メールマガジン「軍事情報」のホームページ

創刊2000年10月のメールマガジン「軍事情報」です。

インテリジェンスの教科書

time 2015/12/18

インテリジェンスの教科書


『戦略的インテリジェンス入門』

< 本書はある意味で私の卒業論文です。私は防衛省で30年以上にわたり、情報分析

官などとして第一線に勤務してきました。その間、分析能力を高めたいとの思いで、

さまざまな公刊書籍を読んでは、読書ノートを作成してきました。このたび、自衛官

を退官するにあたり、ある後輩から分析手法を学びたいとの依頼を受けたことを契機

に、防衛省などに所属する若手分析官に対して、自らが修得した知識や技法を伝授

したいと考えました。そこで、身につけておくべきインテリジェンスの知識、役立つ

分析手法などを、私なりにできるだけ体系的にまとめました。

本書はすべて公開資料を基にしており、秘密に属する箇所はありません。いわ

ば、万人が知っておくべき内容です。現在、国家としての「インテリジェンス・リテラ

シー」の向上が叫ばれていますが、その意味では、大学生などが本書に関心を持

ち、情報戦史や分析手法を学ぶ契機となれば幸甚です。>

(上田篤盛)

こんにちは。エンリケです。

現在、国際社会は結束してテロ根絶を目指しています。
弊メルマガの読者のあなたでしたら、この認識は納得ゆくものでしょう。

わが国も来年の伊勢サミット、2020年の東京オリンピックを控え、
「国際テロ情報収集ユニット」を発足させました。

テロ対策の基本は、なんと言っても「インテリジェンスの強化」です。
テロを未然にふせぐには情報収集・分析が不可欠です。

インテリジェンスはお上のやること。
という感覚を持つ人がいるかもしれませんが、決してそうではありません。

国民レベルでも、日々の報道が伝える断片的な情報にどういう意味があるか?
について、専門家レベルまでは必要ないものの、政治に物申すレベルで
「妥当な」意見を持つことが不可欠な時代に入っています。

それには「インテリジェンス・リテラシー」ともいうべき、
「情報を料理するスキル」が必要となります。

ところが残念ながら、巷にあふれつつある「インテリジェンス本」は、
著者のインテリジェンススキルから得た成果を公開しているものですよね。

これでは、自分の中にインテリジェンスリテラシーを築き上げることは難しいです。

そんな折、火曜日の連載「兵法三十六計」の著者、上田篤盛さんが
『戦略的インテリジェンス入門』
という本を上梓されました。

上田さんは、防衛大学校卒業後、一貫して情報職種に従事し、
今年10月に退官された方です。

この本は、情報をどうやって集め、分析し、活用するか?を基礎から紹介した、
まさに「インテリジェンスの教科書」といえる書です。

「あなたがインテリジェンススキルを身につけ、成果を出すこと」
を目的とする書です。

ほかの本と何が違うか?
と聞かれたら、

この点が違う。

とわたしは言うでしょう。

まさに「インテリジェンス・リテラシー」を、
あなたの中に築き上げる書です。

わが安全保障を確かなものにするためには、国民レベルでも
インテリジェンスの素養は欠かせないのです。

あなたにこの本を手に取っていただきたい。
そう思っています。いや、願っています。

平成27年師走

メールマガジン「軍事情報」
エンリケ航海王子


『戦略的インテリジェンス入門』

『戦略的インテリジェンス入門』

の目次は以下のとおりです。

——————————-

目  次

はじめに 1

第1章 戦略的インテリジェンスの概念  9

第1節 インテリジェンスとは何か? 10
「情報」の語源/インテリジェンスとインフォメーションの区分/インテリジェンスの
3つの定義/情報とインテリジェンスの対等な関係/インテリジェンスに必要な3つの
知識/戦略的インテリジェンスと作戦(戦術)的インテリジェンス

第2節 戦略とは何か? 15
拡大する戦略の概念/戦略の3つの区分/日本の戦略体系

第3節 戦略的インテリジェンスとは何か? 18
脅威とリスク/脅威を構成する2つの要素/意図と能力の関係/意図見積と行動予測見積

第4節 戦略的インテリジェンスの作成 22
プロダクトの作成と種類/動態インテリジェンス/トレンド分析/長期分析/
見積インテリジェンス/情勢見積と可能行動見積/可能行動見積に必要な3つの分析

第5節 戦略的インテリジェンスの構成要素 25

第6節 日本の戦略的インテリジェンス 27
「国家安全保障戦略」の特徴と思考体系/日本の安全保障上のリスクと脅威/
同盟国に対するインテリジェンス

第2章 インテリジェンス・サイクル  33

第1節 循環するインテリジェンス・サイクル 34

第2節 計画・指示の目的と手順 36
「目標指向」で優先順位を決める/情報収集計画を作成する/目標指向の弊害と解決策

第3節 情報収集の目的と手順 39
1 情報源と収集手段 39
収集の手順/第一次情報源と数次情報源/情報収集手段の区分/オシント/シギント/
イミント/ジオイント/ヒューミント/マシント/各種収集手段の総合的な活用
2 情報収集のプラットフォーム 54
人工衛星/成層圏プラットフォーム/偵察機/情報収集艦

