*

軍隊でも腕力がものを言う——外人部隊の真実(3) 合田洋樹

公開日: : 最終更新日:2016/03/28 合田洋樹, 外人部隊の真実 ,

□はじめに

 今回は、ほかの軍隊と同様、外人部隊でも最終的には
「腕力が物を言う」ということについて書きます。
外人部隊では、体格がよく、腕っ節の強い者は、良い意味
でも悪い意味でも一目置かれる存在となっています。

 しかし、志願時には格闘技をやっていてもあまり重要視されません。
外人部隊側にとって重要なのは格闘技歴ではなく、
「犯罪歴がないか、また身元確認がしっかりとできるか」だからです。

 もちろんその分野で実績を上げていれば入隊に有利になる
かもしれません。外人部隊には柔道、ボクシング、キックボクシング
といった格闘技クラブがあり、有望だと思われる者は各連隊
配属されたあと、格闘技クラブに入るよう勧誘されます。
そこで実績を上げればさまざまな大会に出られるチャンスが訪れるでしょう。

 最近では第2外人落下傘連隊の軍曹が、ISKA(国際競技キック
ボクシング協会)のヨーロッパチャンピオンになったり、伍長が
フランス軍のボクシングチームの一員に選ばれ、韓国で行なわれた
ミリタリーワールドゲームズに参加しています。

 当然のことですが、仮に柔道の元金メダリストや、ボクシングの
世界チャンピオンが入隊しても、伍長になるまでは便所掃除などの
雑用はやらなければなりません。外人部隊に志願した段階から、
バックグラウンドの違うすべての入隊者が、同じスタートラインに
立つことになるからです。

 それでは本編に入ります。

▼軍隊では「腕力」がものを言う

 どこの世界でもそうだが、軍隊でも腕力がものを言う。たいていの者
は自分より強い相手には遠慮してしまう。軍隊で暮らすには「強い男」
であるということはかなり重要だ。いくら上官でも、自分よりも明らかに
強い部下であれば多少は気を使う。同じ中隊の仲間ならなおさらだ。
だから日本人部隊兵にはまわりから畏怖されるような存在になってほしい。

 もちろん日常生活で暴力的な行動や態度をとれと言っているのではない。
それでは単なるパワハラで、仲間の恨みを買い、敵を作ることになる。
何か問題に巻き込まれても誰も助けてくれないだろうし、下手をすれば
戦闘中のどさくさで背後から撃たれないとも限らない。

 個人どうしが尊重し合える関係にならなければ、不要な争いごと
が生まれる。それは日本の武道の教えにも反するだろう。

 警務課で一緒に働いていたスロバキア人伍長は、「オレは日本人
は好きだけど、韓国人は嫌いだ」と言っていた。理由を聞いたら、
彼の基礎教育中の同期だった韓国人がテコンドーの有段者
でありながら、非常に暴力的で、気に入らない同期によく暴力を
振るっていたそうだ。

 日本人も含め、外人部隊兵の中には「外人部隊では何をやっても
許される」と勘違いをしている者がいる。誇張された映画や本の影響
かもしれないが、妙に態度が尊大な者がいる。同僚に限らず、
民間人に対しても同様な態度をとる。それが残念でならない。
民間人に嫌われては、部隊の存続にも関わる。

 ここで言う「畏怖される存在」とは、単に暴力的で、恐怖心を与える
威圧的な輩ではない。謙虚ながらも、やる時はやるという心構えを、
自然と見せられる者だ。そしてその強さゆえに周囲に気を配ること
ができる部隊兵である。

 落下傘連隊にいる日本人部隊兵の中には、格闘技をやっていた者
が数人いるが、みんな度胸が座っており、同僚からも一目置かれている。

 勤続4年半の北村伍長は、私と同年齢で、人生経験豊富な男だ。
サラリーマン経験があるからか、人あたりがとてもよく、誰からも
好かれるタイプだ。軍人でありながら、民間人気質も備えていて、
しかもムエタイをやっていたので、肉体的にも精神的にも強く、
まわりからも高く評価されている。

 しかし、なかには「お前が格闘技をやっていようがそんなことは
どうでもいい。オレにはこれがあるからな」と不敵な笑いとともに
巨大なつるはしの柄(え)を持ち出してくる古参の下士官もいる。
つるはしの柄は、過去に部隊内で「罰」を与えるためによく使われた
ものだ。

(つづく)

(ごうだ・ひろき)

