メールマガジン「軍事情報」のホームページ

創刊2000年10月のメールマガジン「軍事情報」です。

今は、せいぜい苦しめ

time 2009/10/30

鳩山首相のことです。
発足当時に「彼は盧武鉉ソックリ」と書きました(*)が、ここに来てますます
その感を深くしています。
底の浅い対米対等外交を振りかざし、米韓関係を滅茶苦茶に冷え込ませた愚を再
現していますね。
(*)http://okigunnji.com/2009/09/post-44.html
首相は訪米時の初首脳会談の途中で(故意に)マスコミを中に入れられて、実質
的な話し合いが何も出来なかったようです。↓

また、ゲイツ米国防長官は来日の際に、防衛省の栄誉礼も大臣招宴も断りました。
これって、外交プロトコール的には握手のために指し出した手を振り払われたの
と同じことですよね。
これらの話を知って私は驚きましたが、防衛省も外務省も(そして殆どのマスコ
ミも)ことの重大さに全く気付いていない様子です。
岡田外相はノー天気にも米国へ自説を説得に行くと申し込んで、先方から皆目相
手にされていないとか。
オバマ大統領は果たして来月に予定どおり来るでしょうか?
無事に来たとして、どのような成果が出せるのでしょうか?
そして、年末の予算編成と来年の通常国会辺りから、国民は「何か少し変だぞ」
と気付き始めるのではないでしょうか。
盧武鉉は就任一年後の不正選挙弾劾可決を総選挙勝利と憲法裁判所棄却判決で
乗り切りましたが、鳩山首相の来年はどうでしょうか。
私の予想では、参院選挙で衆参の逆ねじれが起きる可能性大と思われます。さす
れば鳩山は辞めることになるでしょうが、民主党責任の政策を多少は遂行して、
失政の標本を残してからにして欲しいものだ、と考えています。(在日参政権の
ような取り返しのつかないものでは困りますが・・・)
政権が一年以内では、かつての細川内閣時代と同じく、政権党としての責任を学
ばないままに、自民党政策の破壊だけで無責任野党に戻ってしまうから、それで
は日本の将来の為にならない、と私は考えます。
今は「民主党、精々苦しめ、苦しめ」とサディスティックに観察しています。
そのうちに国民も目覚めるでしょう。
以上、ヨーソロの管見でした。
(ヨーソロ)

このエントリーをはてなブックマークに追加
[`yahoo` not found]
[`yahoo_users` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`newsing` not found]
[`google_buzz` not found]
GREE にシェア
email this


【日本最大級】楽天トラベル


軍事情報へのお問い合わせはこちらまで


メルマガ「軍事情報」 登録(無料)はこちら↓でどうぞ

メルマガ購読・解除
 


米国軍隊、警察、特殊部隊、米国政府機関で正式に採用されている科学的護身術~コンバット・ファイティング


sponsored link

その他

英霊来世

メルマガ購読・解除

 



「日の丸父さん」(1~12話)

▼机上論ではない、安保政策の理想的な教科書▼

▼精緻な銃器豆知識▼

▼最高の孫子解説書▼

▼三十六計で読み解くシナの戦略▼

▼自衛隊によるオリンピック支援の実際

▼水面下の戦争に勝つ▼

▼キーワードは「換骨奪胎」と「地政学教本」

▼インテリジェンスの教科書

▼明治以降の通説を覆した日露戦争陸戦史▼

▼再終末期の帝国陸軍の苦悩がわかる名著▼

▼防衛産業のすべてがわかる傑作▼

▼近現代日本の軍事史がつかめる貴重な一冊▼

▼国史の新常識▼

▼大楠公のエキスを吸収できる本▼

メルマガ登録

アーカイブ

あわせて読みたい

あわせて読みたい

人気の検索キーワード

最近検索されたキーワード

sponsored link

メルマガ購読・解除
軍事情報
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ


「日の丸父さん」(1~12話)
高速バスの予約 icon
■黒の経典SCS■歴史上の支配者が使っている女をものにする卑劣な方法とは?・・