下の感情を持つ必要など毛頭ないことを、
国際的な視野を通じ、あなたが幅広い視野からお子様やご家族に伝え、わが国を再生
するため」です。

自国への卑下意識からの解放については、公教育の見直しだけでは実効性に欠けると
私は考えています。人づくりの原点である家庭での啓蒙が不可欠です。
子供ができた段階で、すでに家庭にはテレビをはじめとする「社会を伝えるメディア
が存在していることも大きいですね。

公教育やマスコミを通じて行われているのは、
日露戦争から大東亜戦争終戦までの間だけを対象とした歴史評価を通じての
「悪い国日本」「悪い日本人」を印象付ける作為です。
この影響で、多くの家庭の意識はそこから大きく外れることはなくなっています。

その根こそが東京裁判にあるということです。

東京裁判が、わが国を弱体化させるためだけに、目に見えないわが国最良のものを
破壊するため行われた、国際的に何ら正当性のない謀略であったことをあなたが
しっかり確信、決心されたら、ご家族もふらふらしなくなってゆくと思います。

また、東京裁判への正当な評価を持つことを通じて、わが歴史への誇りを取り戻すの
は、わが国弱体化工作に対処するために、あらゆる層の国民が参加できる唯一のこと
ともいえます。

東京裁判の本質への深い理解を通じて浮かび上がってくることこそが、
わが国再生にあたって最重要な核心ともいえるでしょう。

東京裁判の本質を深く理解してその呪縛から自らを解放し、
「古来より受け継がれてきたわがよきもの」を再発見し、取り戻し、はぐくみ、
それを後世におしみなく受け継ぐ。

そのための自信づくりのため、あなたにはぜひ読んでいただきたい一冊です。

すでにお持ちの方は、再読してください。
これからお読みになる方も、何度も何度も読み込んで、ご自分の血肉にしてください。

オススメします。

エンリケ航海王子

目次

序 東京裁判史観を裁判せよ   初代国際連合大使 加瀬俊一
レーリンク判事の<東京裁判>への総括的批判─はしがきに代えて 佐藤和男

第一章 知られざるアメリカ人による<東京裁判>批判
~なぜ日本だけが戦争責任を追及されるのか
第二章 戦犯裁判はいかに計画されたか
~国際法違反の占領政策
第三章 追及されなかった「連合国の戦争責任」
~裁判の名に値しない不公正な法手続
第四章 蹂躙された国際法
国際法学者による「極東国際軍事裁判所条例」批判
第五章 <東京裁判>は、平和探求に寄与したか
~残された禍根と教訓
第六章 戦後政治の原点としての<東京裁判>批判
独立国家日本の「もう一つの戦争史」
付録1 誤訳としての「侵略」戦争
~アグレッションの訳語には「侵攻」が適当
付録2 日本は東京裁判史観により拘束されない
サンフランシスコ平和条約11条の正しい解釈

このエントリーをはてなブックマークに追加
[`yahoo` not found]
[`yahoo_users` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`newsing` not found]
[`google_buzz` not found]
GREE にシェア
email this


【日本最大級】楽天トラベル


軍事情報へのお問い合わせはこちらまで


メルマガ「軍事情報」 登録(無料)はこちら↓でどうぞ

メルマガ購読・解除
 


米国軍隊、警察、特殊部隊、米国政府機関で正式に採用されている科学的護身術~コンバット・ファイティング


メルマガ購読・解除




 



「日の丸父さん」(1)


「日の丸父さん」(2)

関連記事

no image

教科書 日本の防衛政策

わが自衛隊の姿は「戦後日本の国防政策」のなかで形になります。 われわれと軍との関わりも「戦後日本の国

記事を読む

【読者投稿】『日本のために』井上太郎を推薦します。

『日本のために』井上太郎を推薦します。 http://okigunnji.com/1tan/lc/

記事を読む

no image

本の紹介

■『【新訳】名将言行録』 兵頭二十八 PHP 2008/10発行 戦国武将の選りすぐりの言行をまとめ

記事を読む

北室南苑(編著)「陽明丸と800人の子供たち」

こんにちは。エンリケです。 「陽明丸と800人の子供たち」は、ロシアのこどもたち800人を救っ

記事を読む

no image

14歳からの戦争学

『14歳からの戦争学』 松村劭 株式会社エイチアンドアイ 2007/12/22発行 もしかしたら お

記事を読む

no image

あなたの対シナIQを、周りの人より圧倒的に高くする方法

こんにちは。エンリケです。 シナの脅威とはいったい何か?米とシナの戦争シミュレーション

記事を読む

【7月1日配信】桜林美佐の国防ニュース最前線「中国軍機、空自機に攻撃動作?続報は?~『オリンピックと自衛隊』ライター渡邉陽子さん」【チャンネルくらら】

 

記事を読む

【福山隆】島嶼国家日本の新国防戦略~『日本離島防衛論』[桜H26/7/8]

離島からの防衛という視点。非常に斬新です。 ちなみに福山さんは32普通科連隊長当時、オウム

記事を読む

故・松村劭元陸将補

故・松村劭陸将補といえば、メルマガを始めたころに手に入れた戦術と指揮 が印象に残っています。

記事を読む

no image

田母神問題が87分でスッキリわかるヒミツの方法

田母神問題が87分でスッキリわかるヒミツの方法

記事を読む

メルマガ購読・解除




 



「日の丸父さん」(1)


「日の丸父さん」(2)

メルマガ購読・解除




 



「日の丸父さん」(1)


「日の丸父さん」(2)

メルマガ「軍事情報」の登録はこちらで(無料)

メールマガジン「軍事情報」は二〇〇〇年十月に創刊されました。軍事カテゴ

時系列【180809現在】尖閣周辺海域等における中共公船・海空軍の動きなど

170101 接水。4隻。1隻に機関砲。 170102 接水。8隻。

1/72 ロッキード マーチン F-35A ライトニングII

a8adscript('body').showAd({"req": {

帝国海軍駆逐艦「雪風」

a8adscript('body').showAd({"req": {

10式戦車

a8adscript('body').showAd({"req": {

市川文一『猫でもわかる防衛論』

ふざけた題名ですが、舐めてかかると痛い目に合います。 この本は、

→もっと見る

  • あわせて読みたい
PAGE TOP ↑