第4節 情報の処理とその手順 60
処理の必要性/処理の手順/情報源および情報の評価

第5節 インテリジェンスの分析・作成とその手順 66
とくに重要な分析・作成/問題の定義/問題の概観/情報の収集・評価(証拠の分類・整理)/
分析(仮説の立案と証明/統合/解釈/プロダクトの作成/論理的なプロダクトの作成/
文書の作成/口頭報告や発表資料の作成

第6節 インテリジェンスの配布 74
適時性の重視/新たな情報要求への対応と反証の用意/保全の重要性/秘密区分の指定/
サード・パーティ・ルール(第三者への情報秘匿原則)/ニード・トゥ・ノウ/サニタイズ

第3章 インテリジェンスの分析と作成  79

第1節 分析・作成上の着眼 80
適時性か?正確性か?/4つの分析視点/背景分析/相関分析/予測分析/影響分析/
意図見積か?能力評価か?/意図見積上の着眼/能力評価上の着眼/白紙的能力/
実質的能力/現実的能力/戦略環境を考察するうえでの着眼/戦略環境の変化に対応する

第2節 情報分析官に求められる資質と心構え 88
使用者のニーズに答える/組織人としての協調性を保持する/専門性を高める/
客観性・論理性を修養する/継続的観察により変化を察知する/推理力を働かせ、一片の兆候
から真実を読み取る/観察眼を養い本質を見抜く/先見洞察力を磨き変化の先をとらえる

第3節 分析・作成上の各種阻害要因 96
各種の阻害要因(致命的な7つの罪)/ミラー・イメージング(鏡像効果)/ヒューリスティック
におけるバイアス/典型のヒューリスティック/利用可能性のヒューリスティック/
因果関係のヒューリスティック/アンカーリングのヒューリスティック/
後知恵のヒューリスティック/政策決定者の思い込み(誤ったマインドセット)/
政策決定者による圧力/真実を歪める情報操作/各種阻害要因の克服に向けて

第4節 分析的思考法 102
氷山分析/地政学的視点/歴史的視点/文化的視点/アリソン・モデル(複眼的思考)/
相関関係と因果関係/兆候(予兆)と妥当性/パズルとミステリー/定性的分析と
定量的分析/有効性と有用性/「縦の比較」と「横の比較」/論理的思考と創造的思考/
拡散的(発散的)思考と収束的思考/帰納法と演繹法

第5節 分析手法 117
1 分析手法が持つ9つの効用 117
2 分析テーマを具体化し、切り口を明確にする 118
「問題の具体化」/基本的な分析手法「MECE(ミッシー)」/
「MECE」を応用した階層ツリー法
3 事象の背後関係、相関・因果関係を明らかにする 123
分類分析/リンクチャート/米駆逐艦コールに対する自爆テロのタイムライン/
テロリストの人物像/クロノロジー/なぜなぜ分析/特性要因図(魚の骨)/
マトリックス分析
4 現在の特性、傾向を探る 139
定量的比較分析/同一事象比較分析/キーワード分析
5 相手国の戦略的意図を分析する 148
関連樹木法/SWOT(スオット)分析/敵の意図マトリックス
6 未来予測を行なう 156
未来予測法の種類/デルファイ法/時系列回帰分析/タイムライン/シナリオ法/
4つの仮説/ロジック・ツリー/イベント・ツリー/兆候と警報の変化
7 仮説などの見直しを行なう 173
仮説などの見直し手法/重要な前提の見直し/代替分析/仮説の検証/
反対の主張/チームA/チームB/レッドチーム/競合仮説分析

第4章 情報活動  195

第1節 情報活動の区分 196
「積極的情報活動」と「消極的情報活動」/情報保全とカウンターインテリジェンス

第2節 諜報活動 199
諜報活動の指揮系統/身分偽装(カバー・ストーリー)/スパイの潜入手口/
内通者の獲得と運用

第3節 情報保全 203
情報保全の特性と区分/要員の保全/秘密文書等の保全/施設の保全/
情報保全の本質とは?