【著者紹介】
合田洋樹(ごうだ・ひろき)
1978年神奈川県生まれ。都内の高校卒業後18歳で渡仏。
1997年フランス外人部隊に入隊。計17年半勤務し2014年11月除隊。
最終階級は上級伍長。在隊中は主に第2外人落下傘連隊に在隊し、
ジブチの第13外人准旅団にも計3年在隊。長い在隊期間中の約11年間
を後方支援中隊にて事務員として勤め、そのうちの5年半を警務課で
勤務。外人部隊を深く理解するうえでこの部署での経験が非常に役立つ。
『外人部隊125の真実』を近く出版予定。ほかに第2外人落下傘連隊に
ついての電子書籍版を執筆中。

《長期派遣歴》
1997年01998年ジブチ、2009年02011年ジブチ
《短期派遣歴》
1999年ボスニア、2000年ガボン、2001年ジブチ、2002年ギアナ、
2004年ジブチ、2006年ジブチ、2010年カタール、2011年ウガンダ

このエントリーをはてなブックマークに追加
[`yahoo` not found]
[`yahoo_users` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`newsing` not found]
[`google_buzz` not found]
GREE にシェア
email this


【日本最大級】楽天トラベル


軍事情報へのお問い合わせはこちらまで


メルマガ「軍事情報」 登録(無料)はこちら↓でどうぞ

メルマガ購読・解除
 


米国軍隊、警察、特殊部隊、米国政府機関で正式に採用されている科学的護身術~コンバット・ファイティング


メルマガ購読・解除




 



「日の丸父さん」(1)


「日の丸父さん」(2)

関連記事

「私の志願動機」 外人部隊の真実(1) 元上級伍長 合田洋樹

 みなさま、はじめまして。  Caporal-chef(カポラルシェフ)(er)G

記事を読む

外人部隊の老人ホーム「ピュルビエ」ーー外人部隊の真実(最終回)  元上級伍長 合田洋樹

 計12回にわたって私のメルマガにお付き合いいただき、本当に ありがとうございました。

記事を読む

外人部隊に関心あるあなたへ

外人部隊採用キャンペーン(仏大使館HP) http://www.ambafrance-jp.org/

記事を読む

外人部隊特製「宣誓書」カード

外人部隊特製「宣誓書」カード。裏面に宣誓の言葉がフランス語で書かれています。

記事を読む

外人部隊の裏が見える警務課での経験————外人部隊の真実(10)

著者・合田洋樹さんのデビュー作はコチラ↓ 『外人部隊125の真実―戦士たちの知られざる世界

記事を読む

なぜ日本人はフランス語が喋れないのか?―外人部隊の真実(4)  元上級伍長 合田洋樹

はじめに  今回は、なぜ日本人部隊兵はフランス語がなかなか上達しないのか、

記事を読む

日本人が入隊することで部隊にプラスになる————外人部隊の真実(9) 元上級伍長 合田洋樹

はじめに  今回は日本人が多く入隊すると、外人部隊にどのようなメリット が出てく

記事を読む

スローライフを夢見る部隊兵―外人部隊の真実(7)

はじめに  今回は15年以上在隊し、恩給を支給されている外人部隊兵は、除隊後にどの

記事を読む

今も受け継がれる「アノニマ(偽名)」制度―外人部隊の真実(5)

はじめに  初めてのメルマガ連載に不安がありましたが、読者の方々から さまざまな

記事を読む

最低限の基礎体力をつけてから志願しよう ― 外人部隊の真実(2)  元上級伍長 合田洋樹

□はじめに  この項では、外人部隊に志願するに際して、最低限達して欲しい 基礎体

記事を読む

メルマガ購読・解除




 



「日の丸父さん」(1)


「日の丸父さん」(2)

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

メルマガ購読・解除




 



「日の丸父さん」(1)


「日の丸父さん」(2)

メルマガ「軍事情報」の登録はこちらで(無料)

メールマガジン「軍事情報」は二〇〇〇年十月に創刊されました。軍事カテゴ

時系列【180809現在】尖閣周辺海域等における中共公船・海空軍の動きなど

170101 接水。4隻。1隻に機関砲。 170102 接水。8隻。

1/72 ロッキード マーチン F-35A ライトニングII

a8adscript('body').showAd({"req": {

帝国海軍駆逐艦「雪風」

a8adscript('body').showAd({"req": {

10式戦車

a8adscript('body').showAd({"req": {

市川文一『猫でもわかる防衛論』

ふざけた題名ですが、舐めてかかると痛い目に合います。 この本は、

→もっと見る

  • あわせて読みたい
PAGE TOP ↑