第4節 カウンターインテリジェンス 209
カウンターインテリジェンスの必要性/カウンターインテリジェンスの特性/
不適格者の排除/活動の無力化

第5節 秘密工作 213
秘密工作の特性/宣伝(プロパガンダ)/政治活動/経済活動/クーデター/
準軍事作戦/謀略とは何か?/秘密工作の留意点

第6節 スパイ(諜報員、工作員)の活用 220
スパイの区分/スパイの人物像/スパイによる積極工作/二重スパイとは

第7節 注目すべき歴史的事例 224
CIAによるキューバ工作/イスラエル・モサドの工作/旧日本軍の工作/
チャーチルの工作/日本に対するソ連の積極工作

第5章 情報機関  231

第1節 情報機関の研究 232
情報機関の研究意義/情報機関の理想的な在り方/研究上の考慮事項

第2節 日本の情報体制の歴史 234
国民性と情報活動の歴史/明治時代の情報体制/特務機関の設立と活動/戦時の情報体制/
日本軍のインテリジェンスの問題点/戦後の情報体制の整備

第3節 日本の情報機関と体制 240
英国型と米国型/内閣情報会議/合同情報会議/省庁間の縦割り体制/秘密保全規則/
秘密保全と情報公開/カウンターインテリジェンス機能の強化

第4節 米国の情報機関 247
OSSからCIAへ/情報コミュニティ(IC)/中央情報局(CIA)/
国防省系統/国防情報局(DIA)/国家安全保障局(NSA)/国家偵察局(NRO)/
国家地球空間情報局(NGA)/国務省系統/情報調査局(INR)/司法省系統/
連邦捜査局(FBI)/麻薬取締局/国土安全保障系統/沿岸警備隊/情報・コミュニティ
の管理・監督機関/国家安全保障会議(NSC)/情報コミュニティの諮問機関/
国家情報会議(NIC)

第5節 諸外国の情報機関 255
英国の情報機関/フランスの情報機関/ドイツの情報機関/イスラエルの情報機関/
ロシアの情報機関/中国の情報機関/北朝鮮の情報機関

第6節 日本が参考とすべき点 275
情報活動の独立性の保持/取りまとめ・調整機能の強化/政策サイドとの適切な関係の維持/
カウンターインテリジェンス機能の強化/長期分析の重視

付録1 インテリジェンスに関する格言 280
情報活動/情報収集/情報分析と処理/情報の配布/情報の保全とカウンターインテリジェンス
付録2 各情報手段の利点と欠点 283
付録3 情報源の信頼性評価における着意事項 284
付録4 情報の正確性評価(着意事項) 285

主な参考文献 286
おわりに 289

コラム
中国語の「情報」は日本からの外来語 12
オシントの重要性 44
イミントの落とし穴 48
ヒューミントかテキントか 50
江ノ島虚偽通報事件 65
フェルミ推定 67
コヴェントリー爆破事件 78
ヨムキプール戦争でのイスラエルの失策 84
よい情報官(情報分析官)の資質とは 90
情報分析官としてのゾルゲ 91
定点観測 93
バックファイヤー論争 100
中国報道を扱ううえでの注意 101
文化・風習を知ることの重要性 106
首脳会談における双方の思惑を分析 113
ヒューリスティック・アルゴリズム 114
習近平政権の現状維持シナリオ 164
敵対派勢力の首謀者は誰か? 193
日本軍における諜報活動の定義 200
情報は隠せば秘密が守れるのか? 206
ペルー事件は甘い施設保全が奏効した? 208
日本軍における防諜の定義 212
インターネットによる宣伝戦、心理戦 214
中国兵法書『李衛公問対』にみるスパイの区分 220
明石大佐と福島少佐 228
エシュロンの世界的活動 253
第三次中東戦争でのイスラエル情報機関の活躍 266

———————————————————

上田篤盛さん(元防衛省情報分析官)の新刊本(デビュー作)

『戦略的インテリジェンス入門』

このエントリーをはてなブックマークに追加
[`yahoo` not found]
[`yahoo_users` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`newsing` not found]
[`google_buzz` not found]
GREE にシェア
email this


【日本最大級】楽天トラベル


軍事情報へのお問い合わせはこちらまで


メルマガ「軍事情報」 登録(無料)はこちら↓でどうぞ

メルマガ購読・解除
 


米国軍隊、警察、特殊部隊、米国政府機関で正式に採用されている科学的護身術~コンバット・ファイティング


sponsored link

down

コメントする




CAPTCHA


その他

国史に対する視座の歪みを治す方法

英霊来世

メルマガ購読・解除

 



「日の丸父さん」(1~12話)

▼机上論ではない、安保政策の理想的な教科書▼

▼精緻な銃器豆知識▼

▼最高の孫子解説書▼

▼三十六計で読み解くシナの戦略▼

▼自衛隊によるオリンピック支援の実際

▼水面下の戦争に勝つ▼

▼キーワードは「換骨奪胎」と「地政学教本」

▼インテリジェンスの教科書

▼明治以降の通説を覆した日露戦争陸戦史▼

▼再終末期の帝国陸軍の苦悩がわかる名著▼

▼防衛産業のすべてがわかる傑作▼

▼近現代日本の軍事史がつかめる貴重な一冊▼

▼国史の新常識▼

▼大楠公のエキスを吸収できる本▼

メルマガ登録

アーカイブ

あわせて読みたい

あわせて読みたい

人気の検索キーワード

最近検索されたキーワード

sponsored link

メルマガ購読・解除
軍事情報
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ


「日の丸父さん」(1~12話)
高速バスの予約 icon
■黒の経典SCS■歴史上の支配者が使っている女をものにする卑劣な方法とは?・・